ムンクの“浸り”?SONYのヘッドホンと異色のコラボレーション♡

LIFESTYLE

10月6日(土)にSONY(ソニー)から発売されたヘッドホン、「WH-1000XM3」が高音質と話題!
業界最高クラスと言われるノイズキャンセリング性能を実現したワイヤレスヘッドホンなのだそう。

今回は、ヘッドホン「WH-1000XM3」とコラボレーションした、とある絵画をご紹介します♪

SONYヘッドホン「WH-1000XM3」は
超ハイスペック♡

まずはじめに、SONYヘッドホン「WH-1000XM3」の高性能ポイントを押さえておきましょう♡

「WH-1000XM3」の魅力は、何と言っても業界最高クラスのノイズキャンセリング機能を搭載していること。
これにより、研ぎ澄まされた“高音質”で音を聴くことができるのです。

Bluetooth(ブルートゥース)対応でワイヤレスだから、身軽に音楽を楽しむことができそう♪
高音質をワイヤレスで実現させるのはとても難しいそうですが、SONY独自新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を搭載し、高音質が実現できています。

瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」にすれば、ヘッドホンを外さずに周りの人の声が聞こえるハイスペックさ!
さらに、女性にとって嬉しい“軽量”タイプ
ヘッドバンドを頭部にフィットしやすい形に改良し、今までよりもスリムなシルエットで使いやすくなっています。

ここまで嬉しい機能が揃っていると、注目しないわけにいきませんね。

SONY 「WH-1000XM3」

「WH-1000XM3」が話題になっているそのワケは……?

www.sony.jp

SONYヘッドホン「WH-1000XM3」に注目が集まっている理由は、“高性能”だけではありません。
なんと、世界で最も知られている名画の一つであるムンクの「叫び」とコラボレーションしたヴィジュアルが公開されているのです!

それは、ムンクの「叫び」ならぬムンクの“「浸り」”
「ムンク展ー共鳴する魂の叫び」の初来日を記念して実現した、特別なコラボレーションです♡

「叫び」の画家であるエドヴァルド・ムンクの故郷ノルウェーのオスロ市立ムンク美術館の許可を絵て、描き起こされた作品「浸り」は、SONYの「WH-1000XM3」を装着し、サイレンスな空間で音楽に浸る人物が描かれています。
どこか楽しそうな表情で、「叫び」とは一味違う印象ですよね!

そんな、超貴重とも言えるムンクの「浸り」は、10月19日(金)からSONYの直営店にて、展示されるそう。ぜひ、この機会にチェックしてくださいね♪
【展示スケジュール】
※スケジュールは予告なく変更になる場合があります
・ソニーストア銀座:10/19(金)~10/28(日)
・ソニーストア名古屋:11/2(金)~11/11(日)
・ソニーストア札幌:11/16(金)~11/25(日)
・ソニーストア大阪:11/30(金)~12/9(日)
・ソニーストア福岡天神:12/14(金)~12/24(月)

「WH-1000XM3」試聴コーナーも開設!
まずはお試し♡

全国のレコード販売店・HMV(エイチエムブイ)52店舗で、ムンクの「浸り」のコラボポスターを見ることもできるそう!

さらに、そこでは「WH-1000XM3」の試聴コーナーも開設。
新譜コーナーの試聴機として「WH-1000XM3」が登場しています。

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を体験できるチャンス!
まずはお試ししてください♡

【コラボレーション広告ポスター掲載概要】
・掲載期間:10月6日(土)~11月22日(木)
・掲載場所:全国のHMV52店舗【「WH-1000XM3」試聴コーナー】
・掲載期間:10月6日(土)~12月31日(月)
・掲載場所:全国のHMV52店舗 新譜コーナー