モテそうでモテない!男性が敬遠する「高嶺の花系女子」の特徴って?

LOVE

よく「○○ちゃんは高嶺の花だよね~」などといった会話をすることってあると思います。
そんな高嶺の花系女子って、実はモテを逃していることがあるんだとか!
その理由は何なのか、ご紹介していきたいと思います♪

高値の花女子の特徴① 容姿端麗すぎる女性

本当に非の打ち所がない程美人で性格も申し分ない人というのは、ごくたまにいるものですよね。

男性は、そんな完璧な女性が自分のことなんて好きになるはずがないと思ってしまい、近づくことができないこともあるのです。

しかし、そんな容姿端麗な女性は、実は心の中で誰も来てくれないことを寂しがっている可能性もあります。

心を開いてくれる人や、親しくしてくれる人のことを待っているのかもしれませんよ♡

高値の花女子の特徴② お金持ちのお嬢様

親がお金持ちで良い暮らしをしてきた人は、やはり価値観も少しズレていることがあります。

男性が苦労して稼いだお金で彼女のことを喜ばせたいと思って奮発してディナーの予約をしても、「ここの○○おいしいよね~♪よく行くんだ」などと言われてしまったら、がっかりしてしまいますよね。

金銭感覚が違うというのは、はじめのうちは我慢できたとしても、やっぱりどんどん辛くなってきてしまうもの。
お互いが譲り合う気持ちがないと難しいのかもしれませんね!

高値の花女子の特徴③ 仕事をこなすキャリアウーマン

男性よりもバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン。

一見とってもかっこいいですし、モテるのでは?と思いますが、男性にとってそういった女性は高嶺の花。男性はプライドの高い生き物なので、自分よりもすごい女性に手を出すことはできないのです。

もし付き合ったとしても、仕事の話をしている時に上から目線で言われてしまったり、指摘されてしまったりしたら男性のプライドはズタボロ状態。

デートをしているときは仕事の話はしないなどと決めておく必要があるようですね♪

高値の花女子の特徴④ 元彼がイケメン

その女性にすごく魅力を感じ、追いかけたいなと思っても、「元カレがものすごいイケメンらしい」という情報を耳にしてしまったらどうですか?

気の弱い男性であれば「俺なんかどうせ無理だな」と追いかけることを諦めてしまったり、
「イケメンとしか付き合わない子なんだな」とマイナスのイメージを付けられてしまうこともあります。

「イケメンしか手に入れることのできない女性=高嶺の花」と思われてしまうので、元カレがイケメンだった方は注意していきましょう。

高値の花女子の特徴⑤ 品格がある

育ちが良く、言葉遣いがキレイだったり、テーブルマナーがしっかりしていたり、きちんとあいさつができたりする人は、内側から出る品格というものがあります。

女性として素晴らしいことなので、モテるのは当然!……と思いきや、上品すぎる高嶺の花の女性も、実はモテを逃してしまっているんです。

品格があると自分とは住む世界が違うと感じてしまって、男性もアタックすることができないということが多いんだとか。

品格があるのにモテないというのはちょっぴり悲しいですが、フランクに話す場面では気さくに接することができれば、モテにつながっていくはずですよ♪

高嶺の花すぎて手が出せない理由がわかったのではないでしょうか?
高嶺の花になりたいな~なんて憧れることはあると思いますが、
高嶺の花の女性にもモテを逃してしまうというマイナスな面をいうのがあるようですよ。