ちょっといつもと違う?色気のある「チーク」の入れ方って?

BEAUTY

血色感を出すために欠かせないチークは、入れ方次第で雰囲気をガラリと変えることができます。
基本的に「可愛い」が強くなってしまうチークも、入れ方を変えれば色気のあるセクシーな印象に♡
そこで今回は、いつもと違う自分を見せたいときにおすすめの色気の出るチークの入れ方をご紹介します。

色気が出るチークの入れ方①クリームチークをチョイスする

クリームチーク出典:www.shutterstock.com

色気のあるチークの入れ方をマスターするなら、まずはチークの選び方から注目してみましょう。

色気のあるチークとは、肌の内側からにじみ出るような血色感を感じさせることです。
そのために必要なのが、クリームチーク!

少量で伸びが良く、輪郭をぼかしやすいのでナチュラルな血色感で色気を出すことが期待できます。
濃淡もコントロールしやすいですし、今っぽい色気チークをマスターするなら一つ持っておくと便利ですよ。

色気が出るチークの入れ方②小鼻の横から水平に入れる

笑顔の女性出典:www.shutterstock.com

クリームチークを用意したら、早速トライ♡
小鼻の横から水平に塗っていくのが色気の出るチークの入れ方です。

クリームチークならぼかしやすいので、広範囲に入れてしまってもナチュラルに仕上がるのが魅力!

ただし、濃くなってしまうと可愛らしい印象が強くなったり、濃いメイクになったりしてしまうので気をつけましょう。
手の甲でクリームチークの量を調節してから、水平に入れてみてください。

色気が出るチークの入れ方③指の腹で優しく広げる

笑顔の女性出典:www.shutterstock.com

クリームチークを上手に入れることができないという方は、指の腹を使って最初にポンポンポンと3点置きをしてみましょう。
そこから伸び広げるようになじませていけば、上手にぼかすことができます。

このとき、小鼻より下に置いたり広げたりしてしまうと、笑ったときにほうれい線に影がかかり老けた印象になってしまうので要注意!
また、中心を少し濃いめに、外側に向かうほど薄くなるように意識するとよりナチュラルです。

色気が出るチークの入れ方④ポイントチークを重ねる

チークを入れる女性出典:www.shutterstock.com

色気のあるチークの入れ方は、クリームチークだけでも完成させることができますが、今っぽい色気チークは仕上げにもうひと手間加えるのが鉄板!
パウダータイプのチークをワンポイントに入れてみましょう。

入れる位置は、目頭側に丸くのせるだけ。
ポイントチークは、あえてエッジの効いた色を持ってくると印象的で◎

小さめのブラシを使ってピンポイントでチークを入れるように意識してみてください。

 

色気が出るチークの入れ方をご紹介させていただきました。
二つのチーク、二つの色を上手に使うことで頬の位置が高く見えるので、色気だけでなくリフトアップや若々しく見える効果も期待することができます。
ここ最近はチーク控えめのメイクが定番でしたが、チークにもひと手間加えて今っぽい色気のある印象を作ってみてはいかがでしょうか!