デートをドタキャン!「許される理由」と「許されない理由」の境界線

LOVE

大切な彼とのデート♡しかし、急に予定が入って彼氏に断らなきゃいけなくなってしまった……。
でも「これって許されるかわからない!」、「もしかしたらすごく怒ってしまうかもしれない」なんて思ったことはありますか?
彼氏に許される理由と許されない理由をご紹介します。

デートをドタキャン!許される理由①“家族”との予定

彼氏はもちろんとっても大切な存在!でも、家族との予定が入ってしまった……。
さて、こんな時あなたならどちらを優先しますか?

家族でのイベントなど、昔からの習慣って結構多かったりしますよね。
家族は掛け替えのない存在で、他人とはまた違う大切なつながりがあります。
そこにあなた1人だけ欠けてしまっては、家族は成立しないんです。

正直に彼に家族とも予定があることを伝え、わかってもらうことも大切です。
彼もいずれあなたの家族になるかもしれないと思えば、デートの急なキャンセルも理解してくれるはず♡

デートをドタキャン!許される理由②あなたが“頑張っていること”の予定

“頑張っていること”というのは、あなたが今没頭していること。
例えば習いごとや部活、昔から続けていること等です。

何故これが許させるのかというと、彼は、彼女が頑張っていることの予定を削らせてまで一緒にいるのはわがままだと思うからです。
あなたが頑張っていることを犠牲にし、怠ってしまうことは、あなたの魅力が薄れてしまうということ。

彼女のことが本当にわかっている人は、怒るよりむしろ「頑張って欲しい!」と思うはず。
頑張っていること、好きなことを優先して考えることも大切ですよ。

デートをドタキャン!許されない理由①“バイト”の予定

シフト制のバイトなど、ある程度自分のスケジュールに合わせることのできるバイトを理由にドタキャンしてしまうと、彼氏に怒られてしまう可能性があります。

スケジュール管理をしっかり行っていれば、予定が重なることはないはずなんです。

ただし、例外もあります。バイトのヘルプや頼まれたことに関しては、人として助けなくてはいけないため、許してくれることが多いと思います。
まずは、彼にその理由をしっかり話して、反応を見てみてください!

デートをドタキャン!許されない理由②“友達”との予定

友達との予定を理由にデートをドタキャンしてしまうと、彼をとっても怒らせてしまいます!
彼との予定はプライベート、友達との予定もプライベート。
ここで重要なのはお互いの価値観です。

彼とあなたとで、友達と遊ぶことに対しての価値観にズレがあると、必ずもめてしまいます。
彼が常日頃、友達と遊ぶことよりも彼女と会うことを優先している場合、あなたが彼とのデートを断ってまで友達と遊ぶことを優先する理由を、彼はなかなか理解できないと思います。

どうしても友達との予定が優先したいならば、彼にはできるだけ言わないようにするのをおすすめします。
でも、できるだけ予定がブッキングしないよう、しっかりスケジュール管理をしてくださいね。

カップルによって考え方は異なりますが、人として「許される理由」と「許されない理由」の例をご紹介しました。
もし、彼との予定を級に断ることになったときの参考までに、頭の片隅に置いておいてくださいね。