社内恋愛……♡堪え切れないこの想いを上手く伝えたい!

LOVE

社内恋愛は失敗するととても気まずい、社内で噂になってしまう……。
そんなリスクがあるから気になる男性がいてもなかなか踏み出せないと悩んでいる女の子も多いと思います。
けど諦めないで!上手くいくコツをきちんと認識すれば、成就する可能性が一気に上がります。

社内恋愛の掟①タイミングがとても重要

恋愛には様々なタイミングが大きな意味をもっていることは言うまでもないですが、社内恋愛においてはそれがとても重要です。

なぜなら気になる男性と同じ空間にいるということは、相手がどんな状況なのかがお互い良く見えています。

そんな中で相手が仕事で上手くいっていない時やとても忙しい時に、自分の気持ち本意でデートなどに誘ってしまうと「えっこんな時に?空気読んでよ」という風になってしまいます。

社内恋愛の掟②焦りは禁物

社内恋愛で失敗してしまう多くの原因は急いで結論を出そうとしてしまうことです。

確かに気になる男性が他の女性社員と仲良くしていたり、言い寄られていたりしたら、自分もなんとかしなきゃと焦ってしまいますが、そこで地雷を踏んでしまうのです。

相手のことが良く見える分、焦ってしまうこともありますが冷静に長い目でベストなアプローチができるタイミングを見計らうことが重要です。

社内恋愛の掟③関係ができるまで動いてはダメ

合コンなどでは好意を見せるタイミングはその日の恐らく気になった瞬間からだと思いますが、社内恋愛では瞬発的なアプローチは命取りです。

ちょっとした些細な行動でも男性にその気がなければ同僚などに話をしてしまい噂になるリスクがあり、あなたの社内での評価を下げる要因となってしまいます。

あなたが相手との関係がまだ温まっていなくて、好意を見せるのが適切でない段階なら、一切動いてはいけません。

社内恋愛の掟④時間を掛けて、ゆっくりと焦らず

恋愛においては積極性というのは大事ですが、では社内恋愛でガンガンアプローチをすれば良いかといえばそれは得策ではありません。

社内恋愛とは相手と近い距離にいながら、日常的なコミュニケーションを積み重ねることで「信頼度を高め合う」恋愛です。

もどかしさも感じる時もあると思いますが、信頼度が高まればそう簡単に壊れることもありません。その関係値が構築できた時こそ、あなたが好意を示すタイミングなのです。

社内恋愛はリスクが大きくて余り乗り気じゃない……。
そんな考えの女の子も多いと思いますが、相手のことが良く見える分上手くいくと、なかなか壊れない強固な信頼関係を築けます。
固定概念や先入観を無くして、トライしてみるのも有りですよ♪