【気温18度】レディースコーデ17選♪春・秋におすすめの服装はコレ

FASHION

日中は過ごしやすくも、朝晩は冷えむ気温18度の日。
春や秋に多い気温で、季節の変わり目とも言える時期になります。
そのため、どんな服装にしたらいいのか分からないという女性も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、気温18度の日におすすめのレディースコーデをご紹介します。

春の最高気温18度におすすめのコーデ

トレンチコートコーデ出典:wear.jp

ポカポカとした日差しが暖かい、最高気温18度の春の日の日中は、快適に過ごしやすいですが、朝晩になるとぐっと冷え込みます。
そのため、薄手のアウターやレイヤードコーデを取り入れた服装にするのがおすすめ!

春らしい明るめカラーでシーズンムードを盛り上げましょう。

ツイルジャケットが着心地バツグン

ツイルジャケットコーデ出典:wear.jp

最高気温18度の春の日は、ロゴTシャツにデニムパンツを合わせたシンプルな服装が人気です。

ただこれがけだとやはり寒いので、トレンドライクなビッグシルエットのツイルジャケットをオン!
スタイル良く見せるために、すっきりしたデニムパンツを合わせてくださいね。

スニーカーを合わせればアクティブに動きたいシーンにもぴったりです。

肌寒い日もスウェットパーカー1枚でちょうどいい

ビッグシルエットスゥエットパーカーコーデ出典:wear.jp

最高気温18度の春の日は朝晩の寒さが気になるものの、日中であればスウェットパーカー1枚で楽に過ごせます。
白いロンTをレイヤードすることでちょっとした寒さ対策になるだけでなく、おしゃれ見えも叶いますよ。

黒のリブフレアパンツですっきりまとめ、スニーカーを合わせれば雨の日も安心の春コーデに仕上がります。

透かしニットのスカートがセクシーに

クロシェ編みロングスカートコーデ出典:wear.jp

ニットのロングスカートも、最高気温18度の春の日にぴったりなアイテム!
透かしニットで春らしい軽やかさを意識し、Tシャツ×マウンテンパーカーでシンプルにまとめるのがおすすめです。

軽いのに暖かいマウンテンパーカーは、デイリー使いしやすいアイテムなので、ちょっとしたお買い物時に羽織るのもGOOD。

ワントーンコーデは白が春っぽい

オーバーサイズトレンチコートコーデ出典:wear.jp

最高気温18度の春の日の服装に悩んでいるなら、シーズンムードが盛り上がる白のワントーンコーデにトライ!
真っ白なボリュームポプリンシャツに、アイボリーのサテンパンツ、オーバーサイズトレンチコートというように、少し白の色味を変えるだけで、着こなしやすくなったり、ぐっとおしゃれに仕上がったりしますよ。

きちんと感もあるので、通勤やオフィスカジュアルコーデにいかがでしょうか?

ボートネックプルオーバーは赤をチョイス

ボーダーTコーデ出典:wear.jp

朝から晩まで出かける予定があるなら、ケーブルニットカーディガンをプラスした暖かい服装が◎
厚めのケーブルニットカーディガンは冬のイメージが強くなってしまいそうですが、ベースをボートネックプルオーバー×デニムパンツというように春らしいものにすれば大丈夫です。

キレイめバッグ×バレエシューズでデートにもOKな大人カジュアルコーデに仕上げましょう。

春の最低気温18度におすすめのコーデ

シースルーブラウスコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の春の日は、最高気温が20度後半になることもあり、徐々に夏に向かっていく風を感じることができます。

そのため、アウターを用意すると暑く感じてしまうこともあるので、長袖のブラウスやカットソーなどを一枚で着るのがGOOD。
もしくは、シアーなシャツを羽織って軽やかな服装に仕上げるのがおすすめです。

ドルマンスリーブで女性らしさを

ドルマンスリーブブラウスコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の春の日は、ドルマンスリーブブラウス1枚で爽やかなコーデへ。
テーパードパンツ×バレエシューズでキレイめにまとめれば、きちんと感があるので通勤やオフィスコーデとしても活躍してくれるでしょう。

白いブラウスはどんな色にもマッチしてくれるので、トレンドを意識するならくすみカラーのパンツをセレクトしてみてくださいね。

鮮やかなブルーのプリーツスカートがコーデの主役

プリーツスカートコーデ出典:wear.jp

ボートネックプルオーバーも、最低気温18度の春の日の服装で活躍してくれるアイテムです。
暑くもなく寒くもない季節にぴったりで、ゆったりしたシルエットが休日コーデらしいラフさを演出してくれます。

鮮やかなブルーのプリーツフレアスカートで女性らしさを取り入れつつ、スニーカーでカジュアルダウンするのがイマドキの着こなし方ですよ♡

プリントTはビッグシルエットが可愛い

プリントTシャツコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の春の日は、長袖1枚で過ごせるからこそ、デザイン性のあるプリントTシャツを主役にしてみてはいかがでしょうか。
そこに春定番のフラワープリーツスカートを合わせれば、カジュアルガーリーなテイストになり、可愛さとシンプルさの両立ができますよ。

友達や恋人とお出かけをするなら、歩きやすさを重視して白のスニーカーを合わせることをおすすめします。

天気がいい日はオーバーシャツを羽織に

シアバルーンスリーブビッグシャツコーデ出典:wear.jp

天気がよく、暖かい春の日はデザインタンクトップ×ハイウエストデニムパンツで、シンプルな服装を楽しむのがおすすめです!

そこに合わせるのは、トレンド感あふれるシースルーのオーバーシャツ♡
程よい透け感が魅力的でラフに羽織るだけで、余裕やこなれ感のある大人の休日スタイルに仕上がりますよ。

秋の最高気温18度におすすめのコーデ

ケーブルニットコーデ出典:wear.jp

最高気温18度の春の日と同じように最高気温18度の秋の日は、朝晩冷え込みやすいです。
暖かいニットやジャケットを活用して、温もりのある秋らしい服装にシフトしましょう♡

色合いも秋らしいブラウンやベージュなどを上手に取り入れてくださいね。

チノパンツはハイウエストを選んで脚長効果

チノパンコーデ出典:wear.jp

最高気温18度の秋の日は、定番のデニムジャケットが一枚あると便利ですよ。
王道のカジュアルコーデである半袖Tシャツ×チノパンツにデニムジャケットを羽織れば秋らしくなるだけでなく、寒い雨の日も安心。

トップスはチノパンツにインして服装にメリハリをつけましょう。
ハイウエストのチノパンツで腰の高さを強調すれば、スタイルアップ効果も狙えますよ。

シャツワンピースで落ち着いた印象に

シャツワンピースコーデ出典:wear.jp

何か羽織りがほしくなる最高気温18度の秋の日は、ざっくりカーディガンが大活躍。
スタンドカラーシャツワンピースに、ざっくりカーディガンをさっと羽織れば、お出かけコーデの完成です。

1枚でもおしゃれに決まるシャツワンピースですが、寒い日はレイヤードを楽しんで周りと差をつけていきましょう!
スキニーデニムパンツを履いて、さり気なくカジュアルダウンするのもこなれ感があって素敵です。

テーラードジャケットで寒暖差もカバー

テーラードジャケットコーデ出典:wear.jp

テーラードジャケットも、最高気温18度の秋の日の寒暖差をカバーしてくれるアイテム!
リブニット×スラックスパンツでシンプルにまとめて、時間帯や気温に合わせてジャケットを羽織りましょう。

足元を秋定番のローファーで決めれば、メンズライクなハンサムコーデに早変わりです。

ケーブルニットが大活躍

ケーブルニットカーディガンコーデ出典:wear.jp

秋定番のケーブルニットカーディガンは、大きめサイズがトレンド♡
タイトなTシャツとレオパードロングスカートを合わせて、レディな休日スタイルに仕上げてみてください。

おしゃれなだけでなく、最高気温18度の秋の日でも暖かく快適に過ごせる服装なので、ショッピングやデートにぴったりです。

秋の最低気温18度におすすめのコーデ

スウェットコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の秋の日は、最低気温18度の春の日と同じように長袖のトップス一枚で過ごすことができるでしょう。
秋らしい落ち着いた色にシフトするだけで、シーズンムードが盛り上がるおしゃれなコーデを楽しむことができますよ。

あとは晴れているのか、雨が降っているのか、その日の天気にも注目して服装を考えてくださいね。

ネックプリーツブラウスで優しい印象の女性に

ネックプリーツブラウスコーデ出典:wear.jp

秋らしいおしゃれな服装に仕上げたいなら、ブラウンとベージュの2カラーでコーデをまとめると◎

長袖1枚で過ごせる最低気温18度の秋の日は、ベージュのブラウスにブラウンのストレートパンツを合わせて、洗練されたキレイめカジュアルコーデへ。
パンプスにすればオフィスカジュアルに、スニーカーにすればデイリーコーデに仕上がります。

ボートネックでデコルテを綺麗に魅せる

ボートネックプルオーバーコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の秋の日は、ブラウンのブーツを取り入れたコーデにするのもいいですよね。
ボートネックニット×ロングスカートに合わせたブーツが、秋らしさを増してくれているようです。

バッグもブラウンでまとめるなど、周りと差のつくようなワンランク上の服装に仕上げてみて!
大人の女子旅にもぴったりなレディースコーデです。

Vネックシャツでキレイめコーデ

Vネックシャツコーデ出典:wear.jp

最低気温18度の秋の日は、Vネックシャツでキレイめコーデへ。
カーブジャージーパンツにインしてパンプスでまとめればオフィススタイルにも最適です。

秋カラーを意識したり、首元にスカーフを巻いたりすれば、とてもおしゃれな服装に決まりますよ。

カジュアルに決めたい日はBOYSデニムを選んで

BOYSデニムコーデ出典:wear.jp

カジュアルな秋の服装を楽しみたいなら、モックネックTにBOYSデニムとスニーカーを合わせてみて。
最低気温18度の秋の日にぴったりな王道のカジュアルコーデに仕上がりますよ。

シンプルな組み合わせなので、スニーカーで差し色をプラスすると◎
アクティブに動きたい日はもちろん、雨の日でも過ごしやすいでしょう。

まとめ

気温18度の日におすすめの服装をご紹介しました。
最高気温と最低気温では同じ18度でも意味が変わってくるので、そこをしっかりチェックしてコーデを組むのがポイントです。
あとは季節感のある色やアイテムを取り入れたり、晴れなのか雨なのか天気を意識したり、細かいところまで気を使っておしゃれを楽しんでいきましょう。