雑誌連動

いい女最愛の小物ストーリー「バーキンを持つことでエルメスの虜に♡」

FASHION

♡4MEEE Vol.4 p.84〜「いい女は小物で差をつける!」

起業や転職などの節目や誕生日には、がんばってきた自分へのご褒美に特別なアイテムを手に入れたいもの。
その最高峰はなんといってもバーキン!3人の女性の素敵なストーリーをご紹介。
まずはスタイリストとして活躍する富張愛(とみはりめぐみ)さんの小物ストーリを聞いてみました。

バーキンを持つことでエルメスの虜になりました

本広告やTVなどでスタイリストとして活躍する冨張さんは、大のエルメス好き。バーキンはもちろん、アクセサリーなどの小物も含めたエルメスの魅力に取りつかれたひとり!

「エルメスには母や祖母に連れられて、小さい頃からよく行ってました。でも20代前半ぐらいまでは、もっと派手なトレンド小物が好きで、エルメスは全然自分にはまだ早いオトナのブランドというイメージでした。」


そんな冨張さんを変えたのは、社会人になって訪れたエルメスのパーティー。

「そこに集まっている人たちがすごく品が良くて、素敵でした。シンプルだけど小物で遊んでいたり、年齢を重ねてもおしゃれを楽しんでいる方がたくさんいて、エルメスに魅了されたきっかけでもあります。」

お洋服もバーキンのカラーに合わせてコーデすることが多いです

ファーストバーキンと運命の出会いを果たしたのは25歳のとき。


「バーキンは24歳の時に探しはじめました。身の丈に合っていないことは百も承知でしたが、いろんな店舗をのぞいたりしてました。30には出会えたんですが、私はどうしても25がよかったので、25のニュアンスカラーを探していて……。ある日スタッフの方がこれはどうですか?って!ようやくこのグリムエットの25、ファーストバーキンに出会うことができました。」

それから1年にひとつずつバーキンが増えているそう。


「がんばった自分へのご褒美のようになってます (笑) 。ベーシックで流行りがないのが本当に魅力ですね。今では流行りものが大好きだった私が、一生もののエルメスを少しずつ集めていきたいなと思ってます。知れば知るほど奥が深くて、魅了されるバッグです。」

4MEEE Vol.4

¥680

販売サイトをチェック

あなたもハイブランドアイテムを手に入れて♡

3人の女性が語る、「最愛小物」。
4MEEE Vol.4では、さらに思い入れの深いエピソードも特集してます。
自分の最愛小物をさがすためのヒントにぜひチェックしてみてくださいね。