指をポキポキ、手をモミモミ。「手の仕草」からわかる心理7つ

指をポキポキ鳴らしたり、手をモミモミしたり、習慣的にしてしまう手の動きってありませんか?
ここでは、その手の仕草からわかる心理をご紹介します。

手の仕草や習慣からわかる心理① 手のひらを見せる

手のひらを見せながら話しているときは、嘘はついていないでしょう。

これは、「全てさらけ出す」という意思表示の表れなので、本心を話していることが多いです。

手の仕草や習慣からわかる心理② 手を揉む

手を揉む癖がある人は、自分に自信がないのかもしれません。

いつも不安を抱えているので、自分の発言にも自信が持てないようです。

手の仕草や習慣からわかる心理③ お祈りポーズ・両手を合わせてこする

祈るときに両手を合わせるあのポーズは、不安の表れです。これは、全世界共通といわれています。

無意識のうちに神様に「守ってください」と、お願いしてるのかもしれませんね。

また、両手を合わせてこするのも、自分を落ち着かせたいときに見られる仕草です。

手の仕草や習慣からわかる心理④ 手首を触る

手首を触るのは、不満の表れです。イライラが止まらないようなら、ストレス過多の状態が考えられます。

また、目の前にいる相手が苦手、嫌いな場合もこの仕草を見せます。
自分では気づいていないと思いますが、「相手を殴りたい」と思う気持ちを、手首を押さえて堪えているのかもしれません。

手の仕草や習慣からわかる心理⑤ 指を鳴らす

指をポキポキと鳴らす人は多いと思います。その中には、相手を威嚇したいときに、この仕草を見せる人もいるようです。

指をポキポキと鳴らす仕草は、体力に自信がある人に特に見られるそうです。

手の仕草や習慣からわかる心理⑥ 爪を噛む

爪を噛むのが癖になっている人は、神経質・心配性ではありませんか?

このタイプの人は、爪を噛んで、不安や欲求不満を解消しているようです。ちなみにこの癖は、大人になるとスムーズに直ったという人も多いそうですよ。

手の仕草や習慣からわかる心理⑦ ポケットに手を入れる

会話中に相手が突然ポケットに手を入れたのなら、嘘をついているか、触れられたくない話題だったのかもしれません。

これは、危険を感じたときに表れる仕草なので、話題を変えた方がいいかもしれませんね。
手の仕草で本音がわかってしまうようです。
手を揉む、手首を触る、手を合わせてこする、爪を噛むことが増えた場合は、それはストレスのサインなので、休息をとってくださいね!
手の仕草から自分の心の状態がわかるので、この知識を上手く活かしてください。

【関連記事】触る?噛む?「口元の仕草」からわかる心理とは

気持ちは言葉にして口から発するので、口元は心理状態が表れやすいのだとか。ということで今...

手の仕草 習慣 心理 手癖

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル、サロンモデル、キュレーター
野菜コーディネーター、国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる