一緒に成長できる彼氏の特徴とは?協力し合い支え合う関係が理想♡

LOVE

彼と付き合う意味は、一緒に成長できるから!
ある日から彼の歩みが止まれば、彼女だけの成長が前へ前へと進みます。
気がついたときには、もう二人には埋められない大きな溝が広がっている状態……。
せっかく時間をかけて愛を育むなら、尊敬し合えて同志のように毎日を楽しめる人が理想では?
今回は、一緒に成長できる彼氏の特徴をご紹介します。

一緒に成長できる彼氏の特徴#1「何も気にせず悩みを相談できる」

相談中のカップル

一緒に成長ができない彼氏には、彼女が自分よりも前に進むことを嫌がるという特徴があります。
彼女からしてみれば「嫉妬するくらいなら自分も前に進んでよ」と言いたくなるところですが、そういうわけにもいかないのかも……。

一方、一緒に成長できる彼氏の特徴は何も気にせず悩みを打ち明けられる人!
相談したときに「へぇ」とか「がんばっているね」とか、ありきたりなことだけではなく「もう十分がんばっているよ」「無理だけはしないで」と、一歩踏み込んだアドバイスができる人は、一緒に成長しようと努力をしています。

成長が止まった彼は、まず人の話を聞かなくなりますよ。
正しくいえば、聞いているフリをするのです。
「俺は彼女の悩みを聞いてあげている」オーラだけ、なぜかだします。

彼と一緒に過ごしている間「これは話してもいいのかな」「この話題は、やめておこう」と、ひとりでがんばっているなら、目の前の彼は運命の相手ではありません。
悩みを打ち明けられないなら、彼はただの友人の一人と変わらないのです。

一緒に成長できる彼氏の特徴#2「女性特有の体調不良について理解している」

生理中の女性

女性の場合、男性とは違い生理の仕組みがありますよね。
毎日、普通に過ごしているようで実は生理周期の影響を受けています。
たとえば人によっては、生理前だけではなく、排卵日付近も具合が悪くなるという人もいるのではないでしょうか。

つまり一か月のうち、少なくとも三週間(排卵日、生理前、生理中)は体調が悪いといっても間違ってはいません。
そんな女性特有の体調不良に対し、彼は理解のある人ですか?
相手が彼の場合、どうしても甘えさせてもらって「今日は体調が悪いから」と、ドタキャンすることもあるでしょう。

それでも「いいよ、また今度ね」と、すぐに了承してくれるなら問題なし♪
ただ一緒に成長できない彼氏の場合、体調不良によるドタキャンが続くと、すぐに不機嫌になるという特徴があります。
俺は理解しているフリをしているだけであって、彼女がどれだけ今、体調的につらいのかを分かっていません。

一緒に成長できる彼氏は、生理がどんなものなのか、生理周期でどんな影響があるのか、最低限の知識を得ようとしてくれます。

一緒に成長できる彼氏の特徴#3「少しわがままを言っても温かく受け止めてくれる」

寄り添うカップル

一緒に成長できる彼氏!
もしくは自分以上に成長している彼は、少しわがままをいっただけでは怒りません。
むしろ「可愛い」と思うほどの包容力があるのが特徴です。

成長できない、幼い男性は「荷物持っていてほしい」とお願いするだけで嫌な顔をし、さらには「自分の荷物は自分でもちなよ」と、ありきたりな正論をかざします。
一緒に成長できない彼は、すべて自分のことは自分でやらせるんです。

しかし、紳士的な男性は積極的に女性のサポートに回ります。
買い物をする中で荷物が多くなってきたら、自然と持ってくれるような気遣いを感じると「この人となら、ずっと一緒にいれそう」と思うものです。

少しわがままをいっただけで必要以上に怒る人は、そもそも一緒に成長する気がありません。
「お互いに支え合えたら」という言葉は表面上いっているだけだといえるでしょう。

一緒に成長できる彼氏の特徴#4「彼の方からアドバイスを求めてくる」

カフェで過ごすカップル

一緒に成長できない彼氏と付き合っていると、お互いがライバル状態に……。
彼との関係性に違和感を覚え、彼に対し「ライバルではなく同志になろう」と訴えても、彼は彼女が自分以上に活躍することをよしとしません。

心のどこかでは応援したい気持ちをもちながらも、どうしても嫉妬めいた感情をもってしまう特徴が……。
成長できないのは、彼女以上に彼自身がつらいでしょう。

では、一緒に成長できる彼氏とは一体どんな特徴があるのか?
成長できる彼氏は、彼の方からアドバイスを求めてきます。
「今、仕事で悩んでいて。〇〇はどう思う?これで正しいかな?」と、自分の弱さをさらけだします。

お互いをライバルとは思わず、ちゃんとパートナーとしての認識ができているのです。
彼女が自分以上に活躍しようとも、自分は仕事をしている彼女が好きだから、と割り切れます。
嫉妬のような感情も、もちません。
だから、二人は一緒にいれるのでしょう。

要は彼の器がどれだけ広いかで二人が一緒に成長できるかどうかが変わってきてしまいます。
彼女の器だけが広く、いつも彼をリードしている状態では、いつかは彼女が酸欠状態に……。
そして、彼も走り続けられなくなり、溝が広がるだけです。

一緒に成長できる彼氏の特徴#5「共通の趣味を一緒に見つけてくれる」

自転車に乗るカップル

一緒に成長できない彼氏は、自分の成長に限界をつくるという特徴があります。
まだまだ若いというのに、早い段階からなぜか省エネモードに入るのです。

一方、ともに成長できる彼は、限界などつくらず、常に上を見続けるという特徴があります。
そのため、二人の関係がたとえマンネリになってしまっても、お互いが楽しめるプランを考えたり、改善したりと努力するんですよ。

彼女任せにせず、自分が動きます。
成長できない彼氏は仕事でもプライベートでも諦めグセがついているので、二人の関係においても必要以上にがんばろうとしません。
積極的に共通の趣味を見つけ、二人の時間が楽しくなるように配慮してくれる彼なら素敵ですよね。

「一緒に成長したい」という彼氏の気持ちも彼女には届きます。
運気を後ろへとさげるさげまん男子(一緒に成長できない彼)よりも、お互いが一緒にいることで運気が上がり、暮らしが豊かになるような人をパートナーとして選んでくださいね♡

一緒に成長できる彼氏の特徴#6「お互いにやりたいことを共有できる」

おしゃべりするカップル

一緒に成長できるのは、お互いが同じスピードで走れているから!
または、もともとの器の広さが同じだったからです。
成長しない彼氏とも、もしかしたら出会った時点では似た者同士だったのかもしれません。

しかし時間が経てば、人は成長します。
努力をしている人ほど、あっという間に階段を駆け上がってしまいます。
一つ人生のステージが上に上がると、彼氏が成長していない限り、結局、話す内容も偏りがちに……。

たとえばキャリアウーマンが仕事の成果を彼に話せないのは、彼の器が育ちきっていないからです。
一緒に成長できる相手であれば、お互いにやりたいことを共有できますよ。
このお互いにやりたいことを共有できるのも、一緒に成長できる彼氏の特徴のひとつ!
「こんなことがやりたい」「今度はこうしたい」と、やりたいことを共有できるのはストレス解消の時間にもなり、癒しの時間にもなります。

他の人にはいえないけど彼・彼女にはいえる、とお互いが同じように感じられているなら、成長スピードは完全に一致していますよ。
心配しなくても、これからも一緒に前に進めます。
少しでも相手が幼い、あるいは精神的に未熟すぎると思うなら、きっと今は安定していても、我慢の限界を迎えることになるのではないでしょうか。

一緒に成長できる彼氏の特徴はいかがでしたか?
一緒に成長できない彼氏に、しがみつく必要はありません。
一度ついてしまった「差」は、それ以上埋められません。
彼の努力が足りなかったのか、あるいは彼女の努力量が通常よりも多かったのかは分かりませんが、すれ違ったまま付き合うのは、お互いにとってストレスに……。
一緒に成長できる、大人なパートナーを選びましょう♡