同じ“意識高い系”でも実は全く違う!モテと非モテの境界線

LOVE

向上心をもつ、常に前に進んでいく姿は誰からみても輝かしく映るもの。
しかし、同じことをしていても、モテる女性もいれば、なぜか男性から距離を置かれてしまう女性もいます。

もしかしたら、本人も気がつかないところで、方向性がズレている可能性も。
今ならまだ軌道修正が間に合うかもしれませんよ♡
今回は、同じ“意識高い系”でもモテる女子とモテない女子の違いについてご紹介します。

意識高い系でもモテる人がいる理由①モテる人は控えめでお上品

意識が高くても煙たがられず、男性から一目置かれる女性たちは、あまりガツガツとしている姿をみせません。もちろん、SNSにも終始、がんばっている姿は公開しないんです。

見た目からしてお上品で、一緒に過ごしていてもどこか控え目。でもアクティブな日々を過ごしている話を聞くと、男性たちは興味津々に。

ベールに隠されている部分があるからこそ、彼女たちが放つオーラはどこかミステリアスで、あきらかに誰よりも努力を積み重ねていることは分かっても、プライベートが公にされていないからこそ、相手も意識高い系だとしてもきっと近寄ってくるのでしょう。

意識高い系でもモテる人がいる理由②自分のためにやっている

向上心をもち続けることは、誰にでもできるものではありません。

しかし、自分磨きをするにしても誰かに「いいね!」と言ってもらいたくて、ヨガを習ったりランニングをしたりしているわけではありません。

本来は何か成し遂げたくてチャレンジするという流れのはずなのに、最近はSNSのネタとして活用できることを探したうえでチャレンジしていく流れが当たり前になりつつあります。
とはいっても自己主張が強すぎる女性は、あまり男性ウケしません。

なぜなら男性たちは日頃の疲れを癒してほしくてお付き合いする女性を探すんですから、自分の話をする人よりも聞き上手を求めているのです。
意識が高いことは大切ですが、方向性を誤るとモテない原因になりますよ♡

意識高い系でもモテる人がいる理由③仕事も全力

意識が高く、キラキラとしていて美しい。
そう思える女性たちは、仕事にも夢中になっているものです。

男性に負けないくらい夜通し働いている人、定時に上がれるようにと効率化に励んでいる人、二足のわらじを履いている人、と今の働く女性たちは、とにかくがんばり屋さん。

大人になればなるほど、お付き合いする相手との結婚は考えなくてはいけません。
だからこそ、男性たちもただ遊んでいるだけではなく、地に足をついて、自分らしく過ごせる人を求めています。

遊ぶように仕事をしている女性の目は、どこかキラキラとして惹きつけられるものなんです♡

意識高い系でもモテる人がいる理由④自分磨きを怠らない

せっかく意識が高いのに、仕事よりも遊びに夢中になっている大人女子たちは意外と多かったり。

たとえば普通に仕事をしていても週末には女子会の様子をSNSにアップしたり、暇さえあればディズニーに行ったり、クラブだかバーだか分からないお店に通いだしたりと多種多様……。

仕事をしながら資格勉強をしている人と、仕事が終わった途端に遊びに行ってしまう人とでは、どちらが男性からモテるかは一目瞭然。
意識が高くても残念な方向に向かってしまっているのなら、今のうちに方向性を再設定しないと間に合わなくなりますよ。

意識高い系でもモテる・モテないに分かれてしまう原因は、きっと力を入れるポイントが違ってしまっているのでしょう。
自分でうすうす間違っていることに気づいているなら、そろそろ目を覚ましてください。
30歳になってから今までの人生を後悔しないように、今のうちに自分ともよく向き合っておきましょう♡