男を立てる!オンナの優しい嘘4つ

LOVE

男性も女性も、お付き合いしている間柄ではできるだけ隠しごとをしたくありませんよね。
しかし、お付き合いしていると、大切な相手を傷つけないためにも嘘をつかないといけない状況が出てきます。
今回は女性が男性を傷つけないためについてしまう優しい嘘をご紹介します。

オンナの優しい嘘① 飲み会に異性がいても言わない

恋人同士だったら、会わない時間の予定もお互いある程度把握しているはず。

女性は恋人に異性のことをあまり話さないようにします。
自分は全然なんとも思っていない男性のことで、無駄に恋人を心配させたくないからです。

仲の良い男女メンバーで飲むことになっていて「今夜はなにしてるの?」と恋人から聞かれたら、「飲みにいくよ♪」と誰と行くかを抜かして予定を伝えます。

「誰と行くの?」と詳しく聞かれたら「女友達だよー!」と男性の影を感じさせないようにします。

オンナの優しい嘘② 男性のコンプレックスには気付かないフリ

人間誰だってコンプレックスを持っているもの。

男性も「背が低い」「毛深い」「肌が汚い」など自分なりのコンプレックスを抱えていることと思います。女性はあなたのコンプレックスには既に気付いているもの。でも、大切な男性のコンプレックスはむしろ愛しい部分でもあります。

だから、お酒を飲んだときや、ふとしたときに恋人からコンプレックスを打ち明けられても、「え?そうかなー?それ、コンプレックスなんだ。気付かなかった!」と答えるのです。

オンナの優しい嘘③ 体の相性は「最高」と伝える

恋愛において体の相性は重要ですよね。
特に女性は男性以上に「自分好みの体か」が満足度を高めるものなんです。

男性は、体の相性が合わないと「別れよう」という決断に至ってしまうようですが、女性は最大限相手に合わせようとするので体の相性が合わないことは大きな問題ではありません。

なので、相性が合わなくてもあなたに「最高!」と伝えるのです。

オンナの優しい嘘④ 寂しいけれど「大丈夫」と振る舞う

どんな女性だって寂しいときがあるんです。
最も多いのは、お互いに忙しくてなかなか会えず寂しいという状況ではないでしょうか。

なかなか会えないときに限って辛いことや悲しいことが起こって、負のスパイラルに陥りがち。
そんなときにでも女性は「大丈夫!」と言って、恋人に負担をかけないようにするのです。

大切な女性の「大丈夫」は、「大丈夫じゃない」ということを覚えておきましょう。

大切な人を思ってつく優しい嘘。もしかしたらあなたの彼女も優しい嘘をついているかも知れませんね。
たまには女性の何気ない言葉を深く考えてみてはいかがでしょうか?