サバサバでもモテる女性とモテない女性、ボーダーラインはどこ?

サバサバな性格でも、モテる人とそうではない人がいますよね。
両者を分ける明確な境界線って一体どこなのでしょうか!?
サバサバしているからモテるんだよね、って言われたら嬉しいですよね♡
そこで今回は、サバサバでもモテる女性・モテない女性のボーダーラインをご紹介いたします。

サバサバでモテる女性とモテない女性のボーダーライン:女性らしさをキープしている

サバサバな性格だけだったら、どちらかといえば男性ウケも女性ウケもいいはず。そこからモテるためには、やはり女性らしさも兼ね備えておく必要があるでしょう。

たとえば、普段は男っぽい態度をとっていても、彼が体調を崩したと聞けば駆けつけて一生懸命看病をしたり、特別ではない日であっても「これ、よかったら」とさりげなくプレゼントを渡したり……。

どこかでプラスとマイナスのバランスを整えなければ、マイナスになるのは当然です。
女性らしさに磨きをかけているかどうかが、サバサバでもモテるかモテないかのボーダーラインです。

サバサバでモテる女性とそうでない女性のボーダーライン:恋に積極的

サバサバとした性格の持ち主で恋に対して消極的になっていれば、彼氏ができないのも当然です。
とはいえ、ガツガツしたらリアルな肉食女子になってしまいます。

好きな人ができたなら、精一杯恋を楽しむことで、サバサバな男性っぽい部分と女性らしさのバランスが相まって、男性からモテるでしょう。

もしかしたら、好きな人とは結ばれなくても、いつも恋愛相談をしていた男友達とのご縁が結ばれるかもしれません。

いつ、誰がどんなタイミングであなたの様子をみているか分からないからこそ、常に恋愛モードをONにして、恋をしている状況をエンジョイしちゃいましょう♡
それがサバサバでもモテるかモテないかのボーダーラインです。

サバサバでモテる女性とモテない女性のボーダーライン:口癖が「私はおじさんだから」

きっと本人からしてみれば、彼氏をつくらず一人でがんばっていることを褒めてほしくて、つい男性と飲む機会があっても「私はどうせおじさんだから」と自分自身を卑下しているのではないでしょうか。

しかし、相手の男性からしてみれば女性であることには変わりなく、なぜそこまでネガティブな発言をするのか分からないでしょう。

出会いは何度も訪れているのに、可能性を自分の手で潰しているなら、そろそろやめないといけません。
自分のことをおっさんだと表現するかどうかが、サバサバでもモテるかモテないかのボーダーライン!

サバサバでモテる女性とモテない女性のボーダーライン:アクティブな日々を過ごす

性格自体がサバサバなうえに男性に負けないくらいアクティブな日々を過ごしている場合、もしかしたら男性陣は声をかけにくいのかもしれません。

たとえば、平日は仕事で休みの日も習い事を入れていたり、交流会に参加していたり、社会貢献に関わっていたりと、かなりハードな日々を送っている場合、なかなか声をかけてもらえないのも分かる気がするような……。

もし本人としては、あくまでも彼氏を募集しているなら、あまり忙しいアピールはせず、声をかけてもらえる雰囲気づくりを意識したほうがよさそう!
いかがでしたか?
サバサバでもモテる女性は、さりげない場面で女性らしさをみせて、ギャップを演出しています。
「えっ、こんなところがあったんだ!」と男性に思わせることで、さらに関心を惹きつけるのです。
自分のことをおっさん呼ばわりせず、たまには女っぽいところもチラみせしちゃいましょう♡

【関連記事】最旬モテ「可愛い系サバサバ女子」に迫る!人気の理由って?

男子ウケが良い女の子と、女子ウケが良い女の子って、だいたい分かれていますよね!でも実は...


【関連記事】出会ってすぐやらせる女子ってどんな子?共通する6つの特徴を紹介!

男性なら誰もが「そこまで好きじゃないけどやりたい」欲求にかられるのではないでしょうか?...

サバサバ モテる ボーダーライン

↑「いいね」すると4MEEEの最新情報が届きます♪
この記事を書いた人

山口 恵理香

webライター。
モットーは「瞬間を生きる」。得意ジャンルは恋愛とライフスタイル。年間2000記事以…

>もっとみる