彼ママにご挨拶!この髪型・メイク・ファッションで突破♪彼も堂々と紹介できる彼女に♡

LOVE

お付き合いや結婚のご報告で彼のご家族に初めて会う!そんな機会に第一印象をよくする身だしなみとは!?
彼だけではなく、彼ママやパパにも好かれるために頑張りましょう♪

結婚やお付き合いの挨拶へ♡

大好きな彼とお付き合いが始まった時、または大好きな彼と結婚するとなった時、待ち受けているのは彼のご家族への挨拶です。

彼のママやパパに「いい子だな」「素敵な子」だなと思ってもらいたいですよね♡
彼のご家族への挨拶には身だしなみもきっちりしてお伺いしましょう!

素敵な日になるように自ら行動してくださいね。

顔にかからないすっきりヘア

zozo.jp

彼のご家族への挨拶で一番重要なのは彼ママにどう思われるか!
どちらかといえば、彼パパの方がすんなり受け入れてくれるでしょう。彼ママに「素敵な子!」と思ってもらうにはまず、清楚さがとっても大事。

まずは清楚感あるように見せる髪型をマスターしましょう。

そもそもだらしなく見える髪型は誰にでも不評。
彼のご家族に会いに行く時は、サイドをまとめたハーフアップが模範解答♡

ハーフアップならお辞儀をしたときに前髪が顔にかかりにくいので清潔感がありますし、お嬢様感があり上品な印象に♪

ハーフアップが似合わないなって子は髪をおろしていても大丈夫ですが、食事の際や何かお手伝いするときのために、シュシュをバッグに入れておきましょう。

メイクはアイメイクを控えめに!

次はメイクです。
メイクも彼ママウケを狙うなら重要なポイントの一つです!
自分を可愛く見せることはとても大事ですが、気合いが入りすぎて濃くなってしまってはNG……。

可愛く見せることも意識しながら、ナチュラルメイクを心がけましょう。
普段のメイクよりアイメイクを控えめにすることで、清潔感をアピールすることができますよ!

アイシャドウはゴールドや薄めのピンクなど塗っているのかいないのか、さりげない色を塗るとGOOD。
アイラインもブラウンにして柔らかい印象に。

アイメイク以外にメイクで注意するポイントは、チーク!
ピンク色をふんわりつける程度でOKです♪

ファッションは王道のカーディガン×ワンピース

ap-story.jp

髪型やメイク以外にも気をつけるポイントはあります。
それは「ファッション」です!

カジュアルすぎても緊張があまり感じられないですし、かしこまりすぎても雰囲気が違うとなってしまうかもしれません。
いつもより少しだけ大人を意識してファッションコーディネートを決めましょう。

女性らしさを象徴するカーディガン×ワンピースのコーディネートなら、彼ママウケまちがい無いかも!

ワンピースはタイトでセクシーなものではなく、Aラインでフェミニンなワンピースをチョイスしましょう。
カーディガンは地味になりすぎないよう、ワンピースとの色合いを考えて。
ビジュー付きのカーディガンで上半身を明るく見せるのもアリですよ♪

もし可能なら、彼に事前に彼ママがどんなタイプの女の子が好きなのか調査して、そのイメージに近づけても良いですね♡

アクセサリー&靴

ファッションコーディネートにこだわったのなら、身につけるアクセサリーや靴にも気を配りましょう。
小物にまでこだわりを持てるということは、どんな小さなことにまで気配りできる!という印象を与えることができるかもしれませんよ♡

まず、アクセサリーは主張しすぎない華奢なものを選びましょう。
顔が華やぐのでネックレスやピアスはマスト。小さめのモチーフを付けて♪

靴は着脱しやすい「パンプス」がベスト!もたつかないようにストラップ付きは避けましょう。
もちろん汚れている靴はNGですよ。

ご挨拶には手土産も大事です!

彼のご家族へ結婚やお付き合いのご挨拶に行く時は、今までご紹介した身だしなみももちろん大切ですが、手土産も意外と重要項目なんですよ!

そもそも手土産の渡し方や選ぶときの注意点など皆さんは知っていますか?
いざという時に恥をかかないためにも、今からしっかり学んでおきましょう。

まず、手土産にかける値段の相場は、3,000円程度が理想。
高すぎても安すぎてもよくありません。もらっても困らない程度な金額にしましょう。

また、選ぶ手土産は事前に彼ママ・彼パパが好きなものを彼に聞いておきましょう。
和菓子や洋菓子がメジャーですが、お酒でもOK。
ケーキなどとり分けが必要なものではなく、そのまますぐに食べられるような個包装のものが親切でいいかもしれません♡

手土産を渡すタイミングって?

手土産を渡すタイミングもとっても重要!
どこで渡すのが好ましいか知っていますか?

手土産を渡すタイミングは、席に座る前もしくは、席に座って少し落ち着いてから渡すと◎
よく聞く「つまらないものですが……」と一言添えるのは避けましょう。
決まり文句しか知らないのかな?と思われてしまいます。

「美味しいのでぜひ召し上がってみてください」などと言いながら渡すと好印象かもしれませんね!

彼ママを安心させるために、育ちのよい上品で健康的な女の子を演出しましょう!
外見だけでなく、マナーもしっかり予習して挑みましょうね。