その一言で彼氏候補から外れる!男性の何気ない失言リスト

LOVE

何気ない一言で女性から嫌われものになってしまう、なんて嫌ですよね。
ですが何も考えずに言ったその一言が、女性にとってはとても嫌な一言であったりするんです。
では、そんな嫌われてしまうセリフにはどんなものがあるのか、ご紹介します。

女性から嫌われる男性の失言①一人で生きていけそう

あなたは女性に対して「しっかりしてるし、一人で生きていけるタイプだよね」などと言っていませんか?

誰だって一人だけで生きていける人なんていないのに、そんなことを言われたら傷ついてしまうのは当然のこと。

しっかりしているのは表面上だけかもしれないし、本当は弱い部分があるかもしれません。

軽い気持ちで一人で生きていけそうというのは、あまり言わないほうがいいかもしれませんよ♪

女性から嫌われる男性の失言②クールビューティーだよね

クールビューティーだよね、と言われる女性は大抵そのセリフを聞き飽きている人が多いんです。
内心「またそれ?」と思っていたりします。

また、自分のことをあまり知らないのに見た目だけで判断されているのではないか、とあまり良い印象を持ちません。

クールビューティーというのは褒め言葉に思う人も多いかもしれませんが、「別にそんなふうに思われたくない」という女性も多いので、気を付けた方が良いワードです。

女性から嫌われる男性の失言③結婚しなさそう

「結婚しなさそう」という言葉は、裏を返せばいろいろな意味に捉えることができます。恋愛下手、仕事一筋、遊び人、などマイナスのイメージが多いのではないでしょうか。

内心、結婚願望があるのに結婚しなさそうだと言われてしまうのは、女性にとってはとても傷つく言葉。
結婚願望はなくても、遠まわしに悪口を言われている気分になります。

結婚しなさそうというセリフは、控えておいたほうが良いでしょう。

女性から嫌われる男性の失言④さばさばしてて男っぽい

「さばさばしてるよね」と言われて嬉しく思う女性は案外多いですが、「男っぽい」というセリフは絶対にNG。
女性とみなされないのは、屈辱的なことですよね。

またさばさばと似たようなセリフで「ガサツ」だとか「大雑把」などもNGワードです。
その時は明るく振る舞っていたとしても、後々気にしてしまう女性は多いようですよ。

女性から嫌われる男性の失言⑤ちゃんと化粧してるよね

いつも通りの化粧をしていて「しっかりメイクだね」とか「今日のメイク気合い入ってる?」などと言われるのはムカっとするポイントの一つ。

そんな発言をされると、今日は厚化粧だというふうにとらえられるので、思ったことをなんでもかんでも口に出したら良いというわけではないことを理解しておきましょう。

女性から嫌われる男性の失言⑥ぽっちゃりもいいよね

ちょっとぽっちゃりした女性に対して「ぽっちゃりもいいよね」などと言うセリフは余計なお世話と思われてしまうかもしれません。

たとえ気を使って言った言葉だとしても、触れてはいけない部分もあるんです。

本当に気にしている部分というのは誰にも触れられたくないという人が多いので、気を使ってわざわざ傷口に触れることはしないように心がけてくださいね!

女性から嫌われる男性の失言⑦肌荒れてない?

「肌荒れてるよ」とか「ニキビどうしたの?」などというセリフはノリでも言わないほうが良いです。

女性にとって肌の荒れというのは、男性以上にとても恥ずかしいこと。

「やっぱりみんな気になるかな?」と余計悩ませてしまうことにもなるので、触れてはいけないポイントですよ。

いかがでしたか?
やはりデリカシーのない一言は、女性にとってぐさっとくるものがあるんです。
思ったことをなんでも言ってしまうのではなく、発言する前にちゃんと考えることも大切なことですよ。