“男好き認定”される境界線って?男性を勘違いさせる言動6選

自分に気がなくても、いつの間にか男性から「もしかして俺のこと好きなんじゃないの?」と勘違いされてしまうことはありませんか?
それは気の無い男の人に対して思わせぶりな行動をしてしまってるからかもしれません!
そこで今回は、男性を勘違いさせてしまう思わせぶりな行動とはどんなものなのか、ご紹介していきたいと思います。
これを押さえておけば、周りから勝手に男好き認定されることもなくなるかもしれませんよ。

男性を勘違いさせる言動①肩にもたれる

飲み会でちょっと酔っ払った時などに、隣の人の肩にもたれかかってしまうことがあったり、笑った拍子に隣の男性に密着してしまったりすることはありませんか?

フレンドリーでスキンシップを取りがちな方は、無意識でやっているかもしれません。ですが、体を密着させることで男性が勘違いしてしまうことはとても多いので、気がない男性に対してはできるだけしないことが大切ですよ!

男性を勘違いさせる言動②やたら目が合う

自分では何気なくやっている行動だとしても、勘違いにつながってしまうのが「よく目が合うこと」なんです。

気にし始めると、意識的に相手に目を向けてしまうこともあるかもしれませんが、目があった時に「にこっ」としたり、恥ずかしそうに目を反らしたりすると、かえって相手を勘違いさせてしまうことがあるので要注意。

相手に勘違いさせたくないのであれば、何事もなかったかのように自然に目をそらしましょう。

男性を勘違いさせる言動③「誰にも言わないでね」と言う

「誰にも言わないでね」や「◯◯君だから」などという言葉は、相手にを信頼して話しているという特別感を感じさせてしまいます。

勘違いさせたい相手にその言葉を使う時は効果的ですが、気の無い男性を勘違いさせてしまって面倒なことにならないように気をつけましょう!

男性を勘違いさせる言動④相手の恋愛歴を知りたがる

相手の恋愛歴に興味を持って話を聞くのはいいですが、あまり食い気味に質問攻めをしたり、詳しく聞きすぎたりすると、「もしかして俺のことが好きなのかな?」と勘違いさせてしまいます。

好きな人ではなくても、他人の恋愛歴に興味を持ってしまうのはわかりますが、あまりにも興味津々な態度を取ってしまうと、「自分のことを知りたがっているのかな?」と思われてしまうので気をつけて下さいね!

男性を勘違いさせる言動⑤2人っきりの食事に誘う

恋愛感情はない親しみを込めた食事の誘いだとしても、2人っきりで食事に行こうと誘ってしまうのは、男性を勘違いさせてしまうことにつながります。

なるべくなら複数での食事に誘ったり、どうしても2人が良ければ「仕事のことで相談したいので」などと言って、やんわりと気のない素振りを出すことも大切ですよ。

男性を勘違いさせる言動⑥親しみの込めた呼び方する

彼のことだけ下の名前で呼んだり、あだ名で呼んだりするのもNG行動のひとつ。彼はあなたに特別扱いされていると感じ、勘違いしてしまうことがあるんです。

思わせぶりだと思われたくなければ、彼だけ特別な呼び方をするんではなく、周りと平等に扱いましょう。
思わせぶりな態度は、後々面倒なことになったりすることもあるので極力避けていきたいですよね。
もし、当てはまるところがあったら気を付けてみてくださいね♪

【関連記事】「恋愛依存症」を卒業する方法!次の恋こそ幸せになるために♡

恋愛すると、どうしても相手のことしか見えなくなってしまう、そんな恋愛依存症のあなた。彼...

勘違い 男性 言動 モテ 食事 飲み会 彼氏 思わせぶり デート 食事

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

ゆり

女子大生サークルL'Allure

>もっとみる