適度な距離感をマスター♡嫉妬させようとして失敗してしまう行動6つ

恋人から愛されているという証明が欲しくて、つい相手を嫉妬させようとしちゃうことってありますよね。
上手くいけば相手を嫉妬させることに成功するかもしれませんが、失敗してしまったら、逆に彼はあなたに対する気持ちが冷めてしまうかもしれません。
そこで今回は嫉妬させようとして失敗に終わってしまう行動とは何かを、ご紹介していきたいと思います♪

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動①他の男性と仲良くする

彼のことを嫉妬させようとして、彼の前であからさまに違う男性と仲が良いところを見せつけたことはありませんか?

上手く嫉妬させる行動なんじゃないかと思うかもしれませんが、もしかしたらやりすぎかも。
彼からしてみれば「自分がいながら、違う人と仲良くするような女性だったんだ」と、嫉妬を通り越してあなたに失望してしまうかも。

あからさまに見せつけるのではなく、他の男性に気はないけれど、気遣いがきちんとできるイイ女っぷりを見せつけるようにしましょう♡
彼の嫉妬心を燃やせるかもしれませんよ。

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動②LINEの返信が遅すぎる

「心配してくれるかな」「嫉妬してくれるかな」と思って、LINE(ライン)の返事をわざと遅らせたりすることってありませんか?
多少遅れるくらいならいいですが、それが1日2日と当たり前のように返さないと、心配や嫉妬ではなく、「俺なんかどうでもいいんだな」と思われてしまうかも。

相手がそんな風に解釈してしまったら、2人の関係が続かないのは目に見えてしまいますよね。

相手が真摯にマメな連絡をしてくれていても、あなたが全然返信しないのでは、相手を傷つけることになってしまうかも。
いつまで経っても返信しないのは、やめた方がいいかもしれませんよ♪

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動③他の男性に気があるフリをする

嫉妬させたくてついやってしまうのが、「他の男性に気があるフリ」をしてしまうこと。

「上司の〇〇さんが、かっこよすぎてやばい~」「あの人だったらみんな惚れちゃう」、と他の人のことを褒めて相手を嫉妬させようしていませんか?
彼からしてみてば、「そんなに好きならなんで俺と付き合ってるの?」と、嫉妬とは違う悶々とした気持ちになっているかも。

嫉妬させたいからといって、自ら他の人の話をするのはやめましょう。
彼から「仕事は上手くいってる?」などと聞かれたときに、「大変だけど、上司の人がすごく優しくフォローしてくれるよ」と、小出しにするのが◎

また、男女どちらかわからない程度にさりげなく他人を褒めた方が、効果的ですよ♡

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動④モテるアピールをする

「〇〇君から告白された」「先輩にご飯に誘われちゃった」など、自分がモテるアピールをして彼を嫉妬させようとするのは間違い!
男性からしてみれば「わざわざ俺に言う必要ある?」と思ってしまう人も。

そもそもモテるアピールをする女性は、何だか印象が悪いですよね。

本当にモテる人はわざわざモテるアピールをしないことが多いので、無意味にアピールをするのはやめましょう♪

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動⑤「忙しい」を理由にする

彼からデートに誘われたとき、「その日は忙しいから無理」と、無駄に約束を断って嫉妬させようとするのはNG。

何かにつけて「忙しいから」という理由で適当にあしらってしまうと、「俺は適当に理由をつけて断れるぐらいの相手なんだな」と、相手を傷つけてしまう可能性が。

本当に忙しいときは「この日にこれを終わらせなければいけない」と、きちんと理由を付けてあげることが大切ですよ!

嫉妬させたいはずが……失敗に終わってしまう行動⑥放置する

気を引かせようとして、LINE(ライン)も電話も出ない、デートもしない……と相手のことを放置するのはNG行動。
相手は、嫉妬というよりもあなたの行動に理解ができずに、呆れてしまうかもしれません。

また放置しすぎて、自分でもどのタイミングで連絡をすればいいのか、わからなくなってしまうこともあるので、彼をシャットアウトするのはやめましょう!
彼を嫉妬させたい気持ちはよくわかりますが、行動が裏目に出て失敗しまうと、収集がつかない事態になることも。
「相手を嫉妬させることはリスクが高いこと」と、しっかりと自覚しておいてくださいね!

【関連記事】頭脳派な恋愛してみない?恋愛をバージョンアップさせるための心がけ

ひとつの恋愛が終わると、“次はもっと素敵な恋がしたいな”と思いますよね。そこで今回は、「...

嫉妬 失敗 行動 理由

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

ゆり

女子大生サークルL'Allure

>もっとみる