職場での贈り方は大丈夫?相手に気を遣わせないバレンタインマナー♡

SWEETS

バレンタインといえば、女性から男性へ気持ちを伝えるイベントとして広まっていますが、ここ最近はお世話になっている人へ贈るのも普通になっていますよね。
義理チョコと呼ばれ、職場の人たちに渡す予定の方も多いかと思いますが、そのときのマナーはできていますか?
今回は、バレンタインチョコの贈り方に関するマナーをご紹介します。

バレンタインチョコの贈り方マナー①チョコ格差を生まない

バレンタインのチョコレート出典:www.shutterstock.com

バレンタインチョコの贈り方マナーとしてまず挙げられるのが、渡すチョコに格差を生まないということ。
いろいろな人に渡す場合、全員に対しての平等さを忘れないことが大切です!

ですので、職位や好き嫌いなどによってデザイン、価格、メッセージの有無などをバラバラにしないようにしましょう。
同じブランドのチョコで統一するといいですよ。

本命の相手にのみ、特別感のあるチョコを用意するのが◎

バレンタインチョコの贈り方マナー②お手頃な値段を意識する

バレンタインチョコ出典:www.shutterstock.com

相手に気を遣わせないバレンタインチョコの贈り方を心がけるなら、お手頃な値段を意識するのもマナーです。
高すぎるチョコなどは、相手にとって重く感じてしまい、お返しも慎重に考えなければならないと負担になってしまいます。

「いつもお世話になっています」くらいの軽い気持ちで渡した方が、相手も受け取りやすいでしょう。

お手頃な価格でも、Mary's(メリー)やGODIVA(ゴディバ)など有名なチョコレートブランドで選べば失敗しにくいです。

バレンタインチョコの贈り方マナー③オープンな渡し方をする

パソコンとチョコレート出典:www.shutterstock.com

職場の人たちにバレンタインチョコを贈る場合、オープンな渡し方をするのが基本的な贈り方のマナーです。
ただし、業務をストップさせるような渡し方はNG。

休憩などに入ったタイミングで、「どうぞ!」と渡した方が業務に支障をきたすことなく、「全員に渡していますよ」ということがアピールできます。
こっそり渡すと、後で面倒なことになることもあるので、フレンドリーな感じでみんなに贈るといいですよ。

バレンタインチョコの贈り方マナー④既婚者への配慮を忘れない

顔を近づける男女出典:www.shutterstock.com

職場でバレンタインチョコを渡す場合に気を付けたい贈り方マナーが、既婚者への配慮を忘れないことです。
甘いものが食べられるかなど、事前にリサーチすることも大切ですが、相手に彼女や奥さんはいないかどうかチェックしておくのも大切ですよね。

貰った側の奥さんなどが嫌な気持ちになってしまう可能性もありますから、基本的に渡さないのがベター。
そうもいかないときは、「奥様と一緒に食べてください」など、気遣いある言葉を一言添えるといいでしょう。

バレンタインチョコの贈り方マナー⑤お返しは期待しない

チョコレートを持つ女性出典:www.shutterstock.com

お返しを期待しないこともバレンタインチョコの贈り方マナーの一つです。
たとえば、チョコを渡したときに「ホワイトデー期待してます」など、余計な一言はつけないこと。

冗談で言ったつもりでも相手に伝わっていないこともありますし、相手に気を遣わせてしまうので気を付けましょう。

 

バレンタインチョコの贈り方マナーについてご紹介させていただきました。
本命チョコや義理チョコ、逆チョコなど、バレンタインデーの多様化が進んでいますが、きちんとマナーは心得ておきたいですよね。
素敵なバレンタインになるよう、ぜひ気を付けてみてください。