【気温23度】レディースコーデ16選♪春・秋におすすめの服装はコレ

FASHION

その日の服装を決めるときは、気温・天気・シーンがポイントになりますよね。
中でも気温は快適に過ごすために欠かせないところですが、春や秋に多い「気温23度の服装」といわれてもピンとこない方も多いのではないでしょうか。
半袖でもいいのか、長袖の方がいいのか、微妙なところですよね。
そこで今回は、気温23度の日におすすめのレディースコーデをご紹介します。

mana yuki
mana yuki
2021.03.30

春の最高気温23度の服装

スウェットコーデ出典:wear.jp

最高気温が23度になる日は、5月下旬から6月にかけての春に多いです。
朝晩は15度前後まで気温が下がることが多いので、寒暖差が気になるところですよね。

気温の低い朝に合う服装を選んでしまうと、日中は暑くなってしまう可能性も……。
なので、軽めの羽織りを用意して温度調節をしたり、インナーアイテムの選び方に気を付けたりするのがポイントになります。

あとは、春らしさが出るように華やかなデザインや明るい色、軽やかな素材のものを取り入れていきましょう。

リネンシャツでシンプルコーデ

シャツワンピースコーデ出典:wear.jp

最高気温23度の春の日は、天気が良ければ長袖一枚でも過ごしやすいです。
リネン生地のシャツワンピースなら、一枚でコーデが完成するだけでなく、夏を先取りしたような服装にできます。

朝晩の寒いときは、カーディガンなどの羽織りをプラスすると◎
きちんと感もリラクシーさも兼ね備えているので、ワンマイルコーデなどちょっとしたおでかけのときにぴったりです。

フリルブラウスで春らしさ全開

ハイウエストデニムパンツコーデ出典:wear.jp

春らしいコーデにしたいなら、真っ白なフリルブラウスを主役にして、可愛さも爽やかさも取り入れてみて!
スカートを合わせてフェミニンなコーデにするもいいですが、テーパードデニムを組み合わせることで甘さを押さえることができ、大人の女性でも着こなしやすいコーデになりますよ。

よく晴れや最高気温23度の日はもちろん、パンツスタイルは歩きやすいので雨が降っても安心です。

透け感のあるプルオーバーは夏まで大活躍のアイテム

プリーツスカートコーデ出典:wear.jp

最高気温23度の春の日は軽やかなシルエットが魅力のチュールスカートを取り入れて、女性らしいコーデを作るのもいいですよね。
朝晩の寒さが気になるなら、メッシュチュニックプルオーバーをセレクト♪

透け感のあるアイテムにすれば季節感やトレンド感を出すことができます。
デートにも最適な春コーデの完成です。

気温差がある日は厚手のシャツを上着に

リンネパンツコーデ出典:wear.jp

朝晩と日中の気温差が気になる最高気温23度の日は、ジャケット代わりになるシャツが大活躍してくれますよ。
厚手の半袖にシャツを羽織るだけで、温度調節がしやすい服装に♡

リネンワイドパンツで春らしさもプラスして、シンプルにまとめましょう。
デイリー使いしやすい大人コーデです。

春の最低気温23度の服装

オールインワンコーデ出典:wear.jp

最低気温が23度の春の日の日中は、夏のような暑さを感じるでしょう。
なので、涼しめの服装を意識するのがおすすめです。

半袖一枚でもいいですし、ノースリーブやキャミソールの上からシャツをさらっと羽織るのもGOOD!
素材感できちんと感や涼やかさを両立すれば、春らしくておしゃれなコーディネートを楽しめます。

透かしスカートで女の子らしさを

ロゴTシャツコーデ出典:wear.jp

夏日のような暑さを感じることがある最低気温23度の春の日は、ロゴTシャツ一枚で爽やかな服装を楽しんで!
ロング丈の透かし編みスカートとサンダルを合わせれば、夏を先取りしたようなおしゃれコーデの完成です。

カジュアルなロゴTシャツを使ったコーデですが、透かし編みスカートがフェミニンで女性らしいので、女子会やデートにもおすすめですよ。

半袖のシャツワンピースがちょうどいい気温

シャツワンピースコーデ出典:wear.jp

暖かい最低気温23度の日は、半袖のシャツワンピースがおすすめ♪
襟付きのロング丈を選んで、きちんと感を出せば普段はもちろん、通勤コーデにも最適です。

普段の服装で取り入れるなら、カジュアルなスニーカーやキャンバスバッグを合わせるのが◎
明るいカラーのカーディガンを肩にかければ、ぐっと春らしさも漂います。

カジュアルコーデにはチュニックで女性らしさを

チュニックコーデ出典:wear.jp

イージーパンツを取り入れた服装は、春らしくて人気があります。
大人の女性によく似合うカジュアルコーデを作りたいなら、柔らかい黒のブラウスをプラスしてみて!

黒でもブラウスなら重たさがないので、気温23度の春の日でも取り入れやすいですよ。
カジュアルすぎないおしゃれコーデなので、休日のショッピングコーデはもちろん、女子会ビアガーデンのときの服装にも◎

ノースリーブ×シャツで春夏コーデ

マーメイドスカートコーデ出典:wear.jp

初夏のように暑い最低気温23度の日であれば、ノースリーブにシャツを羽織ったスタイルがおすすめです。
特に、春夏コーデで活躍してくれるシアーなシャツに注目してみて!

ノースリーブをマーメイドスカートにインして着こなせば、トレンドライクな服装の完成です。
デートはもちろん、友達とおしゃれなお店に行くときのコーデにもぴったりですよ。

秋の最高気温23度の服装

スキニーコーデ出典:wear.jp

最高気温23度の秋の日は、10月下旬あたりに多いです。
本格的な秋へと突入するので、秋を意識したカラーやアイテム選びをしていくと季節感のあるおしゃれコーデを作りやすくなります。

春に比べて寒暖差はないものの、天気によって寒さを感じることもあるので、重ね着をしたりさっと羽織れるアウターを用意しておくと便利です。

ストレートスカートでエレガントな雰囲気に

ストレートスカートコーデ出典:wear.jp

最高気温23度の秋の日の日中であれば、長袖一枚で過ごすことができます。
マリンスタイルの余韻が楽しめるボーダーTに、ストレートスカートを合わせて、女性らしい服装へ♡

タイトなロングスカートが、キレイめな印象を与えてくれるので、デートやオフィスカジュアルコーデに最適です。
差し色に深みのある赤いバッグを取り入れれば、女性らしさがアップするだけでなく、秋らしさもプラスできますよ。

上下ニットコーデで雨の日も暖かい

リブニットリラックスパンツコーデ出典:wear.jp

寒暖差が激しい最高気温23度の日であれば、ニットコーデにシフトするといいですよ。
Vネックニットとリブニットリラックスパンツのセットアップでまとめれば、シンプルですが統一感のあるおしゃれコーデに仕上がります。

ぐっと気温が下がる雨の日でも暖かいだけでなく、動きやすさもキープできるところが◎
小物はブラウン系でまとめて、秋らしさも出していきましょう。

ノースリーブワンピースでシンプルコーデ

ノースリーブワンピースコーデ出典:wear.jp

春から秋にかけて着回せるノースリーブワンピースは一枚あるととっても便利!
最高気温23度の秋の日は一枚だと寒いので、人気のCPOジャケットを羽織ってみてください。

白×カーキの2色コーデならシンプルにまとまるだけでなく、秋らしいスタイルに決めることができます。
リラックス感のある服装になるので、大人の休日スタイルに最適です。

ドルマンットカーディガンで秋ファッション

チェックテーパードパンツコーデ出典:wear.jp

最高気温23度の日は、すっかり秋らしくなることも多いです。
そのときは、グリーンのカーディガンで季節感を意識しながら暖かいコーデにシフト!

レースタンクトップをカーディガンからチラ見せすれば、着こなし方にこなれ感をプラスすることができます。
秋定番のチェックテーパードパンツを合わせて、おしゃれなおでかけコーデに仕上げましょう。

秋の最低気温23度の服装

チノパンツコーデ出典:wear.jp

最低気温23度の秋の日は9月あたりに多く、まだまだ夏の暑さを感じることがあります。
このときの服装は、夏コーデを取り入れつつ、秋仕様にしていくのがポイント!

半袖やキャミソールを着ていても、色味をブラウンなどの秋カラーにすることで秋を先取りすることができます。
リラクシーな服装なら暑さも回避できるので、ゆったりしたシルエットを選ぶのも◎

キャミワンピースは秋カラーをセレクト

キャミワンピースコーデ出典:wear.jp

夏の暑さが残る最低気温23度の秋の日は、キャミワンピースで涼しげなコーデを作るのがおすすめです。
ただし、季節感を出していきたいので、キャミワンピースはブラウンなどをセレクトするのがポイント!

白いTシャツとレイヤードするだけで、リラクシーな服装になりますよ。
ゆったりしたシルエットはお家コーデにも最適ですが、リゾートコーデとしても活躍してくれるでしょう。

ベージュ×ボルドーで柔らかい印象に

プリーツスカートコーデ出典:wear.jp

ベージュのドット柄ノースリーブ×プリーツスカートで、女性らしい柔らかなスタイルを作るのが旬♡
最低気温23度の秋の日にも取り入れやすい服装です。

ポシェットなどのバッグに差し色でボルドーを入れてあげると、秋らしさも女性らしさも増しますよ。
ぜひデートや女子会の時にトライしてみてください。

クールに決めるならカーキ×黒

スキニーコーデ出典:wear.jp

最低気温23度の秋の日は、白のTシャツにカーキのシャツを羽織ったシンプルなカジュアルスタイルが◎
黒のスキニーでタイトにまとめれば、クールに決まるだけでなく、スタイルアップ効果も狙えます。

首、手首、足首を出すと女性らしさもプラスすることができますよ。

ニットビスチェで一気に秋っぽく

ニットビスチェコーデ出典:wear.jp

最低気温23度の秋の日は、ニットビスチェが大活躍!
フリルブラウスとレイヤードして女性らしさを出しつつ、カーキのワイドチノパンツでカジュアルミックスコーデにするのが人気です。

スニーカーでさらにカジュアルダウンすれば、休日に最適な服装に仕上がります。

まとめ

気温23度におすすめの服装をご紹介しました。
最高気温と最低気温ではベストな服装が変わってくるので、それぞれの特徴を押さえてその日にあったコーデを作るのが◎
気温23度の日はどんなコーデにしよう……と悩んだときは、ぜひ参考にしてください。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。