好きアピールが苦手でも大丈夫。すぐにできる気持ちの伝え方4つ

LOVE

恋人がいる人でもいない人でも、好きという気持ちを伝えるのが恥ずかしいと思ってしまう方へ、身近にできる気持ちの伝え方をご紹介します♪

アピールが苦手でもできる気持ちの伝え方①付き合う前:メッセージカード、付箋

付き合う前に少し気になる人にアピールしたいとき、いきなり好きなんて言えないですよね。

そんな時に便利なのが、メッセージカードや付箋♡

バレンタインや誕生日などで相手にプレゼントをあげる時、手紙ほど重くなく、でも気持ちが伝わりますよね♪

同じ学校や職場、バイト先の人の場合なら、終わった後に差し入れとしてお菓子や飲み物と一緒に付箋にメッセージを書くのも特別感があっていいかもしれません♪

LINEなどのSNS時代の今、あえて手書きでメッセージを書けば相手もグっとくるかも?

アピールが苦手でもできる気持ちの伝え方②付き合う前:お土産、差し入れ作戦♪

付き合う前だけれど距離を縮めたい時は、お土産・差し入れ作戦が有効です♪

旅行やおでかけの時にお土産を買っていけば、相手に好意を持っていることを伝えることができます♪

差し入れも、興味のない人にはあげませんよね?

気持ちがバレバレですが、「○○さんだけ特別」ということを強調すると良いかも♡

アピールが苦手でもできる気持ちの伝え方③付き合ってから:彼に似合うものをチョイスでプチプレゼント♪

付き合ってから気持ちを伝えるのが恥ずかしい時、彼が気になっていたものや似合いそうなモノをプレゼントしてみては?

彼のことをいつも考えていて、一生懸命選んでくれたと分かったら嬉しいはず。

ネクタイやハンカチなど小物でも良いので、彼のために選んであげてみてください♪

プレゼントと一緒に日頃の感謝の気持ちを込めてメッセージも付け加えると、さらに気持ちが伝わるはず。

アピールが苦手でもできる気持ちの伝え方④付き合ってから:会ってすぐ褒める♡

長く付き合うと、なかなか相手のことを褒めたり、好きな気持ちを伝えるのが恥ずかしくなってくるかもしれません。

そのような場合、会ってすぐに相手のことを褒めるといいでしょう。

会ったテンションでそのまま褒めてあげれば、会いたくて仕方なかった思いが伝わるでしょう♪

恥ずかしいのは最初だけで、後はいつもどおり過ごせます♡

恋人がいる人もいない人も、ちょっとしたひと工夫で気持ちは伝わります♪
不自然だと不思議がられてしまうかもしれないので、さりげなくできるといいですね。