オルビス株式会社の山本ゆりみさん

初代PRスペシャリスト/ORBIS・山本ゆりみさん【肩書きは会社員!働く女性インタビュー】

LIFESTYLE

vol1.オルビス株式会社 山本ゆりみさん
女性が活躍するリーディングカンパニーに潜入!キャリアと向き合いながら、プライベートでも「好き」や「自分らしさ」を追求する4MEEE世代の社員さんにインタビューし、一会社員である女性の等身大の姿をお届けする企画です。

4MEEE
4MEEE
2021.12.08

化粧品PRのスペシャリスト

山本ゆりみ

連載第1回目に登場いただくのは、山本ゆりみ(やまもとゆりみ)さん31歳。

新卒で大手化粧品メーカーに入社し、店舗営業、PRを担当。その後、2019年にオルビス社に中途入社し、現在はPRスペシャリストとして活躍。

スペシャリストとは昨年オルビス社にできた新しい役職の1つで、山本さんは記念すべき初代・PRスペシャリストに任命されたそう!専門性を活かしてPRグループの中にある複数のチームを横断的に見ることが、スペシャリストのお仕事だとか。

Q.具体的にどんなことをしているの?

山本ゆりみ

「雑誌、WEB、SNSなどに掲載される商品情報の全体監修をしています。また、東京・表参道にある体験特化型施設・SKINCARE LOUNGE BY ORBIS(スキンケアラウンジバイオルビス)のPR担当をしています。

PRグループは、WEB/SNSチーム、雑誌チーム、メディア運用チームの3部構成。私は、各チームとのリレーションシップを大切にしながら、PRの知見を持ってアドバイスを行います。メンバーの育成をしたり、 PR活動を最大化できるような戦略を立てることが役割です。

SKINCARE LOUNGE BY ORBISのPRは今年の頭から担当しています。ブランドを体験できる施設のPRは、私としてもオルビスとしても初めての試みですが、貴重な経験ができる機会だと前向きに捉えています」。

Q.オルビスで働く理由は?

山本ゆりみ

「父がマスコミ関係の仕事をしていたこともあって、人に伝えるという仕事に小さい時から興味がありました。また、長く仕事をするなら好きなことに携わりたいという思いがあって、元々美容が好きだったので、化粧品メーカーのPRがいいなと。大学生時代、ファッションショーやヘアメイクショーの企画・出演をする学生団体に所属していて、美容が人の心を動かすことを間近で感じて。人の心を前向きにする美容を、より多くの人に伝える仕事がしたかったんです。

前職の大手化粧品メーカーでは、関わるブランドの数が多く規模も大きかったので、いろんな経験をさせていただきすごく勉強になりました。ですが、同じ会社に居続けるよりも、別の環境に身をおいて新たなPR手法に出会うことが、キャリア・スキルアップに繋がると思い転職。

オルビスに来たのは、組織全体で1つのブランドのことを考えているところに魅力を感じたからです!また、少数精鋭で社員同士の距離が近く、自分がやることがダイレクトに売上やブランドのイメージに表れるので、とてもやりがいがあります」。

Q.QOL向上活動を教えて!

山本ゆりみ

「手作りのものや、自然に触れること。

現在は一人暮らしでリモートワーク多め。お料理が気持ちの切り替えスイッチになっています。20歳頃から5年間お料理教室に通っていて、鶏の唐揚げが得意です!

お料理だけではなくて、お皿やコップもほとんど手作り。財布、ポーチ、ランプなどもワークショップでつくった自作のもの。私、なんでも手作りが好きなんですよね。

あと、国内旅行が好きで47都道府県周りました。北海道出身で、就職で上京しているのですが、日本の真ん中・東京はどこへでも行きやすくて。旅行しやすくなってから『自分の知らない世界を見るのはこんなに楽しいんだ』と気がついて、地元の友人と2人で日本地図を塗りつぶしていく感覚で旅をしました。1回の旅行で3県ほど回り、3〜4年で全国制覇!何もないといわれている土地でも絶対に魅力があって、そこに目を向けているかどうかで違ってくるんですよね。これはオルビスの思想に似ていて、人やものが本来持っている魅力を引き出すということを大事にしています」。

Q.目標や夢はある?

山本ゆりみ

「仕事面は、今が転換期だなと感じています。ユーザーのPR・広告に対する意識も変わってきていますし、メディアの状況も以前とは違うので、これまでの経験や知見にとらわれず、新しい情報を吸収したいなと思っています。化粧品のPRという軸は変えずに、新しいことにどんどん挑戦して、常に自分の成長を感じられる状態をキープしていたいです。最近だと、海外のPRに関心があって英語を習い始めました!

プライベートでは、いつか陶芸家になりたい(笑)。自分の好きなものをそのまま形にできるって素敵じゃないですか。仕事でもプライベートでも新しい挑戦をたくさんして、最終的には自伝を出すのが夢です(笑)」。

競争も変化も激しい化粧品PRの世界で自分を極めていくのは、決して簡単なことではないはず。そんな中活躍し続けられるのは、新しいことにチャレンジすることや、自分の成長に幸せを感じられる山本さんの姿勢あってこそ。こんなにもパワフルで努力家な彼女なら、いつか本当に陶芸家になる夢(?)も叶えてしまいそうです♡

------------------
Special Thanks:Yurimi Yamamoto(ORBIS)
Photographer : Chiai
Interview:4MEEE
------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。