男性が苦手は嘘?本当?「女子校出身」の子に彼氏ができない真相

LOVE

女子校出身のあなたも、周りに女子校出身の友達がいるあなたも、ついつい感じてしまう「女子校あるある」。
その中で共通して浮かぶのは「女子校出身だから彼氏ができない」「だから男性が苦手」疑惑。
果たしてこれは本当なのでしょうか?真相を探ります♡

「女子校出身」だと彼氏ができない理由①男性への優先度が下がり気味!

女性だけの世界で生きていると、当然男性と接する機会が減ります。
そうすると、自然と男性のことは目に入らなくなり、女友達と遊んだり、家族と出かけたりする機会が増えてきます。

そうした環境に慣れたために、社会に出て男性と接する機会を得たり、いざお付き合いするか迷ったときに、女友達や家族を最優先にしてしまうのです。

彼氏がいなくても寂しくない、楽しい……こうした状況だと、あえて彼氏を作る必要性を感じられなくなってしまうもの。
でも「必要か必要でないか」を考えていては彼氏はできません!

「この人と一緒にいたら楽しい」という純粋な気持ちを大切にすると良いでしょう♪

「女子校出身」だと彼氏ができない理由②自分でなんとかできる「たくましさ」がある

男性は「頼られたい」「頼ってくる女の子がかわいい」と思うもの。

しかし女子校で育つと、精神的にはみんな平等。お互い協力し合うことがあっても、誰かにも頼りすぎるといったことはあまりありません。

いざ共学に進学したときに、ついつい男性に対して「自分でやれるよ」とサバサバした反応をしたり、社会に出て先輩や男性の同僚に頼れない……といった状況になってしまいます。

「女子校出身」だと彼氏ができない理由③自立している

また、たくましさが根強いてしまうと、男性にイニシアチブを取られないよう、駆け引きを無理にしようとするケースもあります。

女性として自立しなきゃ!という思いが強いからこそ、頼ることに後ろめたさを感じてしまっているのかもしれません。

「なんでも自分でやらなきゃ」と思う必要はありません。
思い切って心を開き、相談したり、「これをやって欲しい」とお願いしてみましょう。
グンと男性と距離を近づけることができますよ♡

「女子校出身」だと彼氏ができない理由④女社会での処世術が恋愛にも影響する!?

女子校や、女性ばかりの職場にいると、自然と身についてくるのが「処世術」。
学生の頃、友達のグループ同士で仲間割れをしたり、人間関係に変動が大きかったなと思う方も多いのでは?

付かず離れずの関係がベストで、必要な時に連絡を取り、必要のない時には特に絡まない……そうすることで、関係性を長く築くことを覚えてきました。
女子校出身の方は、よほど仲の良い子を除いては、深入りしない人間関係を作ってきた傾向があります。

だからこそいざ彼氏という、“未来の家族になるかもしれない人”と関係を築くことに時間がかかったり、途中で諦めてしまう女性もいます。
適度な距離感を保つことは大切ですが、恋人が欲しいのであれば人間関係に遠慮ばかりしていてはダメですよ!

「女子校出身」だと彼氏ができない理由⑤「女子校出身だから。」の余裕感

「もともと女子校だから出会いがなかった」がスタート地点の女子校出身の女性。

周りの友達もなかなか彼氏を作らないという余裕、そして自分も共学への進学や社会に出れば自然に彼氏ができるだろう……という考えは赤信号です!
気がついたら、ずるずると彼氏いない歴=年齢になってしまうケースもありますよ。

いざ恋愛をしようと思っても、何からどうすればいいかわからない焦りで、なかなか彼氏ができない状況に陥ることだってあります。

女子校でも共学でも恋愛のチャンスは同等!
出会いや発展は、思わぬところで起こるもの。心の余裕は持ったまま、感じるままに従ってみましょう♡

女子校出身の女性に彼氏ができない本当の理由、いかがでした?♡
振り返ってみると、女子校出身の人に限らないことなのではないでしょうか。
環境から、なかなか恋愛体質になれない場合もあります。あなたも振り返ってみて、こうした傾向が自分にないかチェックしてみてくださいね♪