突然の深夜電話は嬉しい?迷惑?彼氏との関係を崩さないポイント

暗く寂しい夜、唐突に彼氏の声が聞きたくなった経験はありませんか?
夜こそ愛情は盛り上がる時間帯ではありますが、場合によっては相手に迷惑がられることも……。
今回は、彼氏との関係を崩さずに深夜の電話をするポイントをご紹介します!

深夜の電話は嬉しい?迷惑?① かける前に必ず一言前置く

これは深夜に電話をかける際の大前提!相手はすでに就寝しているかもしれないし、映画や音楽など一人の時間を楽しんでいるかも。

彼氏からのいきなりの電話で睡眠を妨げられ、喧嘩に発展するなんて話はよくあること。
「今電話していい?」この一言があるかないかで、思いやりやわがままの度合いが図られるのです!

後述もしますが、酔っている時は前触れなく電話をかけてしまいがち。電話を手に取る前に一度我に返る必要があります。

突然の深夜電話は嬉しい?迷惑?② ほろ酔いはOK。そこそこ酔ってる時は絶対NG!

酔っている時は、人間の本音が出る時。感情のリミットが外れて彼氏に電話をしたくなることはもはや仕方がないといえるでしょう。
しかし、そこそこ酔っている時こそ要注意!酔っ払いの電話の相手ほど、面倒に感じることはありません。

ほろ酔いで少し饒舌(じょうぜつ)になっている瞬間まではセーフ。普段以上に愛の言葉を交わしやすく、関係も更に深まるでしょう。
最近マンネリ化してるな、と感じているあなたはちょっぴりお酒の力を借りて電話をしてみても良いかも♪

呂律が回っていない時、記憶がない時は論外!シラフの相手をイライラさせてしまい、場合によってはお互いの飲み会の頻度を制限する羽目になることも……。
酔っている時の電話が癖付いてしまっている人は、飲む前にスマホの電源を切ってみて。

少し意識を変えることで、グッと我慢することができるようになりますよ!

突然の深夜電話は嬉しい?迷惑?③ 「会いたい」「寝れない」の連続は……

女性に多いこの現象。深夜に相手に会いたくなってしまった時、いつまでも寝れない時に彼氏に電話をかけたくなった経験はありませんか?
「かわいいな」と捉えてくれることもあるでしょうが、感情の押し売りにウンザリしてしまう彼氏も中にはいます。

相手がウンザリしているなと察知したら、電話は手短に切るべき。会いたい気持ちの温度差が大きいときは、心の距離はそこまで縮まりません。
恋愛は、時に感情を自制することも大切です。気持ちの一歩通行を避け、適切な距離感を強く意識してみてください!

もどかしくて仕方がない時は、別のことをして意識を別方向に向けてみて。自分磨きや勉強の時間を増やすと、彼氏もあなたのことを更に魅力的に感じてくれるはずです。

突然の深夜電話は嬉しい?迷惑?④ 長い夜こそ通話時間を決める

長い夜ほど、制限なく彼氏と電話をしたくなりませんか?ダラダラと朝方まで電話するよりは、時間を決めてサクッと電話することをおすすめします!

小さいことに思えますが、このようなメリハリのある習慣こそが彼氏との関係に大きく影響を及ぼすのです。
会う頻度、LINE(ライン)の頻度、電話の時間などが全てダラダラ習慣に基づいてしまうと、彼氏との時間に特別感を感じなくなってしまいます。

プライベートと恋愛を両立させて生活にメリハリを持たせるように、深夜の電話も時間を決めましょう。マンネリ化の防止に繋がり、程よい関係を保ち続けられるはずですよ!

突然の深夜電話は嬉しい?迷惑?⑤ デートの前日は効果的!

彼氏と深夜に電話をすると、今すぐ会いたい衝動に駆られることはありませんか?
この衝動、実はデートの前日に利用するとかなり効果的!

楽しみに思う気持ちが増すことで、彼氏とのデートをより充実したものになるでしょう。
「あと○時間後には会える!」と考えれば、それまでにやるべきことがあっても頑張れそうな気がしませんか?
モチベーションアップにつながる、デート前日の電話はかなりおすすめです♡

次の日に備え、時間は短めに。ベストコンディションでデートに臨みましょう。
彼氏との深夜の電話についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
ゆっくり一人で休みたい時間こそ、少しのやりとりが関係を大きく左右することもあるのです。
仲を深めることも関係を悪化することもある深夜の電話。これまでより少し意識して楽しみましょう!

【関連記事】彼の気持ちが冷めているサイン!?「◯◯が減る」と、破局寸前かも

彼の態度が最近、おかしい……。やたら冷たいし、デートをしていても心ここにあらず。そのまま...


【関連記事】ツンデレはタイミングが命!?気になる彼を落とすLINE&電話テク

LINE(ライン)でどうやって送るべきか?電話でどんな風に振る舞うべきか……。気になる人が相手...

深夜 電話 迷惑 彼氏

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

明石愛

大学3年生です

>もっとみる