「朝マスク」と「夜マスク」の違いとは?目的に合わせて使い分けるべし

BEAUTY

短時間で保湿することができるフェイスマスクは、女性にとって定番のアイテムですよね。
ただ、そのフェイスマスクにも朝用と夜用があり、その違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、朝マスクと夜マスクの違いについてご紹介します。

朝マスクと夜マスクの違いとは▶朝マスクの特徴

フェイスパックをする女性出典:www.shutterstock.com

最近人気なのが、朝マスクです。
フェイスマスクといえば、夜にじっくり取り入れるイメージが強いですが、忙しい朝にパパッと使う女性が急増しています。

朝マスクの特徴は、スキンケアの時短になることと、毎日できることが挙げられます。

洗顔後はもちろん、朝マスクの中には洗顔の役割を果たしてくれるものもあるので、かなりスキンケアを短縮することができるんです。
それだけでなく、メイクのノリも良くなるので一石二鳥ですね♪
朝マスクはすっきりするものも多いので、シャキッとしますよ。

朝マスクと夜マスクの違いとは▶夜マスクの特徴

フェイスパックをする女性出典:www.shutterstock.com

夜マスクは夜のスキンケアアイテムで定番ですよね。
毎日使えるものもあれば、週に1~2回のスペシャルケアとして使うものがあります。

夜マスクの特徴は、肌に嬉しい美容成分がぎゅっと染み込んでいること♡
朝マスクよりも保湿力の高いものが多いです。

基本的にお風呂あがり後に使うかと思いますので、体が温まり、毛穴が開いた状態の肌に栄養を浸透させることができます。
肌のゴールデンタイムに栄養分を送ることができるのは大きなメリットではないでしょうか。

朝マスクと夜マスクの違い①目的が違う

フェイスパックをする女性出典:www.shutterstock.com

朝マスクはメイクをするための土台を整えるもの。
夜マスクは一日頑張った肌を労わるためのもの。

このように、同じマスクでも朝か夜かで違いがあります。
朝マスクと夜マスクには、目的に明確な違いがありますので、きちんと使い分けることが大切です。

朝マスクと夜マスクの違い②効果が異なる

フェイスマスクを使う女性出典:www.shutterstock.com

朝マスクと夜マスクの違いには効果も関係しています。
同じ成分を含んでいるように見えますが、朝マスクには洗顔効果はもちろん、下地効果のあるものもあるんです。

下地効果のある朝マスクを夜に取り入れてしまったら、せっかくクレンジングでメイクを落としたのに意味がなくなってしまいますよね。
むしろメイクをした状態で寝てしまうようなものなので、お肌には良くないです。

朝用、夜用と書いてなくても、下地効果やUVカット効果のあるフェイスマスクは朝に使った方がいいかもしれません。

朝マスクと夜マスクの違いについてご紹介しました。
朝マスクは朝に、夜マスクは夜に使うことで、その効果を発揮できるようです。
夜マスクであれば、朝に使っても問題ないでしょうが、その際は保湿成分をしっかり浸透させてからメイクに取り掛かったほうがメイク崩れを防ぐことが期待できますよ!