雑誌連動

思っていたより顔が薄い…。写真映えするパーティーメイクのポイント

♡4MEEE magazine Vol.2 p.62〜「特別な日のヒロイン顔♡犬木愛×高橋愛」

Instagram(インスタグラム)で写真を撮るときに、可愛くうつりたいのが女心ですよね♡
写真の加工も大切ですが、可愛くうつるようにメイクも工夫するのがおすすめです♪
今回は、写真映えするパーティーメイク方法についてご紹介します!

写真映えするパーティーメイクのポイント①眉毛は眉尻の色を少し濃いめにする

写真を撮ったときに、眉毛が見た目と違うようにうつってしまった経験ってありませんか?
写真で撮ると、立体的な顔が平面にうつるので眉尻が消えてしまうことがあります。

そんなときは、眉尻の色をいつもよりちょっぴり濃いめに描いておくのがGOOD!
こうすることで、眉毛がしっかりある印象になるので、全体的にメイクの濃いパーティーシーンにもぴったりのメイクなんですよ♪

眉頭もしっかりめに描いておくと、写真映えよく仕上がります。

写真映えするパーティーメイクのポイント②アイラインはいつもよりも太めに

パーティーメイクの1番のポイントともいえるのが、アイライン!
いつもより太めに引いて存在感を出しましょう♪写真で撮ったときにも、目力がアップしますよ!

強めな印象の目元になるのが嫌な方は、ブラウンのアイライナーを組み合わせるのがおすすめ。
まつげの隙間はブラックで埋めて、ラインはブラウンにすると、ぱっちりしているけど優しげな目元になりますよ♡

二重の幅が狭い方は、無理に太いアイラインを引くより、丁寧にまつげの間を埋めるだけの方がいい場合もあります。
自分にベストなアイラインの太さを研究し、写真映えするメイクにしていきましょう。

写真映えするパーティーメイクのポイント③大粒ラメのアイシャドウをオン

パーティーメイクのアイシャドウは、ツヤ感よりもキラキラのラメ感を主張するのが◎
繊細なラメのアイシャドウよりも、輝きの強いもの方が写真映えします。

カラーも濃いものより、ベージュやピンク系がGOOD!
ブラシでふわっとつけるよりも、指でなでるようにつけたほうがラメがまぶたに密着しますよ♪

薄暗い照明のときにも映える、大粒ラメのアイシャドウは写真で撮ったときも華やかさ抜群です。

写真映えするパーティーメイクのポイント④リップ重視で、チークはいつも通りでOK

リップがメインになることが多いパーティーメイク。
チークは、ちょっと引き算をして濃くしないのがポイントなんです!

ここでチークを濃くしてしまうと、写真で撮ったときにパーツが主張しすぎてまとまりのないメイクになってしまいます。

いつもチークが濃い目の方はちょっと薄めに、いつもさらっとチークを入れている方はいつも通りでOKですよ♪
肌になじむコーラルピンク系のカラーをチョイスして、血色感をプラスする程度が写真映えします。

写真映えするパーティーメイクのポイント⑤おくれ毛が顔のフレームになる!

写真にうつった自分を見て、顔の大きさが気になったことってありませんか?
アップヘアにすることが多いパーティシーンでは、顔の大きさが余計気になってしまいますよね。

そんなときは、顔まわりに少しだけおくれ毛を残しておくのがポイントなんです!
おくれ毛の量も顔まわりにほんの少しだけ、ちゃんと巻いておいてくださいね♪

こうすることで、おくれ毛が顔のフレームになってくれるので、顔を小さく見せることができ写真映えするんです♡
いかがでしたか?
今回は、写真映えするパーティーメイクについてご紹介しました!
全体的にいつもより濃い目のメイクを心がけると、ドレスや雰囲気にもぴったりなメイクになりますよ♪
リップを濃い目のカラーにしてみたり、しっかり発色させるだけでも、華やかになるので試してみてくださいね。
素敵なメイクで、パーティーの写真をたくさん撮ったら、Instagram(インスタグラム)に投稿しちゃいましょう♡

【関連記事】ひんやり気持ちいい♡「冷え化粧品」はあつ〜い真夏のお助けアイテム

4MEEE magazine Vol.1 p.108〜「すっぴん美人風メイク」また今年も、あつ〜い夏がやってきま...

メイク パーティー 写真映え

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

Misaki

>もっとみる