悩むのが趣味。「常に不安」の苦しみから解放されるには?

悩むのが趣味なんじゃないかというくらい、常に考えごとをしたり、不安になったりしている人はいませんか?
今回は、この苦しみから解放されるためにも「悩むのが趣味化する原因」を探ってみましょう!

悩むのが趣味化する原因① いつも暇だから

悩むのが趣味化する原因は、いつも暇だからかもしれません。

仕事以外の時間や人と会っていない時間に何もすることがないとなると、考えごとをする時間を十分に確保できますね。
考えごとをする時間が必要なときもありますが、時間がありすぎると余計なことも頭に浮かびそう……。

「趣味を見つけたり、おひとり様行動力を鍛えたりしたら悩むことが減った」なんて声も聞かれるので、心当たりがあるなら、暇な時間を減らすことから始めたいところです♪

悩むのが趣味化する原因② 自分のことしか気にかけていないから

悩むのが趣味化する原因は、自分のことしか気にかけていないからかもしれません。

常に悩んでいる人の中には、「どうして私だけこんなに不幸なんだろう」「周囲の人からどう見られているんだろう」なんて、自分に焦点を当て続けた結果、視野が狭くなり不安を大きくしている人もいます……。

思い当たる人は、少し視野を広げて周囲の人への思いやりの心を育ててみれば、このような悩みは薄くなるのではないでしょうか。

悩むのが趣味化する原因③ 本気で解決しようとしていないから

常に考えごとをしたり、不安になったりしているだけで、悩みと向き合っていないのではありませんか?
悩むのが趣味化する原因は、本気で解決しようとしていないからかもしれませんよ。

特に、後回し癖のある人は問題に直面したとき、“考えたり、不安になったりして疲れると問題から目をそらす……”なんてことをくり返しがちなので、同じことで悩み続けます。

これを機会に本気で解決する努力をしないと、同じことを永遠にくり返してしまいますよ!

悩むのが趣味化する原因④ 悩みごとを会話の武器にしてしまっているから

悩むのが趣味化する原因は、悩みごとを必要なものにしてしまっているからかもしれません。

たとえば、仕事や恋愛のちょっとした悩みは友達との会話の話題に使えることがありますね。
もし、悩みごとが会話の武器になったとしたら、手放したくないと思ってしまうでしょう……。

③の「悩みごとを本気で解決しようとしていない人」にも、武器にしてしまっている人が多そうですね。

これ以上趣味化させたくないなら、ちょっとした悩みを他人に話すのは控えたいところ。
むやみやたらに相談するのが当たり前になれば、自分で解決する力を妨げることになってしまうかもしれませんよ!

ダラダラと悩むのはもうやめよう。不安が生まれたら、とりあえず落ち着いて♪

悩むのは悪いことではありませんが、ちょっとしたことでいちいち悩んだり、余計なことにとらわれたりしているなら、対策が必要ですね。

ダラダラと悩むのは、もうやめましょう。
問題が起きたり不安が生まれたりしたら、とりあえず落ち着いてください。
冷静さを取り戻して、余計なことにとらわれていると気づいたら、そこでストップ!

もし、悩むのを止められないなら外に出たり、友達に電話したりして、他のことに頭を使えるような環境をつくるといいでしょう。
悩む癖をやめようとするのではなく、少しずつやわらげていくのが、趣味化を止める大きな一歩ですよ♪
「悩むのが趣味化する原因」を探ってみました。
悩みが全くないなんて人は、そうそういないと思います。
“悩みがあるのは自然なんだ”と、適度にあきらめることも大事ですよ♪

悩む 趣味 原因 不安 ストレス 対策 解決 方法

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる