「他の異性と話さないで!」嫉妬の原因とその対処法とは?

LOVE

大好きな恋人が異性と話していると、なんとなくモヤモヤする……。
“嫉妬”は恋愛につきもの。
適度な嫉妬心は“相手を愛していること”を実感できるため、決して悪いものではありません。
しかし、時にその“嫉妬心”が原因で相手を束縛してしまったり、相手を傷つけてしまうこともあります。
嫉妬をしてしまうパターンとその解決策を学んで、嫉妬心に上手く対処するようにしましょう。

嫉妬をしてしまうパターン① すぐに他人と比較してしまう

あなたが嫉妬をするのは何故ですか?

恋人が別の異性と親しげに話している姿を見て、「あの子の方が可愛い。」「あの人にとられてしまいそう。」と感じる感じるからではないでしょうか。

嫉妬はこのように、相手と比べて自分が劣っているのではないか、相手から愛されていないのではないかという不安からくるものです。

でも、パートナーが1番好きなのは“あなた”であるはず。
まずは「自分は愛されている」「恋人は自分だ」という自信を持ちましょう。

嫉妬をしてしまうパターン② 恋愛体質

あなたが恋人に嫉妬をしてしまうのは、恋人との関係に異常に執着しているからかもしれません。

そんなあなたは、まず恋愛に依存しないようにすることが大切かもしれません。
自分の人生は自分のものであるのと同様、パートナーにもその人の生活があります。

趣味や自分磨きをして、時には自分だけの時間を大切にするようにしましょう。

嫉妬をしてしまうパターン③ 感情を相手に伝えられない

嫉妬をした時、相手にその気持ちを伝えていますか?
相手に伝えなければ、どんどん自分の頭の中でマイナスな感情だけが暴走してしまいます。

まずは「嫉妬してしまう」と素直にパートナーに伝えてみませんか?
伝えることで、相手もあなたの不安な気持ちを理解してくれるはずです。

想像していたことが実は勘違いだった……と気づくこともあります。

嫉妬をしてしまうパターン④ 過去の恋愛にトラウマがある

過去に付き合っていた人に浮気をされたり、大切な人に裏切られてしまった経験のある人は、パートナーを信じにくくなってしまっているのかもしれません。

「いつか自分は捨てられる」そんな思いが相手を束縛したい、つまり嫉妬心につながります。

あなたが付き合っている人は、その人とは別人です。
“過去は過去”と割り切って、相手を信じる勇気が必要です。

大好きな人だから、やきもちを焼いてしまうんです。

嫉妬をしている時に相手にあたって冷たい態度をとってしまうのはやめましょう。
まずは自分の中の“嫉妬心”と冷静に向き合ってみませんか?