GENKINGビューティーのすべて♡「大切なのは、自己投資する順番!」

Instagramのフォロワーは約100万人、その他Twitter、オフィシャルブログなど様々なSNSも大人気で、テレビや雑誌で見かけない日はないほど、人気継続中のタレント・GENKING(ゲンキング)さん。

多くの人が注目する、彼女の「キレイの秘密」を知るべく、4MEEE編集部がインタビューを行いました。
前編では【インナビューティー】を中心に質問させていただいたので、後編となる今回は【アウタービューティー】をメインにお答えいただきます♪

GENKINGさんに聞く、美をつくるメソッド!

女性以上に女性らしさを追い求め、2017年には「完璧な女」として再スタートを切ったタレント・GENKING(ゲンキング)さん。

そんな彼女は、“個”に価値を持たせる時代のトップバッターとして様々なメディアで活躍されるだけでなく、ファッション、美容、料理と様々な分野のプロフェッショナルでもあるのです。

今回は、男女問わず多くの人から注目され続けるGENKINGさんに、4MEEE編集部がインタビューをすることに!
先週公開された前編に続き、“ビューティー”をテーマに質問♡後編では、ヴィジュアルに直結する「アウタービューティー」に関する質問に答えていただきました。

【ファッション】自然体を楽しめるように……!
「最近はパンツスタイルが好き。」

————今回は、大注目の「ファッション」から質問させていただきます!過去にはご自身のアパレルブランドを設立されたり、 Instagramで日々のおしゃれなコーデをUPしているGENKINGさんですが、好きなテイストやこだわりを持っているアイテムがあれば教えてください。

最近はパンツスタイルが好き!付き合っている彼が、『ジャケット×Tシャツ×ストレートロングヘア』が似合うモードでハンサムな女性が好きって言うから、かっこいい女性を目指しているの。

昔は、H&M(エイチアンドエム)やZARA(ザラ)などのファストファッションもよく着ていたし、ハイブランドにハイジュエリーなど高級品に身を包んでいた頃もあった。色んなファッションを一通り楽しんだので、最近は落ち着いたわ。
今は、無理して背伸びをせずとも、自然体で女の子を楽しむことができている♡

————私服として、普段よく着るブランドはありますか?

今好きなブランドは……

・3.1 Phillip Lim(3.1フィリップリム)
・Alexander Wang(アレキサンダーワン)
・HAIDER ACKERMANN(ハイダーアッカーマン)
・CELINE(セリーヌ)
・HYKE(ハイク)


かな。大きく変わったことは、ファストファッションを全く着なくなったことかも!安いトレンドアイテムをたくさん買うのではなく、良質なものを数枚買うようになった。でも、品質にはこだわるけれど、わかりやすくブランドをアピールするデザインは好まなくなったわね。

最近ではBARNEYS NEW YORK(バーニーズ ニューヨーク)や伊勢丹へお買い物に行くことが多い!遊びに行く街に合わせてファッションも変えるタイプだから、ロサンゼルスに住んでいた頃はかなり派手なファッションだったかも……(笑)

今、本当に美しいと思うのは、パンツ×Tシャツを着こなせる女性。シンプルだからこそ、素材・肩の抜け感・襟の形など全部が大事ってことを学んで、段々とこだわる点が変わってきたことを実感している!

ずっと変わらず好きなのはピンヒール♡足が痛むこともあるけれど、“ヒール筋”ってやっぱり大事だと思うし、履くだけで気が引き締まるの!オンオフを区別したいタイプだから、レストランへ行く時はパキッとしたスタイルに8センチ以上のヒールがマスト。

【ヘアメイク】彼に勧められたハイライト。
「次に挑戦したいのは○○!」

————綺麗に伸びたロングヘアが印象的ですが、こちらも彼の影響が大きいのでしょうか?ヘアメイクでこだわっていることや、これからチャレンジしたいスタイルがあれば教えてください。

彼の影響というよりも、ロングヘアは女らしくいるためのおまじないみたいなもの。それに、普段シンプルなファッションが多いので、キレイに巻いたロングヘアじゃないとコーデがキマらないからね!

今入っているハイライトは、彼が「入れてみなよ」って言ったからチャレンジしてみたの♡いつも、ヘアスタイルもネイルも彼と相談して決める。ネイルは必ず彼のイニシャルが入ったデザイン!……ってことはここだけの秘密ね(笑)

挑戦できていないこと言えば、「ナチュラルメイク」かな。
女優の井川遥(いがわはるか)さんのような、素肌感のあるナチュラルビューティーメイクに憧れる!『可愛い』と『かっこいい』を兼ね揃えている理想的な美しさの持ち主だと思う。

【スキンケア】毎日使っているアイテムを紹介!
「断捨離できない」はブスの始まり?

————きちんとお手入れされた艶やかなお肌が羨ましいです……!ボディケア・フェイスケアで、いつも実際にやっていることを教えてください。

ではまずフェイスケアから。
クレンジング→洗顔→化粧水→美容液。以上!シンプルでしょう?

シャンプーやボディソープにも同じことが言えるのだけれど、「落とす」作業が一番肌に負担が掛かるの。だから洗顔には特にこだわった方が良い!
私は、クレンジングはreparte(レパルテ)と言うジェルタイプ、洗顔は自分でプロデュースした“ほのあかり”という石鹸を使っている。
ほのあかりは、完成してからずっと愛用中!美容成分がたくさん入れられる作りの固形石鹸なの♪3〜4回ネットの上で転がして泡立てるだけ。洗い流したあとは化粧水を浸したコットンでソフトに叩く!うぶ毛は下を向いているから、コットンを使って下から上へ叩き上げなきゃダメよ。

私はクレンジング一つ選ぶために、デパートに並んでいるものをほとんど試して良し悪しを判断した。コスメもスキンケア商品も“男”も、合わないのに勿体無いからと大事にとっておくのはブスの始まり!コスメは半年もすれば油分が酸化してお肌に負担をかけちゃうみたいだしね。

その他に、4MEEE読者のみんなに実践して欲しいのは“シワくるくる運動”!舌を使って口周りをくるくるなぞるだけ。15回×3セットを毎日やると、本当にほうれい線がなくなるの!1週間もやれば効果を実感できるはずだから、今日からはじめて♪

あと私は、月に1度はフォトフェイシャルとシミ取りレーザー治療をしてる!
個人的な意見だけれど、世の中のレーザー治療ってあくまでもキープだから「一生キレイ」が叶うものではないと思う。だから、ペースの差はあれど継続することが必要かな。

【ボディケア】キレイと費用は比例?
「大切なのは、自己投資する順番!」

————レーザー治療など、費用をかけてプロの手を借りることもあるんですね。ボディケアも、エステに行くことが多いのでしょうか?

エステに通ったり、良い化粧品を使うことよりも大事なのは、お風呂に入ること!私は毎日15分、必ず全身湯船に使って汗をかくようにしているの♡

でももちろん、エステにいくこともある!お金をかけずに自分でできる美容には限界があるし、かける費用とキレイは少なからず比例関係にあると思うから。高い化粧品を一つ我慢して1回1万5千円の美容レーザーをやるなら、無駄使いじゃないでしょう?
だって、施術で肌そのものがキレイになるなら、安いファンデーションを使ってもキレイなはずだもの。

一番残念なのは、ハイブランドの服を着ている美女の背中が毛だらけだった時……。投資をする順番を考えなきゃ損をしてしまうのよね。今はエステ脱毛も進化しているみたいだから、女性の皆さんは一刻も早く背中のケアをして欲しい(笑)

私は20代の頃に全身医療脱毛を経験。医療脱毛は効果抜群だけれど、毎回冷や汗をかくほどの激痛で……足だけで1時間かかるし、施術後はミミズ腫れのように膨れ上がっていたの。
だけど、最近イメージモデルに就任した全身脱毛サロンのSASALA(ササラ)を体験したら、エステ脱毛が進化していて感動した!(笑)

今の時代は医療に匹敵するくらいエステ脱毛も進化しているみたいだし、SASALAは全身施術しても1時間で終わる♪全身脱毛完了まで最短6ヶ月なんだって!はるかに安くて痛みも少ないから、今から脱毛を始める女性がいたらおすすめしたいな。

全身脱毛サロンのSASALA

「どんな女の子にだってチャンスがある!」

————全身のケアについてとっても詳しく答えてくださり、本当にありがとうございました……!最後に読者へメッセージをお願いします♡

20代〜30代の女性って、自分の人生を見直すタイミングが一度は来る年代でしょう。年齢を重ねるにつれ、色んなことを見据えて守りに入る人が多い。友達に尽くす時間もフッションに費やすコストも節約し始める頃なのよね……。

でも、そうして無難なものしか選ばなくなって、#ベーシックビッチになっちゃうのはNG!理想や夢をしっかり持って、自分が信じたことをすればいいの。
どんな女の子にだってチャンスがあるんだから、「こうだから」と決めつけないで、もっとキレイになることを楽しんでください♪
ビューティーをテーマにインタビューを進めていたはずなのに、人生について考えさせられるほど、壮大なアンサーをくれるGENKINGさん。
「私にだって“芸能人になる”夢が叶えられたんだから、どんな女の子にだってチャンスがある。」と、繰り返し何度も話してくださいました。

自分のなりたい自分に近づくための努力を続けることが、“幸せ”と“キレイ”への近道なのかもしれません……♡

------------------
Photographer : chiai
------------------

GENKING(ゲンキング) インタビュー アウタービューティー 美容法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4MEEE

4MEEE編集部の公式アカウントです。

>もっとみる