中島歩

演技力の高さの秘密に迫る!いま最注目の俳優・中島歩さんに単独インタビュー

Beauty

容姿端麗、落ち着きのある声、高い演技力、とパーフェクトな魅力を持つ俳優・中島歩(なかじまあゆむ)さん。
2022年9月16日(金)公開の映画『よだかの片想い』へ出演されるとのことで、4MEEEでの単独インタビューが実現しました!

4MEEE アイコン
4MEEE original
2022.09.12

【中島歩さん出演】2022年9月16日(金)公開の映画『よだかの片想い』

映画『よだかの片想い』オフィシャル素材

顔の左側にはアザがあり、幼少期にからかわれたことから恋や遊びに消極的になっている松井玲奈(まついれいな)さん演じる理系大学院生・前田アイコ。アイコは、「顔にアザや怪我を負った人」をテーマにルポ本を執筆します。その本に魅了された中島歩(なかじまあゆむ)さん演じる映画監督・飛坂逢太が、アイコに映画化を打診するところから物語が進んでいきます。

はじめは映画化を断っていたアイコでしたが、次第に飛坂の人柄に惹かれていき段々と2人の距離が近づいていく。しかし、飛坂の元恋人の存在や映画化のために自分に近づいたのではないかというアイコの懐疑心から、2人の恋に変化が……。アイコと飛坂のラブストーリーだけでなく、アイコ自身が人生と向き合っていく、そんな繊細で心に響く映画です。

映画『よだかの片想い』は、2022年9月16日(金)に新宿武蔵野館ほか全国公開されます。

話題沸騰中!中島歩さんの真の姿に迫る、単独インタビューが実現

中島歩

ひとたびドラマや舞台に出演されると引き込まれる演技が話題を呼ぶ、いま最注目の俳優・中島歩さん。

映画『よだかの片想い』に出演されるとのことで、4MEEE編集部が直撃してきました!

————映画監督という役柄でしたが、演じていて難しかった場面は?

「映画監督だからというわけではないのですが、僕が演じた”飛坂(とびさか)”という役が、言葉で思いを伝えることを大事にしている人だったので、言葉の紡ぎ方は難しかったなと思います。作品の冒頭で、この作品のヒロイン・アイコ(松井玲奈)が書いた本の感想を伝える場面があるのですが、態度ではなくてしっかりと言葉で伝えて彼女の愛をつかもうとする。言い方もそうですが、本の感想という説明っぽくなりがちなことを、彼の”愛している”という気持ちを言葉にのせて伝えるというのが難しかったですね」

中島歩

————今作品だけでなく、普段から役を演じる上で気をつけていることは?

「自分自身が感じていることや伝えたいことを、役を通して伝えるということを意識しています。台本を読んで思ったこともそうだし、撮影をしているとその場で感じることがたくさんあるので、その感情を大事にしていますね。あとは、演じ方によってどんな芝居にでもなり得ると思っているので、一切の可能性を切り捨てないこと。自分の先入観や想像だけで演じ方を固めすぎないようにしています」

————今回演じられた飛坂は映画を作ることに対して真っ直ぐな人ですが、中島さん自身が今夢中になっているものはありますか?

「今も昔もそうですが、夢中になっているものは芝居ですね。20代まではどうすればちゃんと“芝居”になるか、ということを勉強をして身につけていたフェーズでした。自分の中での理想や思っていることはあるけど、それがきちんと表現できていなかったり芝居になっていなかったり。これまでは“泳ぎ方”を勉強していて、やっと“スタート”を切った感覚ですね。

やってきたこととしては、一般的に言われている芝居のメソッドを試してみたり、たくさんの演出家の言葉を聞いたりしました。最初は、ハリウッドのアクターズ・スタジオが行っているメソッドを試したのですが、よくわからず芝居が楽しくなくなっていく感覚があり、自分には向いていなかったなとその時は思いました。その後、演出家の意見を聞いたり芝居の経験を積んでいったりして、再度ハリウッドの演技講師の人のメソッドを勉強し直したら、なんとなくしっくりきて。

演出家に教えてもらったこと+自分で勉強したこと+経験が合わさって、今の自分の芝居ができています。そういうことを考えている時間が楽しいし夢中になっている。これからももっと自分の表現を磨いていきたいですね」

中島歩

————これから挑戦したいことは?

「僕が感動するな、好きだなと思うような作品をやっている方と、一緒に作品を作れるような俳優でいたい。魅力的だなと思ってもらえて、作品に貢献するということを続けていきたいですね」

————4MEEEを見ている人に向けてメッセージを

「この映画は、ルッキズムからくるコンプレックスがモチーフになっています。世の中の人々は、少なくとも何かしらのコンプレックスや気になるところがあると思うので、多くの人に刺さってほしいです。触れないようにしているところに入っていくような映画なので、もしかしたらこの作品を見て傷つく人もいるかもしれない。でも映画として美しいと僕は思っています。

この映画で自分の嫌なところに向き合うはめになるかもしれないけど、その結果何かネガティブな感情になるような映画だと思わないので、共感してもらえるだけでも嬉しいかな。また、恋愛映画としても僕はキュンキュンしたので、そこも楽しんでもらいたいですね。あまり難しく考えてほしくないけど、心に触れるような映画になったと思います」

中島歩

**********

質問に対して、終始丁寧に答えてくださった中島さん。穏やかな口調だけれども、発する言葉ひとつひとつから映画や芝居に対する強い思いを感じられました。撮影時にはおちゃめな一面も見られ、改めて魅力的な方だとスタッフ一同胸を打たれました……。そんな中島さんが出演する映画『よだかの片想い』、ぜひ劇場でご覧ください!

中島歩

 

◆中島歩・なかじまあゆむ / 俳優 公式ブログ

1988年10月7日生まれ、宮城県出身。美輪明宏主演の舞台“黒蜥蜴”雨宮潤一役に選ばれ、2013年に俳優としてデビュー。NHK連続テレビ小説『花子とアン』で、仲間由紀恵が演じた蓮子の駆け落ち相手、宮本龍一役に抜擢される。2022年9月に公開される映画『よだかの片想い』では、主人公・前田アイコが恋をする相手、飛坂逢太を演じる。

 

◆よだかの片想い 公式HP / 公式Twitter / 公式Instagram

原作:島本理生『よだかの片想い』(集英社文庫刊)
監督:安川有果 脚本:城定秀夫
主題歌:角銅真実「夜だか」(ユニバーサル ミュージック)
音楽:AMIKO
出演:松井玲奈、中島歩
         藤井美菜、織田梨沙、青木柚、手島実優、池田良、中澤梓佐、三宅弘城
企画協力:グリック、SPOTTED PRODUCTIONS
制作プロダクション:ダブ / 配給:ラビットハウス
©島本理生/集英社 ©2021映画「よだかの片想い」製作委員会

------------------
Photographer : Ayako Nakamura
Interview:4MEEE
------------------

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。