好きだけど、納得できない。「恋人の嫌いな部分」と向き合う方法

LOVE

片思いのときは、「好き」という気持ちだけで恋愛ができるのですが、お付き合いになるとなかなか上手くいかないことも増えてきますよね。
お互いに歩み寄る努力をしていても、何かしら価値観や性格などの不一致による問題は出てきます。
今回は「恋人の嫌いな部分」と向き合う方法をご紹介します!

恋人の嫌いな部分と向き合う方法:「自分も同じことをしていないか」を考える

自分のことを棚にあげて、人の欠点ばかりを気にしていませんか?

相手に不満を感じたときは、「自分だったら……」とイメージするようにしましょう。

例えば、デート中にスマホばかり見ている彼に注意をしているけれど、友達や家族と過ごしているときにあなたはスマホを触っていませんか?もし、心当たりがあるなら、全く説得力がありません。

「自分がされて嫌なことは、人にしない」というのは、幼稚園や小学生のころによく先生に注意されていたことです。でも、大人になるとわざわざ人から言われなくなりますよね。

何か彼が残念な行動をとったときは、一度自分の行動を振り返るようにしましょう。
指摘をされないとなかなか気付かない自分の欠点に向き合うチャンスですよ!

こうやってお互いが客観的に自分を見つめて悪い部分を直していけば、喧嘩も少なくなるはずです♡

恋人の嫌いな部分と向き合う方法:お互いに補い合う

人には得意不得意があります。
特に家事なんかは全部得意な人もまれにいますが、洗濯、掃除、料理など好き嫌いも分かれます。

そこで、2人の性格や得意分野を把握して「あなたは○○をお願いするね!その代わり、私は○○をするから!」と分担してみてはいかがでしょうか?

当番制にしてまんべんなく2人でこなすのもいいですが、得意な人が率先して行うことは効率的にもいいですし、ストレスも少ないですよね!

結婚をするというのは一緒に生活していくということですので、助け合うことはとても大事なことです。

将来を考えても、フォローし合うという考え方を持つことはおすすめですよ♪

恋人の嫌いな部分と向き合う方法:そもそも、あなたにピッタリな人なんていない。

彼の嫌いな部分が見えたからって、本当にすぐに別れてもいいんですか?

隣の芝は青く見えるかも知れませんが、「全く同じ考え」というカップルはなかなかいません。すべてシンクロする方がありえないのです。

嫌いな部分も含めて、彼を好きになる努力をしてみましょう。彼だって、あなたの欠点に気付いた上で付き合っているはずです!

ワガママばかり言っていると、付き合って別れてを繰り返して結局誰とも結婚できませんよ!「逃した魚は大きい」と後から思っても、手遅れになってしまうかも……。

最初から「自分にピッタリの人はいない」と、ハードルは低くしておきましょう♡

恋人の嫌いな部分と向き合う方法:一度ぶちまける

本当に我慢ができないことは、相手に伝えましょう!あなたが本気で困って、悩んでいることなら、彼も耳を傾けてくれるはずです。

長く付き合っていきたいと思うのなら尚更です。
これからもずっと我慢しているのはしんどいですし、どんどんストレスが溜まってパンクしちゃいますよ?

大事なのは伝え方です。
彼との関係を良くしようと思って話しても彼に響かなければ意味がないので、もったいないですよね。相手にとって効果的な言葉を選んだりすることも大切です。

きっと本心を語ってくれたあなたに、彼も心を開いて素直に話を聞いてくれるはず♪
真面目に向き合えば、案外「もっと早く言えばよかった」ってくらい、仲が深まりますよ♡

「恋人の嫌いな部分」と向き合う方法をご紹介しました!
全く同じ環境で育ってきて、性格も一緒というカップルはなかなかいないですよね?
自分の周りの仲良しのカップルも実はみんなこういった壁を上手く乗り越えているのです!
大好きな彼とこれからも付き合っていきたいなら、そういった部分も含め楽しく過ごせる包容力を身に付けましょう♪