「リップ×チーク」カラーの組み合わせでなりたい顔を手に入れて♪

BEAUTY

リップとチークのカラーの組み合わせによって、メイクの雰囲気はかなり変わるもの!
今回は、おすすめのリップ×チークの組み合わせをご紹介します。
なりたい顔の雰囲気に合わせて、選択してみてくださいね。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔①赤×赤=色っぽキュート顔

赤×赤=色っぽキュート顔

赤リップ×赤チークの組み合わせは、内側からじんわりと滲みだすような、色っぽさを演出することができます。
おフェロな雰囲気を出したいときにも、ぴったりの組み合わせですよ。

また大人っぽくなりがちの赤リップは、濃い目の赤チークと組み合わせることで、キュートな感じを表現することも可能♡
より可愛らしさを強調したい場合には、リップをグラデーションにしても良いのではないでしょうか。

チークはクリームチークやリキッドチークなどを使って、じゅわっとしたみずみずしさを出してみてください。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔②赤×ベージュ=デキる大人顔

赤×ベージュ=デキる大人顔

ぱきっとした赤リップとベージュカラーのチークの組み合わせは、大人っぽく「デキる女」のイメージに!

ベージュカラーのチークは知的で上品な雰囲気を作ってくれるので、オフィスメイクやクールなテイストのメイクに使うのにぴったりです。
赤リップを合わせることで、きちんと感と舐められにくい適度な強さも演出することができますよ。

ちなみにベージュのチークは入れすぎてしまうと頬がこけたように見えてしまうこともあるので、その点にだけ気を付けてメイクしてみてくださいね。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔③赤×オレンジ=きちんと大人顔

赤×オレンジ=きちんと大人顔

赤リップはオレンジカラーのチークと組み合わせても素敵です。

オレンジのチークというとカジュアルで明るいイメージがあるかもしれませんが、赤リップと組み合わせることで大人っぽい雰囲気を作ることができますよ。
また、顔色が明るく、健康的に見えるという嬉しい効果も♡

いつもよりも明るい雰囲気に見せたいというときや、「今日はなんだか顔色が悪く見えるかも……」というような日は、ぜひオレンジのチークを使ってみてください。
赤リップはやや黄みがかったカラーを選ぶと、よりオレンジチークに馴染みます。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔④ダークカラー×ベージュ=高見え大人顔

ダークカラー×ベージュ=高見え大人顔

ダークカラーのリップは、ベージュカラーのヌーディなチークと組み合わせて!
周囲に媚びない、高見えする大人顔を作りたいときにおすすめです。

ボルドーやブラウンレッドなどのダークカラーのリップはどうしても主張が強くなりやすいので、ヌーディなカラーのチークとの相性が◎
チークを控えめにすることで、リップの美しさをより一層引き立てることができますよ。

大人っぽい顔に見せることができるので、ここぞというときに試してみてはいかがでしょうか。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑤ベージュ×ベージュ=上品ヌーディ顔

ベージュ×ベージュ=上品ヌーディ顔

ベージュリップとベージュチークというヌーディなカラーの組み合わせは、ナチュラルな雰囲気を表現したいときにぴったり♡
カラーレスメイクは上品な雰囲気も作ってくれますよ。

ヌーディメイクはどんな服装にも合わせやすいので、デイリーメイクに取り入れるのもおすすめです。

またヌーディカラーを基調としたメイクをするときには、アイメイクや眉メイクをいつもよりもしっかりめにすると、手抜き感が出ず、きちんとした印象になるので試してみてください。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑥ベージュ×ブラウン=メリハリエレガンス顔

ベージュ×ブラウン=メリハリエレガンス顔

ブラウンカラーのチークはメリハリ顔を作りたいときに大活躍してくれるアイテム!
ベージュリップと組み合わせることで、エレガンスな雰囲気を作り出すことができますよ。

また、ブラウンカラーのチークはシェーディングのような感覚で、頬に斜めに入れてあげると、シャープな印象に見せることも可能!
エレガンスな顔にしたいときにはもちろん、小顔に見せたいときにもおすすめです。

ベージュカラーのリップは、マットなものでもツヤのあるものでもOK♡
リップの質感によっても、また違った雰囲気になるのが面白いところです。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑦ピンク×ピンク=ふんわりピュア顔

ピンク×ピンク=ふんわりピュア顔

ピンクリップとピンクチークの組み合わせは、甘く可愛らしい顔を作りたいときにぴったり♡
ピンク×ピンクは、定番の組み合わせでもありますよね。

ピンクカラーのチークはパウダータイプのものを使ってふんわりとした感じにしても、クリームチークを使ってじんわり滲みだしたような雰囲気を演出してもOK!
パウダーだと少女っぽい感じに、クリームだとナチュラルな感じになりますよ。

またガーリーな感じを表現したいときには、リップはツヤがあって、ぷるんと立体的に見せられるものがおすすめ!
透明感のあるルージュやリップグロスを使ってみてください。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑧コーラルピンク×コーラルピンク=清楚フェミニン顔

コーラルピンク×コーラルピンク=清楚フェミニン顔

肌馴染みの良いコーラルピンクは、どんなシーンにも使いやすい定番カラーですよね。
そんなコーラルピンクリップ×コーラルピンクチークの組み合わせは、清楚なフェミニン顔を作ってくれます。

コーラルピンクを基調としたメイクは上品な雰囲気になるので、オフィスメイクや婚活メイクなどにもおすすめ♡
ピンクでもコーラルピンクなら甘い感じになりすぎることがないので、大人っぽい服装に合わせてもメイクだけ浮いてしまうような心配もありませんよ。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑨オレンジ×ベージュ=ナチュラルヘルシー顔

オレンジ×ベージュ=ナチュラルヘルシー顔

健康的で明るい雰囲気を作ってくれるオレンジリップ♡
オレンジリップは、ベージュカラーのチークと組み合わせることで、ナチュラルなヘルシー顔を作ることができますよ。

オレンジとベージュは相性がとてもよく、メイクに統一感を出しやすいというメリットも!

またヘルシーなイメージのメイクは、カジュアルなファッションやナチュラルなスタイルにも良く馴染むので、ぜひデイリーにも取り入れてみてくださいね。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑩オレンジ×オレンジ=華やかヘルシー顔

オレンジ×オレンジ=華やかヘルシー顔

明るく健康的なオレンジリップとオレンジチークの組み合わせは、華やかヘルシー顔を作ってくれます。
全体の印象をパッと明るくしてくれるので、若々しい印象に見せたいときにもおすすめの組み合わせ♡

オレンジカラーにはカジュアルなイメージもあるので、カジュアルなファッションやヘアスタイルに合わせるのも良いですよね。

ちなみにオレンジをメインに使ったメイクは夏のイメージが強いかもしれませんが、鮮やかすぎないオレンジを持ってくればオールシーズンOK!
夏以外のオレンジメイクもとても素敵なので、ぜひチャレンジしてみてください。

リップ×チークのカラーで作るなりたい顔⑪ラベンダー×ラベンダー=透明感あふれる少女顔

ラベンダー×ラベンダー=透明感あふれる少女顔

ラベンダーは透明感をプラスしてくれるカラーです。

ラベンダーのリップとラベンダーのチークを組み合わせて使えば、イノセントな少女っぽい雰囲気を手に入れることができますよ。
ほのかな血色感もプラスされるので、可愛らしい雰囲気にしたいときにもおすすめ♡

ちなみにラベンダーカラーのリップやチークを使うときには、淡い発色のものや透明感のあるタイプのものを選ぶと、失敗が少ないです。

リップカラーとチークカラーのおすすめの組み合わせをご紹介しました。
リップとチークの組み合わせを工夫して、なりたい印象の顔に近づけてみませんか。
今まであまりしたことがなかった組み合わせにも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。