自分で傷を深くしてない?失恋後にやってはいけない行動4つ

LOVE

大好きな彼とお別れをした後って、心がぽっかり空いた気分になってしまい、言葉では言い表せないくらい苦しいものですよね。
けれど、そんなときにやってしまうと深手を負うことになってしまう行動があるんです。
そこで今回は、失恋後にやってはいけない行動をご紹介したいと思います!

失恋後にやってはいけない行動①SNSで元彼をチェック

付き合っていた彼とSNSでつながりがあるのはしょうがないことですが、無理に彼の行動をチェックしてしまうのはNG行動!

SNSをチェックすることで、彼のことを思い返してしまったり彼が楽しそうに過ごしている姿に悲しくなってしまったりすることがあるので要注意。

彼が今どんな生活をしているのか気になってしまうのはわかりますが、SNSで行動を監視するのは余計に傷つくことになってしまうかもしれません。

自分のためにも控えたほう良い行動です。

失恋後にやってはいけない行動②引きこもる

失恋をした後って心がとっても苦しくて、何もしたくない気分になりますよね。
けれどそんなときに引きこもってしまうと、いつまで経っても彼のことばかり考えて、忘れられなくなってしまうんです。

引きこもりたくなる気持ちはわかりますが、そんな時こそ無理にでも家から出て、散歩をしたり、買い物をしたり、友達と過ごしたり何かしら行動しましょう!

引きこもってばかりでは、前に進めませんよ♪

失恋後にやってはいけない行動③泣くことを我慢する

強がって涙を流さなず平然とした態度を貫こうとする人がいますが、その行動は却って自分を苦しめることになるかもしれません。

どんなに強がったところで、自分の心が整理されるわけではありません。
むしろ感情を吐き出して思いっきり涙を流した方が、なんだか心の中がすっきりするはずですよ♪

人前で泣くのが嫌な人は、一人になった時に思いっきり泣いてしまいましょう!

失恋後にやってはいけない行動④自分を責める

別れることになってしまった原因を思い返して「あの時私があんなことを言わなければ」「あんな行動を取っていなければ」「もっと彼のことを考えてあげていれば」などと思うことがあるかもしれません。

けれど自分のことを責めすぎてしまうと、傷がどんどん深くなってしまうかもしれません。

今更思いつめたところで何の解決にもならないので、次からどんな行動を取ればいいのか
前向きに捉えていくように心がけてみてくださいね。

いかがでしたか?別れた後の傷を自分で深くしてしまうのは、何の解決にもなりませんよね。
少しでも早く前向きな考え方ができるようになるために、これらの行動は控えるように心がけてみてくださいね♪