正直面倒くさい!感情的な態度をとる彼とうまく付き合うコツ

LOVE

喧嘩をするたびに感情的になる彼。
「別れよう」が口癖で、毎回ひどい喧嘩をすることに。

少しでも仕事が忙しくなれば、意地悪めいたことを言ってくる…。
それでも彼が好きだから、どうにか上手く付き合っていかなければなりません。

そこで今回は、感情的な態度をとる彼氏とうまく付き合うコツをご紹介いたします。

感情的な態度をとる彼とうまく付き合うコツ①「お互いに完璧ではない」ことを忘れない

彼のことを感情的だと思っているように、彼もあなたのことを感情的だと感じているかもしれません。
本来は自分に厳しく、人には優しく過ごしていたいものですが、一番身近な彼にはつい厳しくなってしまうこともありますよね。

仕事が忙しくなれば連絡が途絶えて、休みが近づくとLINEの回数が増えて…。
「自分勝手」だと責めたくなる日もあるでしょう。

おそらく彼もあなたとやりとりしているうえで、女性ならではの感情的な部分を面倒くさいと思っているはずです。お互いに完璧ではなく、どちらにも欠点がある以上、彼だけを責め続けるのは、ちょっと違うかも…。

感情的な態度をとる彼とうまく付き合うコツ②彼が気持ちを言いやすいよう、質問をする

たとえば、デート中に彼が不機嫌になったとしましょう。
最初のうちは「どうしたの?」と聞いても、「なんでもない」と答えるはず。

しかし、本当に何もないのなら嫌な顔をするはずがありません。険悪な雰囲気になっているのは、彼がなにかしら不満を抱いているから…。

しばらく質問を続けてみましょう。

「暑くて疲れちゃった?」「この服、ダメだったかな?」と、怒りたい気持ちをおさえつつ、彼の引き出しをそっと開けるのです。そのうち彼が「あのさ」と、不満に思っていたことを語りだすでしょう。

感情的な態度をとる彼とうまく付き合うコツ③気持ちの上がり下がりがひどいときは会わずに放置

LINEで連絡を取り合っているだけでも、相手の気持ちの変化は分かるものです。
特に、長く付き合っている相手であれば「今は悩んでいるんだろう」「面倒くさいのだろう」と、彼の感情を読み取る力が備わります。

あきらかに感情の上がり下がりが激しく、一緒にいることであなたがストレスを感じる可能性が高いなら、デートも延期しましょう。

イライラしている彼とデートをしても、せっかくのお休みが台無しです。
デートを延期しても、次の週末には会えるでしょう。無理やり会おうとすると、最終的には彼と衝突することになります。

感情的な態度をとる彼とうまく付き合うコツ④必要以上に責めない

おそらく、彼の感情の上がり下がりが激しいのは、今に始まったことではないでしょう。
友人関係であったころも、付き合い始めのころも、フラフラな状態のときがたくさんあったはずです。

それでも彼を選んだ以上は、寄り添っていくしかありません。
彼を責めたところですぐ直るものではないし、彼になにかを要求するより、自分の器を広げたほうが誰よりもあなたが楽になります。

いかがでしたか?

感情的な彼を責めると、喧嘩はヒートアップしお互い疲れてしまいます。
スイッチが入ってしまったときは、一度距離を置き、落ち着くまでしばらく待ってあげましょう!