長く付き合った恋人と別れる時の注意点。本当に終止符を打つの?

LOVE

交際してから、5年以上の範囲になってくると入籍していないだけであって、関係自体は夫婦と変わらない空気感になってくるでしょう。
残念ながら長く付き合ったとしても、別れは突然訪れるもの。
もし、長く付き合った恋人と別れるなら、心づもりが必要そうです……。

長く付き合った恋人と別れる前に……。本当に別れても後悔しない?

長く付き合ったうえで別れたいと思う原因は、人それぞれ。
ただよく聞く話としては、交際期間が長すぎたうえに結婚まで行き届かなかったことが原因となり、最終的にはそれぞれ新しいパートナーをみつけて結婚するもの。

しかし交際期間が5年以上になる場合は、別れたいと思っても慎重に動かないと、後々振り返った時に、ものすごく後悔する可能性があります。
そもそも、本当に別れても後悔しない自信はありますか?

今の段階ではあくまでも彼がいる状態だからこそ、寂しくない、一人でも生きていけると思えるのかもしれません。
本当に一人になっても、今の状態を保っていられるのかどうか、よく考えてみましょう。

長く付き合った恋人と別れる時の注意点:夫婦とあまり変わらない

5年以上付き合っている場合、正式なかたちをとっていないだけで夫婦のような空気感になってくるでしょう。

中途半端な関係に納得がいかなくなっているなら、恋人と別れるのではなく、正式に夫婦になる方向で考えてみてはいかがでしょう?

今まで時間だけが過ぎ、改めて話す機会がなかっただけなら、彼に改めて気持ちを伝えてみるのもあり!

彼の気持ちを勝手に決めつけて、結婚してくれる相手を探すのは、5年以上付き合ってきた相手に対して、あまりにも失礼すぎる話かもしれません……。

長く付き合った恋人と別れる時の注意点:人がいる場所で話し合いをする

長く付き合った恋人と別れたいと思っても、今までの一緒にいた時間が長い以上、そんなに簡単には区切れないでしょう。

どちらかが浮気をした、どちらも浮気をしたなど、突発的な何かが起きていない限り、最終的に別れるとしても時間をかけながら話し合いをしていく必要があります。

ただし、二人きりの空間で話すと感情的な態度をとりかねないため、ほどよく人がいるカフェで話し合いを進めるといいでしょう。

周りに聞かれたくないならテラスに出たり、テイクアウトだけして広い公園で話したりと、話しやすい環境をつくってみてくださいね♪

長く付き合った恋人と別れる時の注意点:一度の話し合いで完結させない

長く付き合った恋人と別れたいという衝動に駆られると、すべてのことをすぐに終わらせたくなります。

しかし彼との時間は、簡単に終わらせられるほどのものではないでしょう。
一度の話し合いですべてが解決しなくても、まだお互いに話し合おうとする姿勢があるなら、どうにか方向性を合わせていく方針で踏みとどまるしかありません。

もちろん別れるという選択肢も十分考えられますが、きっとよほど衝撃的な出来事がない限り、今までの時間を無視してまで別れを選ぶことは、あまりないはずです……。

いかがでしたか?長く付き合った恋人と別れるにしても、続けるにしても焦ってはいけません。
長く付き合ってきたからこそ、最後もキレイにまとめないと、お互い次に進めなくなってしまいます。
勢いで「別れ」を突き付けて後悔だけはしないように♡