うっかりやってるかも!?実は「NG」なマスカラの塗り方4選

BEAUTY

「マスカラ」は、目元の印象をアップさせるのに重要なコスメアイテム。
でも意外と、正しい使い方ができていない方が少なくありません。
そこで今回は「実はNGなマスカラの塗り方・使い方」をご紹介します。
ぜひ、参考にしてくださいね!

実はNGなマスカラの塗り方①マスカラ液がつきすぎている

マスカラ出典:www.shutterstock.com

マスカラのブラシ部分にマスカラ液がつきすぎていると、ダマになりやすいので注意!
べったりとブラシに液が付着したままで塗ってしまうのはNGです。

もしブラシ部分に液がつきすぎてしまったら、ティッシュで軽くオフしてから塗るようにしてください。

余分な液をオフしたら、まつ毛をとかすような塗り方をするときれいに仕上がりますよ♪

実はNGなマスカラの塗り方②根元から塗っていない

マスカラ出典:www.shutterstock.com

マスカラは、根本からしっかり塗ることが大事です!

根元から塗らないとムラになっているかのように見えてしまうので、まつ毛の先だけにマスカラをつけるのはNG。
まつ毛を根元からしっかりと持ち上げるような塗り方をしてください。

ちなみに、根元部分にたっぷりめにマスカラを塗ってあげると、より目が大きく見えますよ♡

実はNGなマスカラの塗り方③マスカラの後にビューラーを使う

ビューラー出典:www.shutterstock.com

まつ毛を上げるために使用するビューラー、いつ使っていますか?

マスカラを塗った後にビューラーを使用するのは、基本的にNGです。
ビューラーはマスカラを塗る前に使って、根本からまつ毛をカールさせておきましょう。

マスカラ後にビューラーをしてしまうと、まつ毛同士がくっついてしまったり、せっかく正しい塗り方をしても汚い仕上がりになってしまいます。

もしマスカラを塗るとまつ毛が下がってしまうなら、コーム型のホットビューラーを使用してみてください。
ホットビューラーで優しくまつ毛を梳かしてあげると、マスカラのダマも取れてきれいな仕上がりになりますよ♪

実はNGなマスカラの塗り方④古くなったマスカラを使う

マスカラ出典:www.shutterstock.com

最後のNGポイントは、古くなったマスカラを使うことです。

マスカラは開封後時間が経つと、液が固まってきます。
なので、古くなればなるほどダマになりやすくなるんです。

固まりかけたマスカラを使ってしまうと、塗り方に気を付けてもきれいな仕上がりになりにくいです。

さらに古いコスメを使い続けるのは、お肌にとっても良くありません。
マスカラは3か月~半年を目安に新しいものに交換しましょう。

NGなマスカラの塗り方をご紹介しました。
マスカラを正しく活用して、美しくセパレートした印象的なまつ毛を作りましょう♪