ANAの小畑菜央さん

「空を見上げて働きたかった」ANA・小畑菜央さん【肩書きは会社員!働く女性インタビュー】

LIFESTYLE

vol3.全日本空輸株式会社 小畑菜央さん
女性が活躍するリーディングカンパニーに潜入!キャリアと向き合いながら、プライベートでも「好き」や「自分らしさ」を追求する4MEEE世代の社員さんにインタビューし、一会社員である女性の等身大の姿をお届けする企画です。

4MEEE
4MEEE
2021.12.22

ANA航空機の電装整備士

小畑菜央

連載第3回目に登場いただくのは、小畑菜央(こばたなお)さん26歳。

幼少期に建築家に憧れて、大学では高層建築を研究。けれど、もともと宇宙や空が好きだったことや、運動が好きだったことから「空を見上げながら、体を動かして働きたい」と考え、就職は全日本空輸株式会社の技術職に。

「入社当初は、飛行機がどうやって飛んでいるのかすら知らなかった」とポツリ。そこから猛勉強を重ねて、電装整備士になったそうです。

Q.具体的にどんなことをしているの?

小畑菜央

「機体の電気に関係する部分を、点検、整備、修理するのが仕事です。お客さまから見えるところで言うと、各座席に備わっているモニターやライトが壊れていないかチェックしたり、直したり。

大学までは電気とも飛行機とも関わりがなくて、建築学科でデザインや建物の構造の勉強をしていました。同僚を見渡すと、根っからの飛行機マニアと言う方も多いのですが、私は正直なところそれほど飛行機に興味はなかったです(笑)。ただ、空を見上げて働きたくて。

採用段階では資格や経験は不要でしたが、入社後は一から飛行機や工具について勉強しました。専門学校卒の同期は知識が豊富で、いつも圧倒されていたことを覚えています。入社4年目になった今も、さらに資格を増やすため日々勉強中。

最近、機内の改修作業を行って、改めて仕事の楽しさを感じていたところでなんです。座席など機内のものを全て剥がして、骨組みがむき出しになった機体を3ヶ月ほどかけてつくり直すのですが、新たなシートに生まれ変わった飛行機が実際に空を飛んでいるところ見たとき、凄く達成感とやりがいを感じました」。

Q.ANAで働く理由は?

小畑菜央

「女性整備士は年々増えているように感じますが、私の部署は150人中10人ほどで、まだまだ少数派。少し心細く思うこともたまにはあります。

ですが、グループ全体でみるとすごく規模の大きい会社で、CAさん、パイロットさん、システムエンジニアさん……などなど、研修で色んな職種の方と交流する機会が定期的にあって、それがすごく楽しいんです。(コロナ禍で、最近は交流の機会が少なかったのですが)。

みんな業務内容はまったく違うのに、全員が「お客様のため」という1つの目標に向かって考えて行動しているのが素敵なところだなあと思います」。

Q.QOL向上活動を教えて!

小畑菜央

「一人暮らしの部屋を、自分らしい空間に整えること。

家具や小物は多くないけれど、家中好きなモノだけで揃っています。こだわりはプロジェクター!狭い部屋なので、普通に使うと投影距離が足りなくすごく小さい映像になってしまうのですが、鏡の反射を利用して画面を大きくしています。一見不可能に思えることも、技術や構造を調べて挑戦してみたいタイプなんです。お気に入りすぎて、映画やドラマだけではなく、ニュース、バラエティもプロジェクターで見ています(笑)。

あとは旅行も好き。

今年行った中だと八丈島が特に素敵でした。飛行機で1時間弱で行けるので、休日に思いつきで一人旅。思い立ったときに自分のタイミングで行動したいから一人旅が多いんです。地元の人にオススメを聞いて自転車で島を回り、美味しいものを食べました。最近の話ではないのですが、ドバイ旅行も印象に残っています。海外に行くときは、その国で一番高い場所を訪れるのがマイルールなのですが、世界一の高層建築ブルジュ・ハリファはすごい迫力で。東京もビルが多いけど、ドバイは比じゃないくらい多く、なのにちょっと歩くと砂漠地帯なんです。日本人から見たら異世界だと思います」。

Q.目標や夢はある?

小畑菜央

「整備資格を増やして、仕事の幅を広げることです。

ちょうど昨日も、社内の資格試験が終わったところ。保有資格によって作業範囲が広がるので、勉強を頑張っています。仕事の幅が広がると自ずと責任も大きくなるので、もっともっと整備の仕事と向き合いたいです。あとは、せっかく色んな職種の方と出会える会社だから、これからも社内交流の場を大切にしたいです。そして将来的には、たくさんの人にANAを知ってもらえる活動ができたらいいなと思っています。

プライベートでは、2年前から作成している「やりたいことリスト」をクリアしていくことが目標。

例えばバンジージャンプがしたいとか、若いうちにやっておきたいアクティブな体験をメインに書いています。可愛くなりたいなど抽象的な願望も書いているので、いつ達成できるかはわかりませんが(笑)」。

電装整備士になったのも、高層建築が好きなのも、すべては“広い空が見たい”という一途な想いから。飛行機マニアが多いチームの中で、空マニア(?)を貫く小畑さんが、これからどんなスーパー女性整備士になるのか。今後のご活躍が楽しみです♡

------------------
Special Thanks:Nao Kobata(ANA)
Photographer : Chiai
Interview:4MEEE
------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。