同じ未婚でも「魅力的な女性」と「残念な女性」の違い5つ

「未婚の女性」と聞くとどのような印象を受けますか?
人によっては「周りが結婚しているのに婚期を逃してしまった、ちょっと残念な女性」にも聞こえるかもしれませんが、違う観点では「シングルを楽しんでいるキラキラした女性」というイメージにもなります!
今回は同じ「未婚」なのに異なったオーラを放つ、この女性たちについて考えてみましょう♪

未婚でも魅力的な女性の特徴①自分の年齢を自覚している

「寂しそうな未婚女性」に見えてしまうひとつの理由は、自分のことを把握していないことにあります。

例えば、自分の年齢に合ったライフスタイルをしていない女性は落ち着いてないと思われがちですよね。

クラブで踊るのもSNSに写真をアップするのも構いませんが、TPOをわきまえたり大人としてのマナーを身につけないと品がない印象になってしまいます。

服装や身だしなみはもちろん、言葉遣いなどもポイントになりますね!

未婚でも魅力的な女性の特徴②周りに流されない考え方をもっている

自分の意見をしっかり持って、賢い受け答えをするようにしましょう。

親や親戚から「私たちの世代は結婚が早かった」「兄弟が多いのは当たり前」と言われることもあると思います。
確かにそれは事実かもしれませんが、今は時代が違うし考え方も人それぞれなので、もしプレッシャーをかけられても自分の気持ちを正直に伝えましょう。

ここでのポイントは普段から何でも周りのせいにして、甘えていては絶対にダメ!

しっかりしている人は仮に周りから意見をされても、言われた言葉を素直に受け止め、自分の中で考えるものです。そういう女性は信頼もあるので、「未婚」でも「彼女なりの人生プランがきっとあるのだろうな」と理解してもらえます。

そこに負のオーラは一切存在しません!

未婚でも魅力的な女性の特徴③自分のことを自分自身が認めている

「自分はダメな人間だから」とネガティブになっていませんか?
そんな考えはさっさと捨ててください!
全てが完璧な人間は、この世に存在しません。

まず、自分はどんな人になりたいかと想像してみましょう!
もしイメージができたら、あとはもう簡単です。その理想に近づく努力をすればいいだけ。

ポジティブで前向きな人は、男女問わず魅力的ですよね!
自意識過剰になって天狗になるのは違いますが、普段から自分が仕事もプライベートも全力でしっかり向き合っていれば、「自分はこれだけのことをやっているんだ!」と自信にも繋がります。

今、自分のことが嫌いな人は、好きになれるように日々成長しましょう。努力し続けているうちに、自分のことがちょっとずつ愛しくなってくるはずです♪

未婚でも魅力的な女性の特徴④改善点が見えている

「結婚なんてしなくてもいい」なんて、開き直るのはやめましょう!

「今はいいや」と思っていても、口に出すことで婚期がさらに遅れてしまうことも……。
もしかしたら、自分と将来的に結婚を前提に付き合いたいと思っている素敵な男性が周りにいるかもしれません。そんな可能性も逃してしまいますよ。

「結婚向きじゃない」「彼氏ができても結婚まで続かない」など、過去を振り返ってみるとヒントはたくさん出てくるはずです!

なぜ、自分が今結婚していないのかを分析することで、改善点も見えてきます。自分の行動を見直して、変えていくことはとっても大事です。

自分の問題点を改善することで「この人は結婚できないわけではなくて、あえてまだしてないだけなんだ」と周りからも自然と思われるようになります!

未婚でも魅力的な女性の特徴⑤将来的な設計ができている

きちんと将来設計のできている女性は、仕事はもちろん貯金やライフスタイルなど理想を常に意識してプランを立てています。

そういう女性なら、付き合ってから結婚までもスムーズに進むことができますね!

いつも後先考えずにアクションを起こしているようでは、「あの子は結婚なんてまだまだ無理」と周りの人から思われても仕方ないですね。

何が起こるか分からないのが人生の楽しいところとも言えますが、逆に何が起こってもHAPPYに過ごせるように準備しておくことが大切です♡
同じ未婚でも「ポジティブ」に見える人と「ネガティブ」に見えてしまう人の違いがよく分かりますね!
置かれている状況は一緒でも、個々に放つオーラ次第でこんなにも差が出てしまうのです。
キラキラしている素敵な女性になるために、普段の行動を振り返ってみましょう♡

【関連記事】みんなの憧れ!美しさと可愛さを兼ね備えた「最強女子」になる方法5つ

美人だけれど可愛らしさもある最強な女性って、性別関係なく誰もが憧れる存在ですよね♡そんな...

未婚 女性 魅力 テクニック 女子力 モテ

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

渡辺彩季

>もっとみる