格差やライバル意識が生まれやすい?「同年代の人が苦手な理由」4つ

年齢が近いと親近感を覚えやすいですが、その一方で、年齢が近い人に対して苦手意識を持ちやすい人も少なくないよう……。
そこで今回は、「同年代の人が苦手な理由」を探ってみます。
ここでの同年代は、3歳差くらいまでだと思って読んでください!

同年代の人が苦手な理由① 馴れ馴れしい感じがするから

とある女性は、同年代の人のフレンドリーな態度が苦手なんだとか。

プライベートな場で同い年くらいの人に会ったとき、初対面でもすぐにタメ口混じりで話したり、相手の名前を呼び捨てにしたりする人もいますよね?

初めて会ったとは思えないくらいフレンドリーに接する人に会うと、急に距離を縮めてくるように感じられて不快感を覚えるそうです。

初対面でもフレンドリーに接してくれると嬉しい気もしますが……馴れ馴れしい印象にもつながりがちなので、気をつけたいところですね。

同年代の人が苦手な理由② 同年代の人との特有の会話が窮屈だから

とある女性は、同年代の人との特有の会話が苦手なんだとか。

年齢が近いと、「自分が知っているものを相手も知ってて当たり前、自分ができることを相手もできて当たり前」なんて思ってしまうことも……。
また、年齢が近いと相手と比べやすいからか、格差やライバル意識も生まれやすいでしょう。
これらを会話から感じると、窮屈な思いをするそうです。

一方で、年が離れた人に会うと探り探りの会話になるので、気遣いを感じやすいですね。
この女性は、気遣いがあるほうが気楽でいられるそうですよ。

同年代の人が苦手な理由③ 会えば会うほど違和感が生まれやすいから

とある女性は、同年代の人の第2印象以降が悪くなりがちで仲良くなれないんだとか。

先ほど触れたように同年代の人に会うと親近感を覚えやすいですが、話していくうちに差を感じれば、違和感が生まれるでしょう。
違和感を抱いたまま帰れば、積極的にまた会おうとはしませんよね?

一方で年の離れた人に会うと違和感を覚えやすいですが、話していくうちに共通点が見つかると、いっきに親近感が生まれますね!
親近感を抱いたまま帰れば、また会いたくなります。

同年代の人が苦手な理由④ 同じ立場になっちゃうから

とある女性は、チヤホヤされたい欲が強いと自覚しているよう。
簡単に同じ立場に立てる同年代の人たちといるより、特別扱いしてもらえる年の離れた年上の人たちといたいと思ってしまうんだとか。

チヤホヤされたい欲が強くなる原因は色々だと思いますが、「愛情が不足している」「強い自己否定をしている」可能性がありそう。

かまってちゃんな性格を改善したいなら、自信を育てる努力をしたほうがいいかもしれませんね。

「同年代の人が苦手」なんて先入観を持つのはやめて、出会いを大切に♪

同年代の人が苦手で年の離れた年上の人といると楽に感じれば、自分の精神年齢が高いような優越感に浸りそうです。

しかし、本当に精神年齢が高いのでしょうか?

年の離れた年上の人なら、年下に合わせるコミュニケーション力も持っていそう。
ただ単に、相手が自分に合わせてくれているから楽なだけかもしれませんよ!

思い当たることがあるなら、相手に合わせるコミュニケーション力を鍛える努力もしたいところ。
また、同年代の人に会ったら「同年代か、嫌だな……」なんて先入観を持たないように!
年齢を気にせず、出会いを大切にしましょうね♪
「同年代の人が苦手な理由」を探ってみました。
人生の先輩から「20代の頃は同年代の人が苦手だった」なんて声も聞かれるので、一時的に苦手意識を持っているだけかも。
“同年代の人がストレスの原因……”なんて悩んでも、時間が解決してくれることもありそうなので、深く考えすぎないほうがいいと思いますよ!

同年代 同い年 苦手 理由

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

楠原諒子

読者モデル・サロンモデル・WEBライター
野菜コーディネーター・国際薬膳食育師3級の資格を持って…

>もっとみる