雑誌連動

“最幸”の結婚、その先に。藤本美貴さんの結婚生活のリアルとは?

Cover image: ameblo.jp

♡4MEEE magazine Vol.2 p.76〜 「最幸の結婚式をするために必要な準備って何ですか?」

2009年にお笑い芸人の庄司智春(しょうじともはる)さんと結婚した藤本美貴(ふじもとみき)さん。
2人の子どもを育てながら、タレントとしても活躍を続けています。
仕事と家事を両立する生活の中、ずっと仲良しでいられるのは庄司智春さんの大きなやさしさがありました。
今回は、4MEEE magazine(フォーミーマガジン) Vol.2から、藤本美貴さんの結婚生活のリアルをご紹介します!

長年お互いの気持ちは少しも変わらないまま

「結婚してもう8年、その間に子どもが2人生まれ、私たち夫婦を取り巻く環境は変わった部分もありますがお互いの気持ちは新婚の頃と少しも変わっていません。
小さなケンカはいっぱいするけど、周囲に驚かれるくらいずっと仲良しです。一緒に住んでいるのに、毎日LINEや電話をするんですよ。
夫婦で長年連れ添うと、会話がなくなるっていう人もいますが、そんなこともなく、ずっと何か話していますね。」


環境に左右されずに付き合うことって、実はとても大変なこと。お互いの堅い意思や大きな愛情がないと関係を続けることはできません。
愛し合い、尊敬し合っているお二人だからこそ、気持ちが少しも変わらないまま結婚生活を楽しめているのでしょう♡

子育てに仕事に……忙しくても充実した毎日が心地いい

「子どもが生まれてからは、どんなに忙しくても寝る時間は一緒にいられるように時間を調整してもらっています。でもそれ以外の仕事へのスタンスは変えていません。
ママとして呼ばれることはとても多くなりましたが、それも仕事を自分で選んでいるわけではなくて、求められていることが自然と変わってきているんです。
家のなかでは走り回って、家事も仕事も全力で。この生活が私には合っていますね。」


仕事の顔、母の顔、妻の顔……女性は同時にいくつもの顔を持っています。
バランスが上手く取るのは大変なことですが、家族以外の時間でも幸福感を感じ続けることは、夫婦・家庭円満の秘訣にもなりそうです。

彼という存在だけで幸せを感じられる

「彼は子どもの前ではとってもよいパパで、私にとっては親友でもあり、ダンナであり、恋人でもある人。
ファッションの好みが似ていてショッピングにも付き合ってくれるので女友達みたいな感覚もあって。
愚痴を言えるし、一緒に楽しいところに出かけられるし、一緒に楽しいところにでかけられるし、一緒に話すことがストレス発散になるし……。
特別なことがなくても存在そのものが私の全てを補ってくれていると日々感じています。」


二人一緒にいるからひとつになれる、ないものをお互いに埋め合わせられるという関係、憧れます♡

“最幸”の結婚生活を続ける秘訣は「自分の気持ちを伝えること」

「伝え方や言葉は選ばないといけないけれど、いいところも嫌なところも我慢せずに相手に伝えること。
会う時間がないならメールや電話でも、コミュニケーションを取るようにしています。」


女性って、どうしても彼に自分の思いを察してほしいと思ってしまいますよね。彼に察してもらうのではなく、まず自分で気持ちを伝える。これが“最幸”の結婚の秘訣なのですね♡

4MEEE Magazine Vol.2 販売サイト

¥680

販売サイトをチェック
4MEEE magazine(フォーミーマガジン) Vol.2から、藤本美貴(ふじもとみき)さんの結婚生活のリアルをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
家族も仕事も大切にする姿勢が、今の幸せな結婚生活を作り上げているのでしょうね♪詳しい内容は4MEEE magazine Vol.2でチェックしてみて!

【関連記事】優しさに溢れてる♡ミキティの夫・庄司智春が理想の夫すぎる!

2009年にタレントのミキティこと、藤本美貴さんと結婚した芸人の庄司智春さん。2015年8月1日...

4MEEEmagazine(フォーミーマガジン) 藤本美貴(ふじもとみき) 結婚

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4MEEE_mag

4MEEE magazineの公式アカウントです。
4MEEE magazine Vol.2は好評発売中!
本誌と連動し…

>もっとみる