「嫁さんと会話している時が幸せ」ラグビー・畠山健介【ときめきから始めるSPORTS観戦!】#後編

「嫁さんと会話している時が幸せ」ラグビー・畠山健介【ときめきから始めるSPORTS観戦!】#後編

LIFESTYLE

アラサー女性にドキドキを届ける新連載、『ときめきから始めるSPORTS観戦!』。知れば知るほど好きになる“男性アスリート”にフォーカスした新企画です♪

ラグビー・畠山健介選手が4MEEEに登場!

畠山健介

日本中・世界中のスポーツ熱が高まる令和時代。そんな中、ポツン……と置いてけぼりを食らってしまった、“スポーツ観戦音痴”なオトナ女性に捧げる新連載、『ときめきから始めるSPORTS観戦!』。

「スポーツ音痴な私には関係のないこと……。」
「ルールがわからないから、スポーツ中継も見ないし観戦にも行かない。」

そんな風に、“嫌いじゃないけどわからないから”とスポーツの世界を避けてきた女性に向けて、まだ知らぬスポーツの魅力と男性アスリートの素顔をお届け!

今回は、今最も盛り上がりを見せるラグビー界の畠山健介(はたけやま・けんすけ)選手へのインタビュー後編。インタビュアーは、人気ブロガー、商品プロデューサーなどマルチに活躍するしげるちゃん。スポーツ選手のマネジメント経験もあるしげるちゃんと対談していただき、「選手としての畠山健介」と「1人の男性としての畠山健介」について、たくさん教えていただきます!

#前編はコチラから♡

奥様との意外な馴れ初め!?家族=『チーム畠山』

後編は、「1人の男性としての畠山健介」について。各所で美人とウワサされる奥様とのご結婚、馴れ初めについもリサーチしました♡

畠山健介

しげるちゃん

休日は何してるの?そもそも決まったお休みってあるのかな。

畠山健介

ワールドカップ期間中は忙しくさせていただいているので、今は決まった休日がないですね(笑)でも、土日がお休みのタイミングは、ほとんど家族と過ごしています。7歳と1歳の娘がいて、習いごとの送り迎えをよくしますよ。スイミングスクールとテニス、ラグビー教室にも通っているんです。

しげるちゃん

へー!娘さん、ラグビーやっているんだ!それはハタケ(=畠山選手)の勧めで?

畠山健介

嫁さんの勧めです。僕は別にやらせなくてもいいんじゃないかって思っていたのですが、体験に行ったら娘自身が楽しかったみたいで、だったら良いなって。嫁さんは、学生時代ずっとテニス部で個人スポーツ畑で育った人なんですよ。でも、その後ラクロス部にも入って団体スポーツを体験したら、すごく素敵だなと思ったんですって。友達や仲間と同じ目標に向かって頑張る環境に刺激を受けたそう。だからきっと、協調性が学べるチームスポーツで育ってほしかったんだろうと思います。

しげるちゃん

奥様との馴れ初めや、結婚のきっかけも聞きたいな〜♡

畠山健介

畠山健介

とくに面白いことはないですよ(笑)彼女とはただ大学が一緒だったんです。学年は1つ上で年は3つ上。でも実は、ラグビー部の先輩の元カノでした!元々“親しい先輩の彼女”として交流があって、とても仲良くしてもらっていたので、お二人が別れた時びっくりして。だから当時、純粋になんで別れたのかを知りたくて僕から食事に誘ったんですよ。そこからなぜだか自然とそんな方向に……(笑)もちろん、先輩に対して気まずいなって感情や遠慮もあったんです。でも、年上の女性が3つ下のチェリーボーイを手なずけるのなんて、きっと楽勝だったんでしょうね。僕は簡単に懐いてしまったんです。当時の僕はそりゃもう今よりパンパンに太ってたし、誰かに「かっこいい」 なんて言われたことがなかった。でも嫁さんだけが唯一、「私はかっこいいと思う」て言ってくれたんです。それが彼女と一緒になった理由かな。

しげるちゃん

早めの予約って大事よね〜(笑)奥様は、先見の目があったってことだ!恋人同士の頃、デートスタイルってどんな感じだったの?

畠山健介

そうなんですよ、痩せて、選手として活躍するようになってから近寄ってきたって遅い!早めに予約してくれることが大事です(笑)そもそもは大学の先輩だったんですが、付き合うようになった頃は嫁さんがもう社会人1年目だったので、僕が向こうの家に行ったりすることが多かったかな。

しげるちゃん

いきなり家デートスタイル!今はどんな風に過ごす?何をしている時が、ハタケにとって一番幸せ?

畠山健介

畠山健介

嫁さんは昔から仕事が忙しいんですよね。だから、外へ出かけるデートってほとんどないかも。最近は、嫁さんと会話している時が一番幸せだなって思いますよ。付き合った頃とか結婚当初は、彼女の発言に対して「矛盾してる」とか色々考えちゃってムカつくことも多かったんですけどね。近頃、それが面白いなと思えてきて(笑)例えば、「△△メーカーの車が好きじゃない」って発言の後に1番好きな車は?って聞くと、△△メーカーの別デザインの車の名前が出て来るんですよ(笑)。いや、それもあなたが嫌いって言っているメーカーの車だよ、ってツッコミたくなる。ちょっと前だったらそんな何気ない会話でも、“何言ってんだこいつ”ってイライラしてしまっていたんですが、最近ではそれが可愛く面白く思えるようになりました。

しげるちゃん

ハタケが一歩大人になったってことだね(笑)一緒に過ごされて、もう何年になるのかな。

畠山健介

来年で、結婚して10年経ちます!

しげるちゃん

10年でようやく女性の習性がわかったんだ……って、遅くない?(笑)それまでは喧嘩もしたのかな。

畠山健介

遅かったですね(笑)喧嘩をいっぱい乗り越えて、最近は『チーム畠山』として家族みんなが幸せになるためには、夫婦がお互いの意見をぶつけ合うだけではなダメだなと考えるようになりました。家事も効率的にこなせるように2人で作戦を考えて、食洗機やお掃除ロボを入れてみようかって話し合ったり。

しげるちゃん

家庭をチームとして考えているのね。素敵な夫婦!

選手にお近づきになるための、近道をちょこっとアドバイス♡

畠山健介

しげるちゃん

ハタケの奥様みたいにさ、アスリートに憧れる女性にアドバイスをするとしたら何をいってあげるのがベスト?ラグビー選手が好む女性の共通点ってあるの?(笑)

畠山健介

ありますよ。みんな、綺麗なOLさんが好き(笑)でも一つ言えるのは、ラグビーって1つのチームにめちゃくちゃ色んな体型の選手が集まっているスポーツなんですよ。とにかく力が強くて身体が厚い選手、背が高くて足の速い選手、体格は一般的だけど頭の回転が早い選手……などなど。だからこそ、女性のタイプも本当にマチマチ。色んなタイプの女性にチャンスがあるってことです!

しげるちゃん

ラグビー選手に惚れ込む女性に、選手とお近づきになるための近道を教えるとすれば何がポイントだろう?

畠山健介

単なる“ラグビー選手好き”って公言しちゃうと、ラグビー選手なら誰でもよいのかって思われてしまうので、好きな気持ちを隠して近づいた方が良いと思います。

しげるちゃん

ラグビーファンになった女子のみなさん、もしも選手と偶然出会って女性として意識してもらいたかったら、戦略的に行きましょうね(笑)ちなみに、しげるの推しメンは、ハタケも所属していたサントリーサンゴリアス所属の流大(ながれ ゆたか)選手です♡

ラグビー選手の僕と、プライベートな僕の「差」を埋めていくことが目標。

畠山健介

しげるちゃん

ハタケは、お姉さんとお兄さんがいて3人兄弟なんだよね。家族はどんな人?ラグビーを始める前のハタケについても知りたいな。

畠山健介

お姉ちゃんはお父さんにすごく可愛がってもらって、お兄ちゃんはお母さんにすごい可愛がってもらってて、僕は末っ子で小さい頃はおじいちゃんおばあちゃんに面倒を見てもらう時間が長かったですね。僕、生まれた時4000kgオーバーのブサイクで、全然可愛くなかったらしくて、だから両親に可愛がってもらえなかったのかなって思っていました……(笑)「橋の下から拾ってきたんだよ〜」なんて親が笑いながらジョークを言うんですが、それを鵜呑みにしちゃって。だから、自信はないけど承認欲求は人一倍強い子でしたね。

しげるちゃん

大人はそんなつもりなくても、子どもって両親の言葉を聞いて意外とションボリしちゃうことあるよね。自分が大人になってからわかったことだけれど。ご家族もみんな身体が大きいの?

畠山健介

いや、僕以外みんな小さいんですよ。お兄ちゃんなんて、レディースのパンツ履くぐらいおしゃれでスリムです(笑)

しげるちゃん

え〜!意外、兄弟なのにそんなに体型違うんだ。ラグビーを始めてから、周りの環境や自分の性格に変化があったのかな。

畠山健介

畠山健介

まず、前編でお話した通り、周りが褒めてくれるようになったことが一つの変化ですね。あと、僕の内面的なところで言えば、自分の意見をちゃんと言えるようになったことが大きな変化かな。以前は、不満や不安があっても何も言わずにニコニコしているタイプだったんですよ。きちんと発言できるようになって、言葉を飲み込むシーンも減りました。でも、ラグビーをしている時の自分とプライベートな自分は、今も昔も僕にとってかなりかけ離れているんです。どちらも自分なんだけど、ラグビーをしている時の僕は華やかでおしゃべり上手で人に好かれていて……と理想的な人物。一方で、プライベートな僕は“卑屈”で“出不精”だから本当はどこにも行かず誰にも会わず家でゆっくりしたいと思っている。その、グビー選手としての自分とプライベートな自分との差を埋めていくのが、今の僕の目標ですね。最近はやっと、少し近づいて来たかな。

しげるちゃん

なるほどね。側から見たら、「差」を感じないけれど……。でも確かに、普段の会話は真面目で受け身かもね(笑)ハタケ自身は、ラグビーしている自分が一番好き?

畠山健介

う〜ん……ラグビーをしている自分でいる方が、周りが嬉しいと思うんです。僕しかいない環境で生活するんだったら、家でゆっくりダラダラしている方が楽だし好き。でも、周りから求められるものに応えたいと言う気持ちが強いし、そもそもどの僕もラグビーが大好きだから、ラグビーに貢献できる存在になれたらいいなって思うんです。

しげるちゃん

しげるも、ダラダラといたい時ある……!エライね。もしも、ラグビーと出会っていなかったら何をしていたと思う?

畠山健介

地元でニートか引きこもりじゃないですかね、きっと。冗談ではなく、ネット掲示板に悪口を書くことを生きがいにするような人間になっていたと思います。元々の僕からすればその姿が簡単に想像できてしまうから、本当に大好きになれるラグビーに出会えてよかったと思っています。今の環境に、日々感謝ですね!

エピローグ

畠山健介

ご自身のラグビー人生を総括して、“努力は運を支配する!”とメッセージをくれた畠山選手。

ラグビーを熱っぽく語る姿とは対照的に、家族のお話をするときは少し表情が緩みます。恥ずかしさを隠すようにあえて淡々と語る姿に、本物の愛を感じた取材チームなのでした。

「イケメンとは呼ばないでください。」「字を書くのが苦手なんです。」と、常に謙虚な発言をされますが、どこから見ても“多くの幸せを手にしているビッグな男”。それは、何度も努力を重ねてきた証なのですね。

もう一度、「選手としての畠山健介」を読む。

◆畠山健介(はたけやま・けんすけ)Instagram
生年月日:1985年8月2日生まれ。
出身地:宮城県気仙沼市
ポジション:プロップ(相手選手と直接組み合い、相手チームを押す役割)
2011年 ラグビーワールドカップ日本代表 選出
2015年 ラグビーワールドカップ日本代表 選出
2017年 日本ラグビーフットボール選手会 代表理事 就任

◆しげるちゃん Instagram
商品プロデューサー、人気ブロガーとして活躍中!芸能人やタレント、モデル、スポーツ選手に格闘家など、様々な業界の著名人と交流が深い。
しげるちゃんがプロデュースするアイテムは、そんな多くの著名人が愛用することで知られ、メディアやSNSでも話題に。また、CS局の旅番組にも多数出演、海外のファッション・流行などをナビゲートしている。

------------------
Photographer : Michihiro Shimizu
------------------