夢は世界進出!?美しきブランドマネージャー【憧れ企業の看板GIRL】第3回:小林製薬

幅広い商材のプロデュースに携わり、芸能界やスポーツ界にもファンの多い“しげるちゃん”による新連載、『憧れ企業の看板GIRL!』がついに3回目を迎えました。しげるちゃんがインタビュアーとして、リアルキラキラOLの日常に迫ります♪
今回は、誰もがお世話になったことのあるはず!?な著名製薬会社のブランドマネージャーさんに会ってきました。

しげるちゃんが『憧れ企業の看板GIRL!』を突撃!

2019年2月よりスタートした連載、『憧れ企業の看板GIRL』。多くの女性にとって憧れの、キラキラした職場で働いている“恋に仕事に悩む等身大のアラサー女性”にフォーカスし、その人の魅力を追求していく企画です。

インタビュアーは、多くの商品プロデュースを手がける人気ブロガーの“しげるちゃん”
Instagramも大人気で、芸能人やタレント、モデル、スポーツ選手に格闘家など様々な業界の著名人にも愛され、今もっとも注目されている人の一人。

そんな人気者のしげるちゃんが、憧れ企業の“看板娘”と呼ばれる女性と対談!時に壮大な人生相談を交えながら、彼女の魅力に迫ります。

連載第3回目は、誰もが一度はお世話になったことがあるであろう、生活に欠かせないアイテムを生む製薬会社のブランドマネージャーさんに会ってきました。

『小林製薬』の看板GIRL
岡田麻美さん

連載第3回目の今回は、「あったらいいなをカタチにする」でお馴染みの小林製薬株式会社さんへ。医薬品、医薬部外品、スキンケア製品、漢方、芳香消臭剤、衛生雑貨品など生活に欠かせない数々の製品を生み出している老舗製薬会社さんです。

しげるちゃんと対談するのは、ブレスケアのブランドマネージャーとして活躍する岡田麻美(おかだあさみ)さん。
モノトーンファッションがお決まりのコーディネートだと話す、クールビューティーな関西弁の似合う美女です。

〈岡田麻美さん(31)〉
お仕事:ブレスケア ブランドマネージャー
社歴:9年目
趣味特技:ゴルフ、筋トレ

看板GIRLはどんな人?
しげるさんが聞いてみた!

————連載1、2回目では、女性の美と向き合う化粧品会社やアパレル企業の女性にフォーカス。今回は「息」のキレイを守るお仕事をする女性の元へ。ブランドマネージャーとは、一体どんなお仕事なのでしょうか?

私は『ブレスケア』という商品のブランドマネージャーをしています。主に、その商品の売り上げに関わる数字の管理をしながら、広告や商品をつくるブランドチームのリーダーです。



しげるも以前、外資系商品のブランドマネージャーをしてた事があったけど、『数字』の管理が苦手だったぁ(笑)責任も大きいけれど人気の職種だよね。



私も実は、数字の管理が苦手なんです……!元々は営業をやっていて、ブランドマネージャー歴は4年。営業部には見慣れた顔が多いので、「ブレスケア売ってきてよ!」といつも念押ししています(笑)そういう意味で、営業経験が今の仕事にすごく生きています。



マーケティングの力だけでは商品は売れないもんね~。『営業の力』はとても大切、仲良い事はいいことだネッ!

————まずは、憧れ企業にいる彼女がどのようにキャリアを築いていったのかを探ります。元々は製薬会社のMR(=自社の薬に関する情報を提供する仕事)を目指していたという岡田さん。ブランドマネージャーを目指したきっかけはなんだったのでしょうか?

就職活動をしていた頃は、MRになることを目指していました。様々な製薬会社の選考を受けていく中で、社員の方々がフレンドリーだったことと、自分が知っている商品をたくさん扱っている小林製薬に魅力を感じて入社を決めたんです。長いカタカナの知らない名前の薬を売るよりも、身近な商品を売る方が愛着湧くだろうなあと思って……!



そもそも何故、製薬に関わるお仕事に興味を持ったの?



うーん……正直なことを言うと、MRはお給料が高かったからです(笑)男性と同じくらい、長く活躍できる環境が良かったんですよね。



なるほど!キャリア志向女子ね。“男性と同じくらい”って謙虚で素敵だけれど、これからの時代は「男性と対等に働いている」って、言い切っちゃっていいんじゃないかな。


そこからどうしてマーケティング畑に行ったの?



初めからブランドマネージャーをやりたいと思っていたわけではないんです。でも入社して、小林製薬に人気商品が多い理由は「お客様が実際に欲しいと思っているものを探してカタチにしている」からなんだとわかって、これほど多くのヒット商品を生むマーケティングの力ってすごいなと思うようになりました。だから社内でも、中心部隊と呼ばれています!興味を持ったのはそれからですね。



うん、まさに「あったらいいな」が揃ってる!あと、小林製薬さんは、ネーミングもキャッチ―で面白いよね~。『ブレスケア』はもちろん、『ケシミン』や『熱さまシート』など一度聞いたら忘れられない商品名ばかり。実際にマーケティングの世界に入ってみてどう?



異動して1年目の頃は、ストレスでお菓子を食べまくって激太りしました。なんと、3ヶ月で6キロも増えたんですよ……!これはさすがにヤバイと思って、パーソナルトレーニングへ通いました(笑)今もその時に学んだトレーニングはちょっとずつ続けるようにしています。



6キロも……!大変だったんだね。どのくらい経ってから、お仕事を純粋に楽しめるようになった?



お仕事として楽しめるようになったのは去年ですね。以前は、「これを言ったらおかしいと思われないか」と考えてしまい言いたいことを飲み込んでいたんです。でも、やっと最近、「私は見当違いなことを言っていない」という自信が持てるようになって、人に指示を出すことや自分の意見を言うこともできるようになりました。

憧れGIRLは会社のこんなところが好き♡

————多くの経験を経て、ブランドマネージャーとしてのお仕事を楽しめるようになってきたと話す岡田さん。今、一番楽しいと感じる瞬間は……?

毎週決まった日に、“この1週間市場でどれくらいブレスケアが売れたか”と言う数字がわかるんです。それを見て、数値が良いと嬉しいですね。数字が嫌いとは言いつつも、自分が打ったCMや広告の影響で商品の売れ行きが良くなると、大きな達成感を感じられます!



しげるも同じようなお仕事をしていた時、自分がつくった広告を外で見てすごく嬉しくなったのを覚えてる!駅中の看板や、雑誌の広告ページをみて「あ、カタチになっているな」ってわかると楽しくなるよね。



私も成果物を見る瞬間はすごく好きです。自分がつくったものが世に出ていると思うとたまらなく嬉しくなります!


でも、売り上げが良いと嬉しいだなんてやっぱり仕事熱心なキャリア女子だね!



自分のことをキャリア志向だとは思ったことはないのですが、確かにずっと働いていたいという意識は強いですね。母は専業主婦なんですが、おっとりした性格で……私が働く女性になりたいと思っているのはその反動かな(笑)



しげるの周りも、結婚して子供ができてからも働いている女性の方が断然多い!今の時代じゃそれが自然な流れのようになっているけれど、改めて女性って大変なことが多い分、強いよね。今や女性の多くは、仕事をずっと続けていきたいと思っている人も多いから、誰かに養ってもらいたいって考えている人が少ないのかもしれない!

看板GIRLから、等身大の人生相談。
「記憶に残らない……。第一印象をどうにかしたい!」

————キャリアも美貌も手にし、完璧に見える岡田さんですが、「自身の第一印象」にお悩みがあるそう……

初対面の時、“無愛想”だとか、“印象に残らない”と言われることが多いんです。営業時代は、私は覚えているのに相手に初めましてって言われることが良くありました……。それを克服したいんです!



反対に、しげるはインパクトが強いから一方的に覚えられていることが多いの。キャラクター勝ちかしら(笑)でも、合コンではキレイな女性ほど印象に残らないって言うよね。ただキレイな子より、なんかちょっと面白い“話術”を身につけている女性の方が覚えられていることが多い!岡田さんは笑顔もとっても素敵だし『無愛想』なんかじゃないよ。でも、何かアドバイスをするとしたら……モノトーンばかりじゃなくて印象に残りやすい『色』をちょっと加えるファッションをしてみるのはどうだろう?でも、マネージメントをする立場ならちょっとくらい怖いって思われていた方が仕事面では良い影響があるかもしれないよね。ところで、下を育てることは得意なタイプ?



アドバイスありがとうございます……!後輩を育てるのは、苦手なタイプですね(笑)本当は任せないとダメだってわかっているのに、時間がないから自分でやっちゃえ!って仕事を奪っちゃうんです。まだまだ日々勉強ですね。

————“ずっと働き続けたい”と話す岡田さん。そんな彼女のプライベートも追求!

実は今婚約中で、もうすぐ結婚します!将来的にはママになりたいですね。20代前半の頃はツンツンしていた時期もあったので(笑)、「子供はいらない」なんて言っていたこともあったのですが……。環境が変わると共に心境にも変化がありました。正直今でも、電車や道で会う子供に対しては特別な関心はありませんが、親戚や友人の子供は格別!「ああ可愛いな」って心底愛おしく想うようになりましたね。



それはおめでたい!!周りの女性を見ていると、早めに子供を産んで子育てが終わってからの人生を謳歌するのもいいなって思うな。40代、50代はまだまだ若いから!



私の母も20代で私を産んでいて、今は子育ても終わっていろんな場所へ旅行していたりします。そんな姿を見ていると、そういう生き方も素敵だなって感じますね。


休日は何してるの?海外旅行とかも行ける?



最近は挙式準備が忙しくて行けていないのですが、一昨年のお正月はマレーシアへ旅行に行きました。私、東南アジアが大好きなんです!物価も安いしご飯も美味しいし、最高!普段は筋トレしていることが多いですね(笑)24時間オープンのジムへ通っていて、お仕事終わりに行くことが多いかな。



マレーシアのお料理ってパクチーだらけじゃない?しげるは激辛とかパクチー苦手なんだよねえ。でも、プライベートもすごく充実していて素敵だね。



私もパクチー苦手なんです(笑)でも、基本的にはアジアン料理が好きなので、また時間を見つけてアジアを旅したいですね。小林製薬は社員一斉に休暇を取る環境なので、罪悪感なく旅行も楽しめています!



プライベートでもお仕事でも、これからの目標はある?



ざっくりですが……、子育てしながら働くようになったら今までよりもっともっと大変なことがきっとあるから、それを踏ん張れたら自信に繋がるだろうなと思います。20代があっという間だっただけに不安もありますが、40代以降も自信を持って働けるように「この30代を乗り切ること!」が目標ですね。



10年って本当にあっという間だよね。一生続く素敵な人間関係を築けるよう、30代で種まきができるといいね。



そうですね!まだまだ挑戦したいこともたくさんあります。壮大だけれど、「ブレスケアを世界進出させること」も今後の目標の一つ。今、中国からのお客様が日本で大量にブレスケアを買っていたりして、人気が伸びているんです!さらに大好きなアジアでヒットしてくれたら嬉しいな。

エピローグ

クールビューティーな岡田さんですが、「ここ最近は、このインタビューが無事に終わることだけを願って毎日過ごしていました……」と、緊張していたご様子。恥ずかしそうに照れ笑いする表情は可愛らしく、お仕事の話をしている表情は真剣でカッコイイ、2面性を持つ女性でした。

最後は、ブレスケアの展望について熱く語る一コマもあり、お仕事熱心な彼女の姿に感動させられる4MEEEチーム。今後、妻となり母となる彼女は、より一層カッコイイキャリアウーマンになること間違いないと確信いたしました♡

【番外編】看板GIRLのお仕事ファッションをCHECK♡

番外編として、看板GIRLの私物を大公開!“デキる女性”らしい、お仕事ファッション&持ち物は必見です♪

コーディネートを組むのが楽チンだから、お仕事の日はモノトーンファッションが基本なんです(笑)ジュエリーはお気に入りのブランド物を身につけています。



tops:TOMORROWLAND(トゥモローランド)
one-piece:ROPE'(ロペ)
bag:Stella McCartney(ステラ マッカートニー)のリュック
necklace:Tiffany&Co.(ティファニー)

バッグの中身にズーム!

①FEILER(フェイラー)のタオル
②スヌーピーのメイクポーチ
③ブレスケア
④ハワイで買ったクラッチバッグをPCケースに
⑤スマホはお仕事用と2台持ち
⑥Bottega Veneta(ボッテガ・ヴェネタ)の名刺ケース
⑦ジブン手帳
⑧FURLA(フルラ)のマルチケースにメガネをIN
⑨Louis Vuitton(ルイヴィトン)の長財布


リップ・グロスは3本持ちです。一番のお気に入りは資生堂の(※)ルージュ ルージュ ピコ(左)!ファッションはベーシックカラーが多いので、リップはパキッとしたピンクや赤を使うことが多いですね。

(※……現在は生産終了。編集部調べ)

肌馴染みが良く、パッと目を惹くピンクリップはデキるお仕事女子らしさ満点ですね!ちなみに、『くまのがっこう』が好きだというキュートな一面もある岡田さんなのでした♡

【しげるちゃん】【Instagram/公式ブログ
商品プロデューサー、人気ブロガーとして活躍中!芸能人やタレント、モデル、スポーツ選手に格闘家など、様々な業界の著名人と交流が深い。
しげるちゃんがプロデュースするアイテムは、そんな多くの著名人が愛用することで知られ、メディアやSNSでも話題に。
また、CS局の旅番組にも多数出演、海外のファッション・流行などをナビゲートしている。



しげるさんと巡る『憧れ企業の看板GIRL』企画はまだまだ続きます!第4回は、関西ガールの憧れブランド、華やかなアパレル企業の女性社員に会いに行きます。次回の配信をお楽しみに♪

しげるちゃん 社員インタビュー 小林製薬(こばやしせいやく)

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

4MEEE

4MEEE編集部の公式アカウントです。

>もっとみる