恋愛相談なら「既婚女性」!的確なアドバイスをくれる相手の選び方

好きな人ができたり、付き合っている彼とうまくいかなくなったり……。
恋愛には、様々な悩みがつきものですよね。

そうした恋愛の相談、あなたは誰にしていますか?

実は、この恋愛相談を誰にするかによって、答えが変わってくるんです。
今回は、的確なアドバイスをもらえる相手選びに着目してみましょう。

未婚女性にはアドバイスを求めないのが正解!

まず、恋愛相談をするのであれば、同じ立場で対等に話ができる“未婚女性”を選ぶ人が多いですよね。
確かに立場は同じなのですが、だからこそ解決にもっていかれない場合があるので、注意が必要です。

例えばあなたの恋愛がうまくいっていない、という内容の相談をした場合、気が付いたら相手の恋愛相談に話がすり替わっていた……なんていうのはよくある話。

それだけでなく、「よくそんなにガツガツいけるねぇ。」なんていう、批判的な意見が出る場合もあるので、あなたの気持ちがくじけてしまうこともありますよね。

なので、未婚女性に恋愛相談をするときには、「話すだけ」というスタンスでいるのが正解でしょう。
アドバイスを求めたいときには、未婚女性を選ばない、ことをおすすめします。

男性に相談するのは良し悪し……。

他にもありがちなのが、「男心を聞くのであれば、男友達に相談するのが一番!」という考え。

確かに女性が理解できない男心を一番理解でき、そして参考になる意見をもらえるのが男友達です。

しかしその一方で、男性はだれしも“自分が一番”というスタンスでいるので、恋愛相談をしても「そんな男はやめて、俺と付き合ったら?」なんていう解決策に持っていきがちなんだとか。

これが未婚の男性であればまだしも、既婚男性もこのスタンスでいる可能性が高いので、あなたが本当に悩んでいるときに相談し、誘惑されたら……と考えただけで危険ですよね。

独身&好みの男性だったら相談すべし♡

この男性の厄介な考え方を逆手に取り、あなたが好みの男性である場合や、独身男性である場合にのみ、恋愛相談をしてもOKというルールを作っておくのは良いでしょう。

この、「俺にしちゃいなよ」というニュアンスの発言は、肉食系男子にだけあるものだと思ったら大間違い!

草食系男子だとしても、「君の気持ちを分かってくれない男より、僕の方がうんと君のことをわかってあげられるよ。」というソフトな表現で、「自分が一番」であることをアピールして来る可能性が高いです。

男性よりも、女性に相談した方が良い

ここまででご紹介したように、男性は恋愛相談をしたとしても、結局あなたに自分の存在をアピールしてくることが多いです。

すると、やはり恋愛相談は女性にするのが好ましいと言えるでしょう。

しかし、この時どんな女性に恋愛相談をするかをきちんと見極めることが、あなたの悩みを解決できるか否かにかかってくるのです。

結果、アドバイスが欲しい恋愛相談だったら「既婚女性」がオススメ♡

では、どんな女性を恋愛相談の相手に選ぶのが良いのでしょうか。
その答えは、「既婚女性」です。

既婚女性の中でも、貴方から見て憧れの結婚をした相手を選ぶと、そのアドバイスはより信ぴょう性を帯びたものに思えるでしょう。

例えば、未婚女性であれば「そんな男やめちゃいなよ!」と言い、男性であれば「そんな男より、俺の方が良い。考え直しなよ」と言うところを、既婚女性であれば「そんなこともあるよ。しばらく放っておいたら?」と、白でも黒でもなく、グレーなアドバイスをくれるかもしれません。

様々な経験をし、恋愛においてグレーを選ぶ大切さを知っているからこそ、結婚することができた既婚女性。

そんな既婚女性に恋愛相談をすれば、あなたがヒートアップしている内容の恋愛相談をしたとしても、まずは冷静になることの大切さを教えてくれるでしょう。
やっぱり、恋愛相談をするのであれば、経験豊富な「既婚女性」がオススメ♡

貴方の気持ちに共感してくれたり一緒に悲しんでくれる未婚女性への相談では解決できなかった悩みも、既婚女性に相談すると違ったものの見方でアドバイスをくれるはずですよ。

【関連記事】「俺のこと好きなの?」職場男性に勘違いされてしまう危険LINE

職場の男性になにげなく送ったLINE(ライン)のせいで、思わぬトラブルになるのは避けたいです...

恋愛相談 相手 既婚女性 アドバイス 男友達 友達 相談 悩み 彼氏 恋人 好きな人 カップル 人間関係

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

夢咲 姫花

ブログ♡ http://ameblo.jp/le-secre-de/
インスタグラム♡ @eriusa0325 https://instagram.com/eri…

>もっとみる