雑誌連動

鈴木あきえさんに聞いた!TPOに合わせて愛され女子になる方法♡

LIFESTYLE

4MEEE magazine Vol.1 p.127〜「全方位、愛され力の身につけ方。」

愛される人ってどんな場面においても対応力がすごい!そう思いませんか?
今回は4MEEE Magazine(フォーミーマガジン) Vol.1から、鈴木あきえ(すずきあきえ)さんのページをご紹介します♡
こんな場面ある!こんなときどうする?を教えてもらいました。

コミュニケーションを取りたいなら「サービス精神とちょっとの勇気」

「コミュニケ―ションを上手に取りたい場合は、初めて会う人が全員味方だと思って接してみてください!
これ言ったら失礼かな?と思って言えないことも、ちょっと勇気を出して伝えるだけで人間関係がすごく楽になりました。

人見知りを克服できた人間から言わせていただくと、アタックしないで後悔をし
いらないストレスを溜め込むなら、伝えたほうがいいです!
相手も心が開きやすくなるし、良好な関係が築けます。」

雑務を頼まれたときの対応は「リスペクトを込めたお礼を伝える」

「『頼まれていた仕事、終わりました!』だけよりも、『勝手ながら、◯◯さんの右腕になれた気分でうれしかったです!』など、リスペクトを込めて伝えるといいかもしれないですね(笑)。

私自身何をするかよりも、誰とするかが重要だと考えているので、その気持ちを伝えたら今後もお互いいい関係でいられると思います。」

わざとらしくない褒め方をしたいときは「アゲてアゲて、ときにハシゴを外す」

「わざとらしくない褒め方をしたい時、言い回しに困りますよね。収録で、きれいな方やかっこいい方にお会いして、そのことを伝えたいと思っても、相手を持ち上げてばかりだとお互い気持ち悪くなるんですよね。
あので、相手が何か変なことをした瞬間、そこにスポットライトが当たるようにします。

すると、お世辞ばかりじゃなくて本当のことも言ってくれるんだなって距離が縮まり会話が盛り上がる!
本当のことは伝えていいですが、たまにハシゴを外すことも大切(笑)」

------------------
Photographer : Mahito Takahashi
Stylist : Iyo Kondo
Hair&Make-up : Yuri Miyamoto(Lila)
Illustrator:Ayaka Murasawa
Editor&Writer:Shiori Akashi
Designer:Shinsuke Hayase(WHITE AGENCY)
------------------

4MEEE magazine 販売サイト

4MEEE Magazine(フォーミーマガジン) Vol.1から、鈴木あきえ(すずきあきえ)さんの愛され女子になる方法をご紹介しました。
大切なことは、どんな場面でも明るい心と前向きな姿勢で対応すること!
ぜひ参考にしてみてくださいね♪