ガードが堅い女性の隠された“本音”とは?

LOVE

ガードの堅い女の子って意外と多いですよね!
男性にとっては嫌われているんじゃないか?と抵抗を持ってしまいがち。
ガードの堅い女性は本当はどう思っているのか、女子の本音を教えちゃいます♪

ガードが堅い女子の本音① 人見知りが激しい

ガードが堅いと思われる女性の多くが人見知りなことが多いんです。

大勢で集まる社交的な場が苦手だったり、初対面の人といると緊張してしまうなどの理由で自然とガードが堅くなってしまっているのかも。

ガードを緩めてもらうことのポイントは、とにかくフレンドリーに積極的に接することです。

何度か会う機会を増やしていけば、少しずつガードを緩めてくれるはずですよ♪

ガードが堅い女子の本音② 自分に自信がない

自分に自信がないとなかなか積極的になれないもの。

「どうせあたしなんか」と初めから異性の人との交流を遠ざけてしまう人も多いよう。

自分に自信がない人に対しては、少しぐらい強引にアプローチしてしまっても問題ありあせん。
消極的なので、自分からは行動を起こせませんが、誘われて嫌だと感じることは少ないようです!

遠慮せずに食事に誘うなどして、ゆっくりとガードを緩めていくことを心がけましょう♪

ガードが堅い女子の本音③ 軽い人だと思われたくない

軽い女だと思われたくなくて、あえてガードを堅くしている場合もあるようです。

このタイプの女性は、とにかく相手がどんな人なのか探っていることが多いので、回数を重ねて会う機会を作ることが大切です!

しかし、そこで一度でも手を出したらNG。
プライドが高いことが多いので、手を出された瞬間に恋愛対象ではなくなってしまうことも。

誠実な男性であることがわかってきたら
ガードを緩めてくれるはずですよ♪

ガードが堅い女子の本音④ 慎重になりすぎている

恋愛だけでなく、何事にも真剣に考えすぎてしまうタイプの女性がガードを堅くしてしまってる場合もあります。

何事にも奥手なので、恋愛に発展するのには根性と忍耐が必要かもしれません。

失敗や傷つくことを恐れているため、とても消極的ですが、粘り強く誠実なところを見せていきましょう。

長期戦になることを覚悟して、ゆっくりと距離を縮めていくことが大切ですよ♪

ガードの堅い女性の心を読み取るのは中々難しいもの。
しかし、本当に男性のことを嫌っているというケースは実はあまりないのかもしれません。
それぞれのアプローチ方法でガードを緩め、彼女の本当の姿を見てみてくださいね。