「私は…」だけでモテ女に変身!?彼の心を掴む魔法のテク♡

LOVE

アラサーにもなると癖がついてしまい、なかなか慣れで使ってしまいがちな「一人称」。
大人になるにつれて、空気を読んで落ち着く方がほとんどですが、使い方次第では好印象を与えることもできます!
上手に「一人称」を使いこなすことで、モテ女に昇格することも♡
今回は、そんな彼の心を掴む魔法のテクニックをご紹介します♪

モテる「一人称」テク①褒める時は「私は〜」から始める!

好意を持っている男性に褒めるときに、ただ単に「素敵だね!」「かっこいいね!」と伝えるのではなく、「私、その◯◯好きだな!」と一人称を入れるようにしましょう。

「私」というワードを加えるだけでも、さりげなく自分が好印象を持っていることをアピールできるので距離感が縮まります!

「私は好き」なんてストレートに言われると、相手もよりあなたのことを意識してしまいますね♪

モテる「一人称」テク②複数の人と話すときこそ、使える!「私は〜」のテクニック

グループで過ごしているときこそ、「私は〜」と付け加えるテクニックが使えます♡

みんなでワイワイしている中で、自分のことを印象付けることは大事です。逆に普通に話しているだけだとインパクトはなく、その他大勢の女性軍に埋もれてしまいます。

協調性はもちろん大切ですが、自分がどういう人間なのかアピールするためにも使えるテクニックです!

モテる「一人称」テク③ギャップを狙う!しっかりしている女性は「自分の名前」だってあり

自分の名前を普段から一人称にしている女性は、要注意!
プライベートと仕事で使い分けているかもしれませんが、なかなか癖は直しにくいですよね。

「アラサーにもなって、自分の名前を自分で呼んでいるのは痛々しい……」とせっかく心や所作が美しい人もマイナスなイメージを持たれてしまうので、もったいないです!
年齢を考えて、少しずつ「私」にシフトするように努力することをおすすめします。

しかし、特別なケースも存在します!
恋愛というシーンでは、ギャップは好印象になります。
普段しっかりしている彼女が酔ったときだけ、甘えるのは悪く思わない人も多いはず!
日常から言いまくっているわけではないので、1度甘えるくらいでは幼稚なようには見えません。

上手に隙を見せれば、愛される存在になれますよ♡

モテる「一人称」テク④モテ女は、メールだって気を抜けないんです

このテクはメールにも使えます♪
メールやLINE(ライン)の文面でも一人称を上手に使って、相手に自分の気持ちを上手に伝えましょう♡

また同じ「私」でも漢字に変換せず、ひらがなで「わたし」にすると、やわらかく聞こえるので親しみやすい印象になりますね。

ちなみに「うち」や「自分」などの一人称は主張が強めに聞こえるので、男性人気は低めのようです。

「一人称」を効果的に使うモテるテクニックをご紹介しました!
工夫次第で、大好きな彼に気持ちを上手に使えることができますね♪
気になってみたものがあれば、早速実践して試してみてください♡