神崎恵さん直伝!"二度見されるオーラ肌”メイク♡<後編>

BEAUTY

LANCOME(ランコム)タンミラクリキッド新作発表会で行われた、ビューティ・ライフスタイリスト神崎恵さんによる、"二度見されるオーラ肌"メイク。ベースメイクの<前編>に続き、ポイントメイクの<後編>をお届けします♡

"素まぶたシャドウ"でナチュラルなうるめきを♡

<前編>でベースメイクが完成したので、次はアイシャドウから♪
オーラ肌メイクのアイシャドウのポイントは、指を使って、ベージュ系のアイシャドウを、まぶたに溶け込ませるようにのせること!

アイシャドウのポイントとして、色を感じさせたい時はチップ、ふんわりさせたいときはブラシ、溶け込ませたいときには指を使うのが正解なんだそう。これを"素まぶたシャドウ"と呼んでいました♪

また、涙袋部分のハイライトは、一直線に塗るのではなく、黒目の下だけにのせることによって、瞳がうるめいて見えるそうです♡
締め色はブラウンで、目を開けたときに見える位置に入れることで、とろんとした色っぽい目もとに。デモンストレーションでは【LANCOME(ランコム) イプノパレット】を使用していました。

アイブロウ・マスカラはナチュラルに♪

まゆげのポイントは、毛を一本一本描くように、アイブロウペンシルを動かすこと。
眉毛って、眉頭の毛は下から上へ、中央の毛は斜め上へ、眉尻の毛は斜め下に向かって生えているので、それぞれの毛流れに沿ってペンシルを動かすことで、ナチュラルで美しい眉に仕上がります♡
ちなみに、眉が薄くて長いと、目が小さく見えてしまうので、しっかり入れていくようにしましょう。

また、マスカラはブラシの小さい【LANCOME(ランコム) イプノ ミニマキシ】を使用。日本人は目が小ぶりなので、小さなブラシのマスカラでつけることで、産毛をまつ毛に見せて、ボリュームアップできるそうです♪
マスカラは、ダマにならないように、軽くなでるようにつけるだけでOK。
ちなみに、クマが深い人や、上からライトが当たる場合は、下まつ毛は塗らない方がいいのだそう!

チークは川の字で♡可愛く見えるプラスαも!

チークは、黒目の外側に入れるようにします。
黒目の内側に入れると幼い印象に、また、法令線の近くに入れると、頬が下がって老けて見えてしまうそう。【LANCOME(ランコム) ブラッシュ スプティル】で、川の字を描くようなイメージで、チークを入れていきます。

神崎恵さんいわく、目の近くに赤があると、泣いたあとのような可愛さが出るのだとか!頬と目の間に薄く赤を入れたり、目と目の間にさっと薄く色を入れることで、可愛らしいニュアンスを演出できますよ。
また、チークのあとにもハンドプレスすることで、ツヤ感もキープできます♪

リップは濃いめに、ヘアには揺れ感を♡

リップメイクで大事なのは、ヌード感。
リップは、口角がはみ出るとだらしない印象になってしまいますが、くちびる中央部分の上と下は、はみ出すと可愛い印象になるので、意識してみて!リップには【LANCOME(ランコム) リップラヴァー】を使用していました♪

ちなみに、メイクが完成したら髪を下ろして、バランスを見ながらヘアスタイルを調整していくといいそう。ステージでは、仕上げに大ぶりのピアスで揺れ感を演出していました♡

いかがでしたか?神崎恵さんの"二度見”されるオーラ肌メイクで、思わず二度見される魅力的な女性になって、新しい恋を見つけてみてはいかがでしょうか♡