実は男ウケが悪いメイクの特徴をcheck!勘違い女子急増中!?

BEAUTY

流行しているメイクやファッション中でも、実は男ウケが悪いものがあるんです。
せっかく頑張ってトレンドのメイクをしているのに、印象が悪いなんて残念ですよね。
今回は、女性がおしゃれだと思ってしているメイクの中で、男ウケがあまりよくないものをご紹介します。

実は男ウケが悪いメイク①顔立ちに合っていない太眉

マスカラを塗る女性

雑誌などでよくみる太眉!
ハーフ顔に近づけるということもあり、多くの女性が取り入れてますよね。
しかし、実は太眉って男ウケが悪い場合が多いんです。

太く凛々しい眉毛は、男性らしさを強調してしまいます。
男性から見ると、女性らしさを感じにくいといえます。

無理やり太眉にすると眉毛が強調されてバランスが悪く、ダサい印象に見られてしまうこともあるんですよ。

無理やり太眉にするのではなく、きちんと毛を生やしてからチャレンジしてみてください♪

また、「自分には似合わないな」と思ったらやめることも大切です。
それぞれの顔にあった眉毛にするのが1番ですよ♡

顔の他のパーツのバランスを見ながら、眉の太さを決めましょう。
目がぱっちりとして大きめな人はやや太めに、目が小さくつぶらな人はやや細めを意識してメイクしてみて!

目の縦の幅の3分の2くらいの太さを意識すると、バランスよく仕上がりやすいですよ。

実は男ウケが悪いメイク②バサバサまつげ

女性の横顔

目を大きく見せようと、マスカラやつけまつげをして、目元をバサバサにするメイクをしている女性もいますよね。

これも、男ウケが悪い傾向があるメイクです。
最近の男性は、もとの顔立ちを活かしたナチュラルメイクを好む人が多くなってきました。

ビューラーを使用して丁寧にまつげを上げ、ロングタイプのマスカラで長さを出す方法がおすすめ!
ダマにならないように、とりすぎたマスカラ液はティッシュでオフし、調節しながら使用しましょう。

まつげがバサバサだと目も見えにくいですし、「汚い」と感じてしまう男性もいるようです。

つけまつげをつけるのなら1枚だけ!
つけまつげをつけたらマスカラは自まつ毛と馴染ませるために軽くのせるくらいにするのが良いですよ♪

まつ毛を盛りすぎるとケバい印象を与えやすいだけでなく、まつ毛の重さにまぶたが引っ張られて、かえって目が小さく見えてしまうことも……。

どうしてもつけまつげを使用したい場合、小さくカットして目尻だけに使用するのがいいのではないでしょうか。

実は男ウケが悪いメイク③涙袋強調メイク

鏡を見る女性

目の幅自体は変わらなくても、涙袋がある方が目元の存在感を強調しやすいので、涙袋を強調するメイクは一時期爆発的なブームになりました。

目が大きく見えるように、目の下に白のアイシャドウを入れたりなどして、工夫してる人は多いことでしょう。

ですが、男性から見たらどうして涙袋を大きく見せているのか分からず、「不自然で違和感がある」と思ってしまうようです。

涙袋を強調しすぎると、下まぶたの存在感が大きくなりすぎてしまい、かえってアンバランスな目元に見えてしまうことがあるよう……。

男ウケが悪い目元を避けるには、涙袋をことさら際立たせないメイクを心がけましょう。
変に涙袋を大きく見せようとせず、全体的なバランスを見てメイクすることが大事ですよ♪

実は男ウケが悪いメイク④不自然な二重まぶた

女性の目

外国人のようなぱっちりとした大きな二重まぶたに憧れて、もともとは一重なのにテープやまぶた用の接着剤を使用して二重メイクをしているという人は多いのではないでしょうか。

メイク仕立てはきれいに見えても、よく見るとテープが埋まっているのが見えたり接着剤の周囲がよれていたりと、周囲からは粗が見えていることがあります。

無理をして二重を作っているようなメイクは、不自然な印象に見えてしまいがち……。

二重メイクは素顔との落差が大きくなってしまう点も、男ウケが悪いポイントです。
メイクをした顔は可愛いのに、素顔の顔は好みではないという事態になってしまうのも悲しいですよね。

無理な二重メイクはしないようにしましょう!

実は男ウケが悪いメイク⑤濃いカラーのアイシャドウ

濃いメイクの女性

目元は顔の印象を大きく左右する特徴があります。
男ウケを意識したメイクをしたいときは、アイシャドウに派手なカラーを使わない方がいいでしょう。

ラメがたっぷり入ったグリーンやパープルは、男ウケが悪いアイカラー……。
女性から見るとモードでかっこいいメイクに見えても、男性から見ると奇抜で親しめないメイクに見えることが多いです。

遊び心のあるメイクは女子会用にとっておいた方がいいかもしれませんね。

肌からかけ離れた色を使用するよりも、ベージュ系やブラウン系のカラーを使用した方がナチュラルに可愛く見えますよ。

また、アイシャドウにはさまざまな質感のものがあります。
たとえば、マットタイプやパールタイプなど!

マットなアイシャドウの中には、美容オイルを配合していてパサつき感が出にくいタイプもあります。
マットなベージュを重ねると、しっとり感のあるヌーディーな目元になりますよ。

パール感があるタイプを選べば、べったりと色が付きにくく、シマーな色づきになります。
目元にツヤ感を出したいときにもおすすめ♪

ナチュラルなカラーを使用して、ニュアンスのある目元を目指しましょう!

実は男ウケが悪いメイク⑥囲み目アイライン

濃いメイクの女性

目を大きく見せるために、アイラインで目の周囲をぐるっと囲んでメイクしている人もいるかもしれません。

どうしても濃い目元になるので、厚化粧な印象を与えてしまい、男ウケが悪いです。
「泣いたら真黒な涙が流れそう!」と思われてしまうようなアイメイクはしないようにしましょう。

また、一昔前に流行ったメイクをイメージさせてしまうので、トレンド感に欠けるところも問題ではないでしょうか。

アイラインできっちり目を囲んでしまうと、もともと目が大きい人以外は目が小さく見えてしまうことも……。

まつげとまつげの隙間を埋めるようにラインを引くと、まつげが密集して生えているような印象を与えることができます。

ですが、目の際をラインで埋め尽くさずに、目尻から黒目の真上くらいまでラインを引き、ナチュラルな仕上がりを目指すのが◎

一重の人はブラウンやチャコールグレーなどの締め色のアイカラーを使用して、目の際をぼかすとアイラインを引くより目が大きく見えることがありますよ。
目の形に合わせたメイクをするのが大切なんです。

実は男ウケが悪いメイク⑦真っ赤なリップ

イチゴを食べる女性

ハーフ顔にしたいときや濃いメイクをしたいときって、よく赤リップを使いますよね!

赤リップは女性から見たら可愛いのですが、「下品」印象を持たれてしまうことがあり
、男ウケが悪いんです。

赤は攻撃的なカラーでもあります。
見る人によっては、落ち着かない気分になることも……。

女の子同士で遊ぶときや、パーティーやイベントなどの時に使うのがベストかもしれないです。

デートでは肌なじみのいいカラーを選ぶと失敗しにくいですよ。
ネオンカラーよりも、ほんのりとした光沢のあるピンクのリップを使用するのが◎

また、マットなリップは可愛いですが、肌のくすみが気になる人は避けた方がベター!
適度なツヤが出るタイプは、レフ版効果でくすみを飛ばし顔色を明るく見せてくれるという特徴もありますよ。

大人っぽく見せたいときは、レンガ色っぽい赤みのあるこっくりとしたブラウンもおすすめ♡
とくに、黄みが強い肌色の人によくなじみますよ。
べったりと塗るのではなく、なじませる程度に色をのせてみてくださいね。

実は男ウケが悪いメイク⑧グロスをたっぷり使って分厚い唇を演出

唇を触る女性

ふっくらとした唇は女性らしいですよね。
デートのために気合を入れてリップメイクをしている人もいることでしょう。

喋ったりものを食べたりするとき、口元は意外に注目されています。
アイメイクと同じで口元を強調し過ぎると、バランスが悪く見えてしまい男ウケが悪いですよ。

グロスで濡れたようなふっくらした唇を作りたいときは、グロスを使いすぎないのがポイント!
唇全体にべったりと塗るのではなく、中央から口角へ向かって薄くつくように塗り広げましょう。

実は男ウケが悪いメイク⑨ファンデーションを厚塗り

ファンデージョンを塗る女性

肌のくすみや毛穴の凹凸などが気になって、コンシーラーやファンデーションで粗を隠そうと、ついつい厚塗りをしている人もいるのではないでしょうか。

ファンデーションを厚塗りすると、時間がたつにつれヒビ割れが起きて粉っぽく見えてしまうことがあります。
うまく隠せたつもりでも、かえって肌を汚く見せてしまうことに……。

肌が汚いと不摂生な印象を与えてしまい、男ウケが悪いです。

肌のくすみや毛穴をカバーしたい人におすすめなのは、化粧下地にこだわること!
メイク前に、光で肌の質感を高めるタイプの下地を使うと、顔色を明るく見せながらファンデーションのノリや持ちをアップさせる効果が期待できますよ♪

実は男ウケが悪いメイク⑩ファンデーションの色が肌と合ってない

ファンデーションを手に塗る

色白に見せたいあまり、もともとの肌の色に合っていないファンデーションを使ってしまうと、肌が白浮きして男ウケの悪いメイクに……。
肌の色よりも明るいカラーを使用しないことが重要ですよ。

また、顔全体に均一にファンデーションを使うと、のっぺりとした印象に見えてしまうことも……。
顔の中心から外側へ向かって、薄く伸ばすようなイメージで塗りましょう!

のっぺりとした印象になることを避けるには、ハイライトを効果的に使うのがおすすめ♪
メイクの仕上げに、頬骨や鼻すじにクリームタイプのハイライトを薄く伸ばすと、高い位置に光が集まり立体的な顔立ちに見えますよ♪

実は男ウケが悪いメイク⑪こってりしたチーク

チークをブラシにとる

チークを使用すると血色がアップし、生き生きとした表情に見えますよね!
顔色が悪く見えるようなメイクは男ウケが悪いですが、チークを入れすぎても厚化粧をしている感じが出てしまいます。

肌にメイク下地を乗せた後、クリームタイプのチークでほんのり血色を足し、仕上げにルースパウダーを使うとナチュラルに肌色が明るくなったように見えますよ♡

いかがでしたか?
日頃頑張ってしているメイクなのに、男ウケが悪いなんて損ですよね!
男性はナチュラルメイクが好きな人が多いです。
無理に雑誌に載っているようなメイクをするのではなく、自分にあったメイクを研究するのが良いのかもしれませんね♪