最後の恋にふさわしい女とは?これ以上はもういない!

LOVE

「お前でもう最後の恋にしたい」と言われまくる女子、この世に存在するんです。
お前と結婚できたら幸せだと思う、そんな夢のようなセリフを何人もの男性から言われる女子には、きちんと特徴があるのです。

最後の恋にふさわしい女①絶対的な信頼をおける女

「こいつは俺を裏切らない」
そう思わせることができるオンナは確実に強いです。
当たり前ですが、最後に選ばれるということは、人生を共にするパートナーに選ばれるということ。

圧倒的に強いのは、ほかの男になびかないという一途さです。
「こういう状況があったけど……あたし他の人には興味持たないから」と申し訳なさそうに、ちゃっかり一途っぷりをアピール。

また芯の強い女性の一面を見せると、なお良いでしょう。

最後の恋にふさわしい女②守ってあげたい危うさを持つ女

男として、やっぱりその自尊心を駆り立てられるのが「守ってあげたい」という気持ち。そこには「男らしさ」「男としての使命」を感じるポイントがあります。

そのためには、弱さをしっかり見せることが大事です。
自己開示能力は強いオンナにこそ持ちうるもの。その強さと背中合わせの儚く脆い、弱さがあるのです。

また、あなただから話せる、という自ら心を開くスタンスも、彼があなたに対して本気になる大きな要因になります。

最後の恋にふさわしい女③全てを受け入れる包容力のある女

男は外では強くいるもの。ですが、甘えたい気持ち、ないわけありません。

本当は弱い、こんなにもダメなところがある、子供っぽい……。
そういった部分も包み受け入れるような包容力がある女性は、「俺のすべてを受け入れてくれる」という安心感を与えます。

「どんな自分も愛してくれる」その確信は、最後に選ぶ女性としてふさわしいに違いありません。

母性的なものに近しいですが、母親ではなく、一人の女性として、パートナーとして。
愛する彼をすべて受け入れるキャパシティは決定打になります。

最後の恋にふさわしい女④他のオンナとは違う、特別感が漂う女

最後のオンナになるための最終条件は、「他のオンナとは違う」ことです。
あなたでなければいけない。
あなたでしかいけない。
そういった特別な存在であることが必須になってきます。

何が違うのかと聞かれたら基本的にはそのマインドです。
他のオンナとは違う考え方、生き方、居心地。
そこには何にも代えられない特別感があります。

代わりが利かないから、欲しくなり、手放したくなくなるのです。

もうこれ以上のオンナはいない、と思わせるには、あなたならではのブランディングが欠かせません。
そのためには周囲の女性と圧倒的な差をつけ、絶対に手に入れたくなる女性になる必要があります。
それが「最後の恋の相手」にふさわしいと思われるオンナなのです。