「結婚はいつ?」に待った!両親のプレッシャーから楽になる方法

実家暮らしをしている自分も悪いけれど……。
両親は口を開くたびに「結婚しないの?」「いつになったら自立するのかな」と、釘をさしてくる。まともに向き合っていたら、身体も心ももたなくなってしまいます。
完全にメーターが振り切れる前に、両親との関係性を見直しましょう。
今回は、両親のプレッシャーから楽になる方法をご紹介いたします。

結婚はいつ?両親のプレッシャーから楽になる方法①「両親のための結婚ではない」と確認

どんなに両親からのプレッシャーがつらくても、勘違いしてはいけないのは、両親のために結婚するわけではないということ。
自分の人生はあくまでも、自分自身で選ぶものです。

どうしても結婚相手が見つからず、なおかつ誰かと一緒に暮らす姿を思い描けないなら、一人で過ごすという選択肢ももちろんありです。

「なにがなんでも結婚しなければいけない」と焦ると、さらに状況が悪化していくでしょう。
両親に結婚について聞かれても適当に受け流し、100%で受け取らないことが一つのポイントになってきます!

結婚はいつ?両親のプレッシャーから楽になる方法②自分の人生は自分で選ぶ

あまりにも両親から結婚の圧力がすごければ、いっそのこと「自分の人生だから自分で決める」とはっきり宣言してみてはいかがでしょう?

あるいは「当分、結婚する予定はないから、もう言わないで」と釘をさしておいたほうがいいかもしれません。自分の人生は自分で決めるのが大前提。

たとえ生まれて最初の頃は、両親にお世話になったとしても、最終的にどんな人生を選ぶかは、自分が決めればいいのです。
両親のプレッシャーに流されないように、軸はしっかりもっておきましょう♡

結婚はいつ?両親のプレッシャーから楽になる方法③うまくいかないことを親のせいにしない

両親からの結婚のプレッシャーに悩んでいる方は、きっと彼氏がいれば、まだ適当に受け流すだけのキャパが残っているでしょう。

今はシングルで自分なりにがんばっている途中だからこそ、一番の味方でいてほしい両親から、あれこれと言われるのは我慢できないはずです。

婚活がうまくいかないのは、きっとたまたまタイミングが重ならないだけ。
くれぐれも、両親のせいにして八つ当たりしないように♡

結婚はいつ?両親のプレッシャーから楽になる方法④「しばらくは結婚しない」と宣言する

何度も何度も両親からプレッシャーをかけられているなら「しばらく結婚するつもりはない」と、はっきりと大声で宣言しましょう。

予定がないからこそ一人で覚悟を決めて過ごしていることを、両親にも分かってもらう必要があります。
相手が特にいないことも一緒に伝えて、両親には安易な期待をしないように、よく諭しておきます。

仮に運よく彼氏ができたとしても、最終決定(入籍)が決まるまでは、報告するのを控えたほうがよさそう!
両親も娘のことが心配だからこそ、本人が嫌がっていても、結婚に対してプレッシャーをかけてしまうのでしょう。
受け取るこちらとしてはプレッシャーと感じていても、両親はただ心配しているだけかもしれません。
ここは大人な対応を心がけて、家族で支え合いつつ、充実した日々を過ごしてまいりましょう♡

【関連記事】私の運命の相手はどこ?婚活パーティーで失敗しないための心得5つ

♡4MEEE magazine p.96〜「“最幸”に幸せな結婚をするには」合コンよりも結婚相手探しに直結し...

両親 結婚 プレッシャー 楽になる

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる