【東京都調布市編】厄除け神社&お寺おすすめ7選♪厄払いといえば深大寺?

LIFESTYLE

良くないことが起こりやすいといわれている「厄年」を迎えたら、早めに厄除けや厄払いをするのがおすすめです。
しかし、どこで受ければいいか分からない……という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、調布にスポットを当てて、おすすめの厄除け神社&お寺をご紹介します。

mana yuki
mana yuki
2022.01.31

厄年とは?

神社出典:www.shutterstock.com

「厄年」とは、肉体的にも精神的にも調子を崩しやすく、厄災が多く降りかかりやすい年のこと。
家庭環境や仕事などで人生の大きな転機を迎える年回りであることが多く、予期せぬ変化や災難が増える傾向にあるといわれています。

また、厄年の「厄」には神祭りを行う神役の「役」を指すこともあり、神様に失礼のないように厄払いや厄除けで身体を清め、“忌み慎むべき年”と伝えられてきました。

そのため日本では古くから厄年を迎えると、神社やお寺でお祓いをしてもらう風習があります。

厄年とは数え年で、男性は25歳・42歳・61歳の年、女性は19歳・33歳・37歳・61歳になる年を指し、この1年間を「本厄」といいます。
本厄の前年を「前厄」、後年を「後厄」と呼び、“前厄と後厄を含めた3年間”は毎年神社やお寺へお参りをし、厄払いや厄除けをしてもらうことをおすすめします。

特に「大厄」と呼ばれる男性の42歳と女性の33歳は、もっとも大きな災いが起こるともいわれているので、いつも以上に気を引き締めて過ごしましょう!

2022年(令和4年)の厄年は以下の通り。

■男性の厄年

前厄 本厄 後厄
24歳(平成11年生) 25歳(平成10年生) 26歳(平成9年生)
41歳(昭和57年生) 42歳(昭和56年生) 43歳(昭和55年生)
60歳(昭和38年生) 61歳(昭和37年生) 62歳(昭和36年生)

■女性の厄年

前厄 本厄 後厄
18歳(平成17年生) 19歳(平成16年生) 20歳(平成15年生)
32歳(平成3年生) 33歳(平成2年生) 34歳(昭和64年&平成元年生)
36歳(昭和62年生) 37歳(昭和61年生) 38歳(昭和60年生)
60歳(昭和38年生) 61歳(昭和37年生) 62歳(昭和36年生)

厄除け・厄払いとは?

神社出典:www.shutterstock.com

厄年による災厄を回避するために伝えられているのが「厄除け」や「厄払い」です。

<厄除けとは>
邪気や災厄が寄り付かないように、お寺でご祈祷してもらうこと

<厄払いとは>
自分にとって良くない災厄を祓うために、神社でご祈祷してもらうこと

意味やお祓い場所に違いはありますが、厄年のご祈祷はお寺でも神社でもできます♪

厄払いや厄除けのタイミングは地域の風習によって決まっているところもありますが、“年明けの元日から節を分ける2月3日の節分の夜まで”に受けるのが一般的だそう。
早めに済ませた方がいいといわれているので、初詣や節分祭に合わせて訪れる方が多いようですよ。

もちろん、旧正月が過ぎてもご祈祷をしてくれる神社やお寺はたくさんあるので、行きやすいタイミングで訪れてみてくださいね。

厄除けの神社&お寺を選ぶときのポイント

神社出典:www.shutterstock.com

厄除けや厄払いを受けに行くうえでお祓い場所に悩んだ際には、下記のポイントをチェックしてみてください。

<厄除け神社&お寺の選び方>

  • 電車や車でアクセスしやすい
  • 厄除けや厄払いにご利益のあるお寺や神社
  • 知名度がある
  • 厄除祈願の回数が多く、自分のタイミングに合わせやすい

厄が明けた際にも、感謝の気持ちを伝えにお参りすることが大切だといわれています。
なので、駅から徒歩でも行けるような神社やお寺、もしくは専用の駐車場があって車で行きやすいところなど、アクセスしやすいところがおすすめです。

また、厄除祈願をお願いするなら、厄払いや厄除けにご利益があるところを選ぶのもいいですよ。
他のご利益が有名でも、知名度の高い神社やお寺なら初めての方でも安心して訪れやすいのではないでしょうか。

神社やお寺によって予約が必要なところや実施時間・実施期間が決まっているところもあるので、事前に確認してみてください。
最近では、郵便やオンラインでのご祈祷をしてくれるところも増えているので、直接行けない方はこちらの方法をチェックするのもおすすめ♪

早速、調布にある厄除け神社・お寺を見ていきましょう!

調布にあるおすすめの厄除け神社&お寺

①深大寺

深大寺出典:www.jindaiji.or.jp

調布の厄除け寺といえば、“深大寺(じんだいじ)”が有名です。

日本最古の国宝仏・日本最大厄除け大師といわれている元三大師(がんざんたいし)をお祀りしていて、人並はずれた霊力によって奇跡を起こしたといわれています。
その後、厄除け祈願に訪れる人で賑わうようになったそうです!

深大寺は、元三大師(角大師)の姿を印したお札をいただくことができることでも有名♪
周辺には、植物公園や美味しいお蕎麦屋さんなどがたくさんあるので、のんびりした時間を過ごしたいときにもおすすめです。

◆深大寺(じんだいじ)
所在地:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-15-1
電話番号:042-486-5511
御祈祷受付時間:平日 祈願時間の15分前まで / 土日祝 9:30〜
厄払いの初穂料:3,000円、5,000円、10,000円、20,000円
アクセス:京王線調布駅中央口から深大寺行きのバスで約15分
駐車場:法事又は車両祈願の方のみ利用可能
御朱印:あり

②布多天神社

布多天神社出典:fudatenjin.or.jp

調布市調布ケ丘に鎮座する“布多天神社(ふだてんじんしゃ)”は、多摩地方有数の古社です。

布田五宿の総鎮守であり、「五宿天神」とも呼ばれています。
ご祭神は、医薬・温泉・知識・酒造の神である少彦名命(すくなひこなのみこと)と学問の神である菅原道真公(すがわらみちざねこう)で、学業成就・家内安全・無病息災にご利益があるそうです。

さらに、境内末社がいくつもあるため、厄除けや商売繁盛などのご利益もあるとされています。

境内は緑が多く、ホッとできる神社なので、ゆっくり参拝できそうですね♪

◆布多天神社(ふだてんじんしゃ)
所在地:〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘1-8-1
電話番号:042-489-0022 ※事前予約がおすすめ (当日の場合はHPからお申込用紙PDFファイルを印刷して記入を済ませておく)
御祈祷受付時間:ご祈祷時刻の15分前まで ※HPで確認
厄払いの初穂料:直接確認
アクセス:京王線 調布駅中央改札口から徒歩約5分
駐車場:あり
御朱印:あり

③青渭神社

青渭神社出典:aoi-jinja.com

調布市深大寺元町に鎮座する“青渭神社(あおいじんじゃ)”は、青渭神社水神様を祀った古社です。

御祭神は青渭大神(あおいのおおかみ)、水波能売大神(みずはのめのおおかみ)、青沼押比売命(あおぬまおしひめのみこと)の三柱で、深大寺町全ての人々をお守りくださる神様として愛されています。
厄除けや徐災招福、方位除け、商売繁盛など、さまざまなご祈祷をしてくださいます。

また、青渭神社では稲荷神社、八剱神社、八幡神社、天神社を兼務しているので、柴崎、菊野台、緑が丘、仙川、三鷹市新川、北野エリアの方のご祈祷にもおすすめの神社です。

鳥居の近くにあるご神木は、樹齢600年から700年の老樹であるものの、現在も樹勢旺盛でパワーがいただけます。
大ケヤキのウロがハート型に見えることから、縁結びにご利益があるともいわれていて、パワースポットにもなっているようですよ♪

◆青渭神社(あおいじんじゃ)
所在地:〒182-0017 東京都調布市深大寺元町5-17-10
電話番号:042-482-5710
御祈祷受付時間:9:00〜17:00
厄払いの初穂料:5,000円〜
アクセス:中央道調布ICから車で約7分 / 調布駅北口から京王バス・小田急バスで三鷹駅行き・吉祥寺駅行き・杏林大学病院行き「青渭神社前」下車
駐車場:駐車スペースあり ※ご利用の際は青渭神社社務所に連絡
御朱印:あり

④國領神社

國領神社出典:kokuryo-jinja.jp

調布での厄除け神社なら、“國領神社(こくりょうじんじゃ)”もおすすめです。

調布市国領町に鎮座する神社で、神産巣日神(かみむすひのかみ)、天照大御神(あまてらすおおみかみ)、建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)をお祀りしています。
五穀豊穣・無病息災・延命長寿・生命力向上・厄除開運・縁結びなどにご利益があることから、厄除けはもちろん、さまざまな願いごとで多くの方が訪れています。

基本的に一組ずつ丁寧にご祈祷してくださいます。
周りを気にせず、集中したい方はぜひ訪れてみてください!

◆國領神社(こくりょうじんじゃ)
所在地:〒182-0022 東京都調布市国領町1-7-1
電話番号:042-482-5207
御祈祷受付時間:9:00〜12:00・13:00〜16:00 ※前日までに予約
厄払いの初穂料:直接確認
アクセス:京王線 布田駅から北方面へ徒歩約5分 / 中央高速自動車道 調布ICから国道20号を新宿方面へ約2km
駐車場:境内に駐車場あり ※イベント開催時は近隣の有料駐車場へ
御朱印:あり

⑤調布不動尊 常性寺

調布不動尊 常性寺出典:www.josyoji.jp

調布にあるお寺での厄除けなら、“調布不動尊 常性寺(じょうしょうじ)”もおすすめです。

鎌倉時代の創建当時から、「調布のお不動さん」として親しまれているお寺で、不動堂に成田山不動尊を勧請した不動明王(ふどうみょうおう)をお祀りしております。
厄除け不動として親しまれている不動明王は、具体的な生活の望みも叶えるてくれるといわれていて、方位災除け、交通安全、家内安全、商売繁昌など、さまざまな願いごとをお不動さまに御祈願してくださいますよ♪

新春限定の祈願期間がありますが、1月29日から年末までは通常祈願として随時受け付けているので、安心してくださいね!

◆調布不動尊 常性寺(じょうしょうじ)
所在地:〒182-0022 東京都調布市国領町1-2-8
電話番号:042-482-8013
御祈祷受付時間:9:00〜16:00
厄払いの初穂料:直接確認
アクセス:京王線 布田駅駅前から徒歩約2分 / 京王線 調布駅東口から徒歩約8分
駐車場:数十台駐車可能
御朱印:あり

【番外編】調布エリア周辺のおすすめ厄除け神社&お寺

①小野神社

小野神社出典:www.kankou-fuchu.com

調布エリア周辺で探すなら、府中市住吉町に鎮座する“小野神社(おのじんじゃ)”はいかがでしょうか♪

旧地名と共に「小野宮」と呼ばれていた旧小野宮の鎮守です。
小さな神社ですが、天孫降臨の際に伴った三十二神の一神を祀っている由緒ある神社なんですよ!

水の神といわれている瀬織津比賣命(せおりつひめのみこと)は、罪や穢れを祓い清めてくれるともいわれています。
ただ、神職の常駐はなく、国立市にある谷保天満宮(やぼてんまんぐう)の兼務社となっているため、厄除けや御朱印などは谷保天満宮で受けることになります。

小野神社の参拝後に谷保天満宮へ足を運んだり、谷保天満宮でお祓いを済ませてから小野神社へ足を運んでみるのもいいですね。

◆小野神社(おのじんじゃ)
所在地:〒183-0034 東京都府中市住吉町3-19-3
電話番号:042-576-5123 ※谷保天満宮へ繋がります
御祈祷受付時間:10:00〜16:00 ※本務社の谷保天満宮にて
厄払いの初穂料:5,000円〜
アクセス:京王線 中河原駅から徒歩約8分
駐車場:なし
御朱印:本務社の谷保天満宮にていただくことが可能

②大國魂神社

大國魂神社出典:www.ookunitamajinja.or.jp

調布周辺のエリアでは、府中市宮町に鎮座する“大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)”も有名です。

大國魂大神(おおくにたまのおおかみ)を武蔵国の守り神としてお祀りしていて、この大神は出雲の大国主神と御同神だといわれています。
医療法やまじないの術を授けられた神様で、福神や縁結び、厄除け・厄払いの神としても広く知られています。
厄年の方にとって、心強い神社になってくれそうですね!

郵送でのご祈祷も可能なので、行くことが難しそうな場合は、ぜひ問い合わせてみてください。

◆大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)
所在地:〒183-0023 東京都府中市宮町3-1
電話番号:042-362-2130
御祈祷受付時間:9:00〜16:00
厄払いの初穂料:5,000円、10,000円
アクセス:京王線府中駅から徒歩約5分 / JR武蔵野線・南武線府中本町駅から徒歩約5分
駐車場:参拝者用無料駐車場あり
御朱印:あり

調布でおすすめの厄除け神社&お寺をご紹介しました。
大事な年回りにあたるからこそ、早めに厄払いや厄除けを済ませて、気を引き締めたいですね。
ぜひ、気になった神社やお寺へ足を運んでみてください♪

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。