【取材レポ】MICOAMERIディレクター・くみっきーを直撃!<前編>

カリスマモデル、くみっきーこと舟山久美子さんがディレクターを務めているブランド「MICOAMERI(ミコアメリ)」。
今季よりコンセプトやテイストを一新し、大人女子にぴったりのブランドに♪
20〜30代の女子が楽しめる”かわいい”が詰まったデザインの秘密や、最旬ファッションについて、くみっきーに直撃インタビューしてきました!

「お洋服で、なりたい自分になってもらいたい!」

9月11日(金)にオンラインショップがリニューアルする「MICOAMERI(ミコアメリ)」。
MICOAMERIの今季のお洋服は、以前よりも大人っぽいのが印象的です!

くみっきー「今までのMICOAMERIは”ラブレトロ”がコンセプトでしたが、今季のコンセプトは”プロセス・オブ・ザ・フェミニティ”。ガラリとコンセプトを一新しました。女性のライフスタイルをファッションで豊かにしていきたいんです!お洋服でなりたい自分になってもらいたいですね。」

グッと大人っぽいブランドへと進化したMICOAMERI。今季はモデルを吉川ひなのさんに起用されています。

くみっきー「吉川ひなのさんは、可愛らしさを残しつつも大人の女性としての魅力を持っていらっしゃって……まさにMICOAMERIのお手本のような方だと思い、今回モデルをお願いしたんです!」

今回、くみっきーがMICOAMERIのモデルとして出ないのは少し寂しい気もしますが、“ディレクターとして一歩引いた立場で在りたい”という想いからだそう♪

くみっきー流♡コーデを大人っぽく見せるコツ!

ここ数年で、グッと大人っぽくなったくみっきー。もともとのキュートさに、色っぽさも加わってますます素敵に♡コーディネートを格上げするコツを教えていただきました!

くみっきー「“素材感”を意識すると、同じアイテムでも一気に大人っぽくなります!例えば、スカートだったら、シフォンではなくハリのある素材のものに変えてみるだけでも、大人な印象になるのでおすすめですよ♪」

大人っぽいコーデを楽しみたいけれど、大人ブランドのお洋服はサイズが合わなくて、小柄な女子が着こなすのはなかなか難しいもの。くみっきーも自分自身を小柄な方だと言います。

くみっきー「私は身長が特別高いわけではないので、“ベーシックアイテムってスタイルのいいモデルさんだからかっこよく着こなせるんだろうな”って強く思うんです。だからこそMICOAMERIは、ちょっとしたリボンを付けてみたり、デコルテや肩が綺麗に見えるようデザインにしたり、スタイルがよくみえる丈感にするなど、身長が低い女性でもベーシックアイテムを楽しめるように意識しています。」

今日のコーデポイントは、絶妙なふんわり感のスカート♪

くみっきー「今日のコーデのポイントは、大人っぽい質感のミディ丈スカートです!MICOAMERI(ミコアメリ)で大人気のデニムオフショルトップスと合わせてみました♪実はこのスカート、中にチュールが入っていて絶妙なふんわり感なんです。子どもっぽくならずに着こなせますよ♡」

ダークカラーコーデでもどこか可愛らしい印象なのは、それぞれのアイテムに、くみっきーのこだわりが詰まっているから。
MICOAMERIでおなじみの、デニムオフショルトップスは、リニューアル後も登場♪シンプルだけれど、襟がフリルになっていてデコルテが綺麗に見えるデザイン。さすが、おしゃれ番長・くみっきーです!

ボリュームフレアスカート

¥7,560

販売サイトをチェック

くみっきーに聞いた♪4meee!読者へのいちおしアイテムは?

くみっきーに、いちおしアイテムを教えてもらいました♡

くみっきー「展示会で20代女子に1番人気だった、こちらのグレーブラウスがおすすめです♪肩の部分がシースルーになっているのがポイント。短すぎず長すぎない袖丈で、誰でも簡単に着こなせます。デイリーにも、ちょっとかしこまった予定にも活躍してくれますよ♡」

落ち着いたカラーで秋素材のグレーのブラウスは、袖の部分のレース、華奢なリボンなど細部までこだわられています。
きちんと感もあってセクシーさもある女子のツボを突いたトップスは、イベントの多い秋冬に大活躍してくれそう♪

ボリュームパフブラウス

¥7,560

販売サイトをチェック
くみっきーの熱い想いと、こだわりがぎゅっと詰まったブランド「MICOAMERI」。
前編では、MICOAMERIのリニューアル秘話を語っていただきましたが、後編ではより”ファッション”にクローズアップしていきます。
おすすめのアイテムや、トレンドについて、くみっきーが徹底解説してくれます!
♡後編はこちら♡

MICOAMERI 公式通販サイト

くみっきー MICOAMERI(ミコアメリ) 取材 レポート

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4MEEE

4MEEE編集部の公式アカウントです。

>もっとみる